外壁塗装の費用の内訳例
※2階建ての1戸建て / [樹脂グレード]シリコン / [塗装面積]100m2

  • 足場(1,200円/m2)
  • 高圧洗浄(300円/m2)
  • 養生(300円/m2)
  • 塗料代(2,600円/m2)
  • 付帯部分の塗装(100,000円)
  • 諸経費(125,000円)
  • 合計753,000円

外壁塗装の費用は一般住宅(30坪住宅)でおおむね50万円~75万円程度になります

ただ、塗装面積や塗料の種類、塗り回数によって費用は上下します。

大抵の場合、外壁塗装する際には予算があって業者ごとの見積り書を元に比較すると思いますが、見積書に記載されている項目が適正な費用であるかの判断をしなければいけません。

また、費用を左右する項目として足場代や養生代がありますが、それらについても計算方法から一般的な費用も掲載しました。

業者の実際の見積り書も掲載していますので、参考にしていただければと思います。

見積り書をガンガン取り寄せて費用を比較する

アクリル塗料見積り例『株式会社ヴィス』
参照元:株式会社ヴィス

外壁塗装の相場が分かったら業者から見積書を取り寄せて比較しましょう。

費用を比較する上で大切なのは同グレード(樹脂)の塗料と内容で比較することになります。

シリコン塗料とフッ素塗料を比較して、シリコン塗料の方が安いから良い塗料というのは的外れな比較方法です。

また、見積り書には細かくそれぞれの工程が価格として明記されていることが望ましいです。

間違っても『外壁塗装一式』などと言った見積り書を提出してくれる業者は選ばないことをおすすめします。

外壁塗装は高額なサービスになりますので、最低でも3社から見積りを取り寄せて費用だけでなく業者のサービスも比較するようにしましょう。

ちなみに外壁塗装の相場は一般的な40坪住宅で75万円程度になり、屋根塗装も同時に行って100万円というのが一つの目安になります。

外壁塗装の費用は塗装面積に比例する

塗装面積の算出方法
  • 延べ床面積からの算出
  • 図面からの算出

外壁塗装は、塗装する外壁面積に比例して費用が高くなります。

塗装面積の算出方法は2種類あって概算で価格が知りたい時には延べ床面積からの算出方法(延べ床面積×1.2)、正式な見積りが必要な時には図面(家の平面図、立面図、矩計図(かなばかりず)、屋根伏図)を使って算出します。

図面からの平米数の算出は自分では中々難しいかと思いますので、延べ床面積からのだいたいの算出方法を頭に入れておくとよいでしょう。

外壁塗装では、見積金額には目が行きますが、それを算出した計算にまでは目がいきづらいものです。

トラブルが多い業界だからこそ、業者の比較、その業者の見積書の正確な見方が必要になりますので、ご自宅の平米数の算出方法も頭に入れておくことをおすすめします。

足場費用の算出方法

 【足場費用の計算方法】
足場架面積×平米単価
足場架面積は、実際に足場をかける面積に建物の外周(プラス8m)×高さで求められます。

また、足場の種類によっても価格は変わってきますが、現在の主流はくさび緊結式足場(ビケ足場)で1㎡あたり800~1,000円になります。

ちなみに2階建て40坪住宅の足場費用の相場は20万円~30万円になります。

悪徳業者の中には『足場代無料』をうたっているところもありますが、見積り上の記載だけを無料にして、足場代を他の工程に水増ししていることもあります。

正確な相場を知って足場無料に騙されないようにしましょう。

侮ってはいけない養生費用

 【外壁塗装の養生費用の算出方法】
養生費用=平米数×300円~500円
養生とは、塗装する部位以外(窓やエアコンの室外機、玄関、パイプ管など)にペンキが飛散しない様にロールマスカーやマスキングテープを使って保護する作業になります。

一般的な相場としては4万円~7万円が養生費用になります。

養生は職人の性格がでる細かい仕事になり、養生次第で塗装の仕上がりにも影響します。

綺麗に窓際に沿ってラインを出せていれば必然的に塗装の仕上がり具合も良くなります。

高圧洗浄の水道代は1,000円程度


外壁塗装では高圧洗浄でおよそ1,000ℓ程度の水を使って外壁にこびり付いた汚れを洗い流します。

その際の水道代を気にされる方もいらっしゃいますがだいたい1,000円程度(東京都水道局料金で計算)になります。

あまり細かいことは言わずに、おもいっきり水を使ってもらって外壁の汚れを取ってもらうようにしましょう。

まとまった資金がなくても外壁塗装はできる

外壁塗装で是非とも活用したい制度

外壁塗装は現在手元にまとまった資金がなくても行う事ができます。

代表的なのは『リフォームローン』『火災保険』『助成金』を使った方法になります。

リフォームローンとは、融資額が最大1,000万円程度の無担保ローンになります。

頭金を用意する必要のないリフォームローンも存在しますし、住宅と同じで残債型になるので、資金が用意できた段階で一気に返済することも可能な融資になります。

火災保険とは、火災や風災、水災、落雷などによって損害が発生した際に一定額を補償してくれる保険になりますが、外壁塗装にも使用することができます。

しかし、全ての建物に使用可能なわけではなく、条件を満たした建物が対象となります。

一応、災害による被害が対象にはなりますが、コケが生えた屋根、サビがあるトタン屋根、雨樋のチョーキング現象サビついた板金などにも適用できた例もあるので、災害によらなくても火災保険を使えることもあります。

最大で初期の費用の半額程度で外壁塗装が行えた例もありますので、有効に使わない手はありません。

外壁塗装に火災保険を適用させる場合には、損害鑑定人(保険会社)との交渉が発生します。

その為、この交渉に慣れた業者にお願いするのが大切です。

ちなみに火災保険はなんど使っても保険料は変わりません。

使わなきゃ損というやつですね。

助成金は、各自治体から支給される返済する必要のない優遇措置です。

ただ、どこの自治体でも助成金があるわけではないことと、助成金をもらう為には条件を満たす必要があります。

お得に外壁塗装する為には必ず使いたい方法です。

なお、10年以上の住宅ローンを使って住宅を購入した場合には外壁塗装の費用が住宅ローン減税によって所得税が考慮されることがあります。

ちなみに外壁塗装は省エネリフォームに分類されます。

外壁塗装の相場を知って適正価格で外壁塗装を行いましょう


当サイトでは細かく足場代や養生費用、塗料単価などを紹介していますが、それは適正価格を自分で理解する為です。

悪徳業者は、キャンペーンやモニター、足場代無料などあの手この手で提示した見積書をお得に見せようとしてきますが、大切なのは外壁塗装全体の費用です。

相場を知っていたら提示した見積り書が適正なのか、不当に高いのか分かり、自分を防衛することができます。

それぞれの相場を理解して業者と接するようにおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

外壁塗装の費用の記事一覧