外壁塗装でビフォー(施工前)アフター(施工後)を詳細に提出してくれる業者は少ないです。

外壁塗装することで見た目的にどう変わるのか?気になる所だと思います。

そこで、建物の箇所ごとにビフォーアフターを画像と動画でまとめましたので、参考にしていただければと思います。

一括見積りで手っ取り早く価格の比較をしましょう!
おすすめ外壁塗装業者紹介サイト

外壁・屋根塗装は決して安くないサービスになりますので、必ず見積書(業者)の比較をしましょう。

おすすめは外壁塗装一括見積りサービス《ヌリカエ》になります。

ヌリカエには全国の実績ある業者800社以上が登録していて、わずか45秒で相場の確認をすることができます。

また、価格相場だけではなくお住いの助成金の確認もできるので、時間と手間の削減の意味でもおすすめです

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

\無料です!/

一気にイメージチェンジしたビフォーアフター例

白色外壁(ビフォー)から茶色外壁(アフター)
モルタル外壁を白から茶色に外壁塗装した例になります。

全体的に落ち着いた印象の仕上がりになっています。

雨戸の色も外壁に合わせて黒に変更されています。
青色外壁(ビフォー)から黒色外壁(アフター)
サイディング外壁を青色から黒色に外壁塗装した例になります。

ビフォーでは黒ずみ(カビ)も見えますが、アフターではつやもあってピカピカの仕上がりになっています。

変更したのは外壁の色だけになります。
白色外壁(ビフォー)から茶色外壁(アフター)
サイディング外壁を白色からピンクに外壁塗装した例になります。

ビフォーではサイディングの目地が劣化して黒ずんでいることで、くっきりと線が現れてしまっています。

アフターでは優しい印象の仕上がりになっています。
ベージュ外壁(ビフォー)から緑色外壁(アフター)
サイディング外壁をベージュから緑色に外壁塗装した例になります。

ビフォーでは雨だれも見えてよどんだ印象ですが、アフターでは綺麗に仕上がっています。

変更したのは外壁の色のみになります。

ワントーンからツートンカラーしたビフォーアフター例

白色外壁(ビフォー)から茶色紺色外壁(アフター)
全体的にくすんだ印象から、外壁を紺、ベランダを茶色に外壁塗装した例になります。

かなりオシャレな仕上がりとなっていますね。

木材の風合いも活かしています。
白色外壁(ビフォー)から茶色白色外壁(アフター)
白色のみのワントーンからツートン(白色×茶色)に外壁塗装した例になります。

ツートンに変更したことで、建物の印象が明るくなっています。

雨戸やベランダは濃い茶色で統一しています。
緑色外壁(ビフォー)から白灰色外壁(アフター)
緑色のワントーンから灰色と水色のツートンに外壁塗装した例になります。

こちらは明るい建物(ビフォー)から落ち着いた印象(アフター)になっていますね。

灰色と水色のツートンはかなりおすすめな組み合わせです。
ベージュ外壁(ビフォー)から紺白色外壁(アフター)
ベージュのワントーンから紺と白のツートンに外壁塗装した例になります。

また目地のコーキング部分も劣化していてビフォーはくすんだ印象ですが、アフター画像はメリハリが効いて綺麗に仕上がっていますね。
灰色外壁(ビフォー)からだいだい群青色外壁(アフター)
全体的によどんだ印象(ビフォー)から外壁をだいだい色、ベランダを群青色のツートンに外壁塗装した例になります。

全体をだいだいで統一するよりも、このように付帯部の色を変えることで締まった印象となります。

長年のコケや藻も高圧洗浄によって綺麗になっています。

ツートンカラーの色合いを変えたビフォーアフター例

白茶色外壁(ビフォー)からピンク黄色外壁(アフター)
ツートンはツートンでも色の組み合わせを変えるだけで印象がガラッと変わります。

ベージュ×茶色から黄色×ピンクに変更しています。

ピンクはショッキングピンクよりもこのように淡いピンクを使うと優しい印象になります。

同系色で外壁を綺麗にしたビフォーアフター例

うすだいだい色(ビフォー)からうすだいだい色(アフター)
灰色外壁(ビフォー)から白色外壁(アフター)
白色外壁(ビフォー)から白色外壁(アフター)
白色外壁(ビフォー)から白色外壁(アフター)
ベージュ外壁(ビフォー)からベージュ外壁(アフター)
白色外壁(ビフォー)から白色外壁(アフター)
現在の外壁色が気に入っている方は同系色で外壁塗装する方も多くいらっしゃいます。

同系色での外壁塗装は建物の印象は変わりませんが、全体的にパッと明るい印象になります。

これは外壁にこびり付いていたカビ・コケ・粉塵・排気ガスなどが除去されたことによる黒ずみの除去による効果が大きくなります。

また、色は変えずにつやのある塗料を使って仕上げることで、よりリフォーム感を演出することもできます。

コーキングの打ち替えで防水対策をしたビフォーアフター例

ひび割れコーキング(ビフォー)から防水加工済コーキング(アフター)

コーキングの役目
  • 衝撃を吸収する役割
  • 防水性を高める役割
  • クラック補修の役割

コーキングが劣化してくるとひび割れが起き、そこから水が浸入して雨漏りの原因となります。

また、排気ガスなども付着するので黒ずみが起き、目地が黒く浮きだってしまい建物の印象が悪くなります。

劣化しているコーキングは外壁塗装と一緒に手入れしてもらい、新たに打ち直してもらいましょう。

ちなみにコーキングの打ち直しは職人のスキルが発揮される仕事になります。

下手な職人が行えば変にはみ出したり、線が上手くでずに見た目が悪くなります。

仕上がり時にはよく確認するようにしてください。

付帯部のビフォーアフター例

透明軒天(ビフォー)から透明軒天(アフター)

軒天におすすめな色
  1. クリア(透明色)
  2. 黄色
  3. クリーム色

軒天も手入れを怠って放置していると雨漏りの原因となる箇所になります。

画像のように木材の素材の軒天であれば、透明色の塗料でつやを出すのがおすすめです。

ビフォーアフターでかなり印象が変わっていますね。
サビありベランダ(ビフォー)からケレン済みベランダ(アフター)
ベランダは外側だけでなく内側も塗装してメンテナンスしてあげる必要があります。

外壁塗装と違って外側の印象は変わりませんので、建物の耐久性向上が目的になります。

ビフォーではサビが所々に目だっていますが、アフターではケレン作業が済んでピカピカになっていますね。

ベランダに水たまりが発生するようになった、塗膜が剥げ落ちている、コーキングが劣化している等の症状があれば手入れの目安となります。


外壁塗装と一緒に雨戸の手入れも行うとサビが落とせて建物の印象が良くなります。

外壁に合わせて色を組み合わせて全体的な印象をアップさせましょう。

なお、現在の雨戸にはスチール製・アルミ製が多く使われていて主な劣化症状としてサビがあります。

サビが気にある方は、サビ止め塗料を使うなどして対処することをおすすめします。

屋根塗装ビフォーアフター例

黒色屋根(ビフォー)から赤色屋根(アフター)
黒色屋根(ビフォー)から赤色屋根(アフター)に屋根塗装した例になります。

加えて屋根周りの外壁の黒ずみ(カビやコケ)も除去されて、クラックも補修されています。

屋根色は毎年黒が人気ですが、外壁に合わせて配色する事で、よりおしゃれになります。
剥げたモニュエル瓦屋根(ビフォー)から赤色モニュエル瓦屋根(アフター)
完全に塗装が剥げてしまったモニュエル瓦(ビフォー)から赤色に屋根塗装した例になります。

ビフォーでは完全に前回の塗装が剥げしまっていて瓦自体の劣化も懸念される状況です。

ここまで劣化させると、雨漏りのリスクも上昇してしまいます。

一度雨漏りの症状が発生してしまうと、基礎が腐食したりシロアリの発生リスクも上昇して、最悪の場合屋根の張り替えなど大掛かりな工事へと発展してしまうことにもなりかねません。

不具合が発生する前に手入れすることをおすすめします。
サビたガルバリウム鋼板屋根(ビフォー)からケレン作業済みのガルバリウム鋼板屋根(アフター)
サビたガルバリウム鋼板屋根(ビフォー)からケレン作業済みのガルバリウム鋼板屋根(アフター)になります。

ガルバリウム鋼板は耐久性も高くなにより軽量なので建物に負荷が少なく耐震性などの面でメリットの大きい屋根材になりますが、劣化してくるとサビが発生してきます。

アフターではサビが落とされ、見た目の印象もグッと上がっています。

ビフォーアフターを業者に確認して手抜き工事を防ぎましょう


外壁と一緒に塗装する可能性のある個所を画像や動画と一緒にご紹介してきましたが、大切なのは施工完了時にしっかりとビフォーとアフターを比較して確認することです。

特にクラックの補修やコーキング部はくまなく確認するようにしましょう。

その他、液だれ・塗り残し・塗料の種類・色など細かくビフォーとアフターを比較しましょう。

なお、全体的な外壁塗装仕上がりに関しては別ページの『おしゃれな外壁塗装画像まとめ』でご紹介していますので、そちらも参考にしてください。

外壁塗装は本当にトラブルの多い業界になりますので、施工後によくビフォーアフターを確認しトラブルの予防に努めることをおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ