外壁塗装のビフォー アフター画像集

外壁塗装でビフォー(施工前)アフター(施工後)を詳細に提出してくれる業者は少ないです。

外壁塗装することで見た目的にどう変わるのか?気になる所だと思います。

そこで、建物の箇所ごとにビフォーアフターを画像と動画でまとめましたので、参考にしていただければと思います。

一括見積もりで手っ取り早く価格の比較をしましょう!
おすすめ外壁塗装業者紹介サイト

外壁・屋根塗装は決して安くないサービスになりますので、必ず見積書(業者)の比較をしましょう。

おすすめは外壁塗装一括見積もりサービス《ヌリカエ》になります。

ヌリカエには全国の実績ある業者800社以上が登録していて、わずか45秒で相場の確認をすることができます。

また、価格相場だけではなくお住いの助成金の確認もできるので、時間と手間の削減の意味でもおすすめです

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

\無料です!/

外壁塗装のビフォーアフター

外壁にこびり付いた汚れが除去された例

外壁の劣化症状であるカビやコケ、藻は外壁塗装前の高圧洗浄で綺麗に洗い流されます。

カビやコケ、藻は不衛生であるばかりか、見た目的にもかなり悪くなります。

カビやコケ、藻が外していても壁自体に痛みが少ないケースでは、外壁塗装によってピカピカに生まれ変わります。

あまりにひどく繁殖するようだったら、防カビ塗料を使うなどして対策することをおすすめします。

カビやコケ、藻が発生したら次回の外壁塗装のタイミングの一つの目安としてお考えください。

外構の黒ずみが高圧洗浄によって洗い流された例

外構があるお宅では外壁塗装と一緒に綺麗にしてもらうケースが増えています。

アフター画像を見ても、色が全然違いますね。

外構ぐらいは自分で、とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが外構にも外壁同様に長年のカビや藻がこびり付いていて、市販の高圧洗浄では完全に取り除くことはできません。

そうなるとせっかく綺麗にしても、またすぐに汚くなってしまうことになります。

外構も下地保護の意味で塗装が必要になりますので、外壁塗装と一緒に高圧洗浄と塗装を施してもらいましょう。

ベランダの防水塗装例

ベランダ劣化の症状
  • ベランダに水たまりが発生するようになった
  • 塗膜が剥げ落ちている
  • コーキングが劣化(痩せている・ボロボロ・取れかかっているなど)している

あまり意識していない方が多いですがベランダは外壁よりも劣化しているケースが多く、雨漏りの原因にもなりうる箇所です。

上記の様な症状がベランダに出ているようであれば、外壁塗装と一緒にベランダの塗装も行う事をおすすめします。

なお、ベランダの塗装をする際は是非とも手すりも一緒に行うかと思いますが、手すりだからと手を抜かずにしっかりとした工程と専用のプライマー処理を施すことが大切になります。

業者はこのような箇所を消費者は分からないと思って手を抜きがちですので注意が必要です。

基礎塗装例

基礎塗装のポイント
  • 油性塗料というよりも水性塗料を選ぶ
  • クラックがある場合にはしっかりと補修する
  • 床下に湿気が高い地域では基礎の塗装はしない

基礎に関しては正直、塗装してもしなくても良いかと思いますが、建物の印象を気にされる方は塗装してもよいかと思います。

業者によっては基礎の塗装をサービスで行ってくれるところもありますが、基礎への塗装は外壁と同じ塗料を使って塗装してもすぐに剥がれてしまいます。

もしも、きちんと基礎も塗装してほしいのであれば基礎専用の塗料を使って仕上げるようにしてください。

補修箇所のビフォーアフター

塗り壁のクラック(ひび割れ)補修例

クラックの種類
  • ヘアクラック
  • 乾燥クラック
  • 構造クラック
  • 縁切りクラック

外壁にクラックが発生している場合には、補修してから塗装することになります。

クラックの種類によって補修の仕方は変わりますが、ヘアクラック・乾燥クラックではフィーラーによる簡単な補修で済みます。

構造クラック。縁切りクラックの場合は症状的には重度になりますので、ダイヤモンドカッターによるU字カットシール工法が採用されることが多くなります。

クラック補修は業者のスキルが現れる作業になります。

シーリングの打ち替え例


外壁にサイディングを使っている建物では目地にシーリングが施されているかと思いますが、シーリングが劣化すると雨水が建物内部へ浸入してくることになり雨漏り・シロアリの原因となります。

劣化しているシーリングはカッターで丁寧に切り取って、新しいシーリングをたっぷりと打っていきます。

シーリングも細かい作業で職人のスキルが現れる作業になります。

下手な職人ではカッターで外壁を傷つけてしまったり、目地がべちゃべちゃになってしまったりします。

ちなみに、シーリングのことをコーキングと言ったりもしますが、同じ意味です。

新しい雨樋取り付け例

外壁塗装と一緒に雨樋の修理を行うこともおすすめです。

雨樋は、屋根の雨水を集めて外壁や土台を劣化させることを予防してくれる設備です。

雪の影響などで壊れてそのままの建物も多いですが、放っておけば外壁の劣化が進み雨漏りリスクが高まる事になります。

なお、雨樋の修理は火災保険が使えることが多く、お得にリフォームすることができる可能性が高い箇所です。

火災保険は外壁塗装にも適用することもありますので、是非ともお得に使いましょう。

屋根塗装のビフォーアフター

外壁塗装と屋根塗装を一緒に行う際の4つのメリット
  • 足場代の節約
  • メンテナンス時期を揃えられるので管理が楽
  • 近隣への配慮
  • 打ち合わせの回数を削減できる

屋根は雨・風・紫外線の影響を外壁以上に受けているので、外壁同様に手入れが必要です。

できれば外壁塗装と一緒のタイミングで行うと、足場代の節約になったり、業者との打ち合わせ時間の削減につながったりとメリットが多くなります。

また、屋根は外壁に次いで建物の中で面積の広い箇所になりますので、使用する色についてもよく考える必要があります。

ちなみに屋根色で毎年人気なのはブラック系になります。

汚れも目立ちませんし、何色の外壁とも相性が良いので組み合わせに関しても問題ないのも人気の理由になります。

セメント瓦屋根の塗装例

セメント瓦は、セメントと砂などを原料に加圧成型し乾燥させて作った瓦になります。

耐用年数は30年~40年とされていますが、定期的な手入れは必要になります。

代表的な劣化症状で言えば、カビや藻の繁殖になります。

カビや藻が屋根に繁殖しだすのは、屋根の水切れが悪くなっている(塗膜劣化)証拠で屋根塗装の目安でもあります。

放置しておくと見た目的にも汚らしく建物のイメージが損なわれてしまいます。

ガルバリウム鋼板屋根の塗装例


ガルバリウム鋼板屋根は、アルミニウム55%+亜鉛43.4%+ケイ素1.6%によって構成された屋根になります。

他の屋根と比較すると比較的安価で軽量なので建物にも優しい屋根材で、耐用年数も20年~30年になります。

ガルバリウム鋼板は金属になるので、劣化してくるとサビや色あせが目立ってきます。

スレート屋根塗装例

スレート屋根は、粘土板岩に加工材を混ぜて作られた瓦で耐久性と価格の観点からコストパフォーマンスに優れた瓦になります。

ただ、劣化してくると、『乾燥による割れ』『経年劣化による白い変色』『コケ・カビが大量に発生する』などの症状が出てきます。

耐用年数は、20年程度とされています。

ビフォーアフターを業者に確認して手抜き工事を防ぎましょう

外壁と一緒に塗装する可能性のある個所を画像や動画と一緒にご紹介してきましたが、大切なのは施工完了時にしっかりとビフォーとアフターを比較して確認することです。

特にクラックの補修やシーリング部はくまなく確認するようにしましょう。

その他、液だれ・塗り残し・塗料の種類・色など細かくビフォーとアフターを比較しましょう。

なお、全体的な外壁塗装仕上がりに関しては別ページの『おしゃれな外壁塗装画像まとめ』でご紹介していますので、そちらも参考にしてください。

外壁塗装は本当にトラブルの多い業界になりますので、施工後によくビフォーアフターを確認しトラブルの予防に努めることをおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

おすすめの記事