どうせ外壁塗装するならおしゃれにしたいと考えるのが普通でしょう。

ただ、一言で『おしゃれ』と言っても、業者が考えるおしゃれとあなたが考えるおしゃれの概念が違う事もあります

現に、外壁塗装のよくあるトラブルでは仕上がってみてイメージが違うという事が少なくありません

このページでは私がおしゃれだと感じた外壁塗装をジャンルごとにまとめたページになります。

おしゃれな外壁塗装は随時追加していきますので、外壁塗装の色選びの参考にしていただけたらと思います。

一括見積りで手っ取り早く価格の比較をしましょう!
おすすめ外壁塗装業者紹介サイト

外壁・屋根塗装は決して安くないサービスになりますので、必ず見積書(業者)の比較をしましょう。

おすすめは外壁塗装一括見積りサービス《ヌリカエ》になります。

ヌリカエには全国の実績ある業者800社以上が登録していて、わずか45秒で相場の確認をすることができます。

また、価格相場だけではなくお住いの助成金の確認もできるので、時間と手間の削減の意味でもおすすめです

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

\無料です!/

ワントーンでシンプルにおしゃれに仕上げた外壁塗装

ワントーン(1色)でシンプルに仕上げるのは今も昔もおしゃれで人気があります。

ワントーンでの人気の色は『ブロークンホワイト』や『ニュートラルホワイト』などのベージュ系になりますが、個人的には『ガルグレー』や『カラーボンドバーチグレー』などのブラック系の色もおしゃれでおすすめです。

ワントーンで仕上げる際は、黄色や緑色、紫色、赤色などの原色は近所との景観との差が強調されてしまい、浮いた建物となってしまう可能性があるので注意が必要です。

外構などがあるお宅では、外壁と同系色で仕上げることで安定感や統一感が出て美しく仕上がります。

おすすめはナチュラルカラーと言われているアースカラー(土や石などの素材色)になります。

ワントーン外壁塗装ホワイト
ワントーンエメラルドグリーン
ワントーン紺
ワントーン茶色
ワントーン薄黄色
ワントーン薄ピンク
ワントーン黄色
ワントーン赤
ワントーンエメラルドグリーン
ワントーン水色
ワントーン青色
ワントーン茶色
ワントーン黄色

色の組み合わせ(ツートーン)でおしゃれに魅せた外壁塗装

色の組み合わせによるイメージ
  • 上品・優しいイメージ:淡い色+淡い色
  • 洗練・都会的なイメージ:淡い色+濃い色
  • 邸宅感・重厚なイメージ:淡い色+渋い色
  • 軽快・華やかなイメージ:鮮やか+鮮やか

2色の色を組み合わせたツートンカラーの外壁塗装では、色の組み合わせがとても大切になります。

色の組み合わせでは、補色(正反対の位置にある色)同士はお互いの色を引き立てますが、鮮やかすぎる色では目がチカチカするなどの注意点があります。

ツートンはツートンでも横ラインのツートンと、縦ラインのツートンがあります。

色の組み合わせに関しては、好きな色を選ぶよりもPCCSの色相環を利用することをおすすめします。

色の組み合わせ(ツートーン)でおしゃれに魅せた外壁塗装【青色×白色】
ツートーン【白色×茶色】
ツートーン【白色×ピンク】
ツートーン【白色×青色】
ツートーン【白色×黄色】
ツートーン【白色×灰色】
ツートーン【白色×緑色】
ツートーン【白色×水色】
ツートーン【青色×白色】
ツートーン外壁塗装【緑色×白色】
ツートーン【青色×白色】
ツートーン【紺色×白色】
ツートーン【白色×茶色】

ベランダの出っ張り部分の色で差をつけた外壁塗装

ベランダの出っ張り部分の色でおしゃれに外壁塗装することも最近流行っていますね。

ベランダ周辺の塗装でアクセントをつけるので、色の組み合わせも大切ですが、色の面積効果(面積の大きさによって色の見え方が変わること)による見え方の違いも考慮することが大切です。

色は、同じ色でも小さい面積よりも大きな面積を見た方が薄く明るく感じるという人間の目の錯覚になりますが、ベランダ部分の色が他の色に比べて濃く映っておしゃれになります。

ベランダの色を外壁と違うものにする時には、色の面積効果を考慮して色を選ぶようにしましょう。

ベランダの出っ張り部分の色で差をつけた外壁塗装【黒色×茶色】
ベランダ【ネイビー×白色】
ベランダ【白色×ブラウン】
ベランダ【紫色×白色】
ベランダ【黒色×茶色】
ベランダ【白色×ピンク色】
ベランダ【紫色×白色】
ベランダ【ブラウン×クリーム】
ベランダ【黒色×黄色】
ベランダ【白色×クリーム】
ベランダ【青色×白色】

付帯部にアクセントカラーを使ったおしゃれな外壁塗装

建物における付帯部とは、ベランダ・雨樋・破風・雨戸・軒天などになります。

付帯部の塗装面積はかなり少なりますが、差し色的な役割をしてくれるので全体的な印象を引き締めてくれる効果があります。

外壁色に対して反対色を使うとより付帯部の色が栄えておしゃれな仕上がりになります。

付帯部にアクセントカラーを使った個性的な外壁塗装【白色×水色】
アクセントカラー【白色×青色】
アクセントカラー【クリーム×ブラウン】
アクセントカラー【白色×ネイビー】
アクセントカラー【白色×ネイビー×赤茶色】

奇抜な色を使ったおしゃれな外壁塗装

黄色、緑色、赤色などの濃い色を使うと独創性のある外壁塗装となります。

また、それらの色を組み合わせたり外壁に絵や模様を作ってもおしゃれな仕上がりとなります。

ただ、独創的な外壁塗装は周囲からかなり浮くことになり、近隣の景観の問題なども加味する必要があります。

ちなみに漫画家の楳図かずおさんは赤と白の奇抜な家『まことちゃんハウス』を建設しましたが、近隣に住む住人に周囲の景観を悪化させているとして訴訟が起こされています。

判決は楳図かずおさんの勝訴ではありましたが、近隣とは気まずい関係になる可能性もありますので独創性のある外壁塗装に関してはくれぐれも近隣ともよく話し合って決めるようにしましょう。

奇抜な色を使ったおしゃれな外壁塗装【水色】
奇抜な色【青色】
奇抜な色【赤茶色】
奇抜な色【黄色】
奇抜な色【濃い青色】
奇抜な色【黄色】
奇抜な色【エメラルドグリーン】
奇抜な色【黄色】
奇抜な色【緑色】
奇抜な色【黒色×黄色×白色】
奇抜な色【白色×茶色×緑色】
奇抜な色【黒色×紫色】
奇抜な色【紫色】

2019年の流行色【オレンジ】を使った外壁塗装

一般社団法人日本流行色協会では、2019年の流行色をアウェイクニングオレンジだと発表しました。

その年の流行色を使うのはおしゃれですね。

オレンジの外壁塗装と言っても濃いオレンジと薄いオレンジでは全く印象が変わりますし、屋根色との組み合わせによっても建物のイメージは変わってきます。

だいたい外壁塗装は塗料の耐久性の観点から10年周期で行うことが多くなりますので、建物のイメージチェンジをかねてその年の流行色で行っても楽しいですね。

2019年の流行色【オレンジ】を使った外壁塗装【濃オレンジ色】
外壁塗装オレンジ色
外壁塗装【オレンジ色×ピンク】
外壁塗装【オレンジ色】
外壁塗装【オレンジ色】
外壁塗装【オレンジ色】
外壁塗装【オレンジ×サイディング】

サイディングの模様を活かした塗装

現在の外壁材の模様が気に入っているという方は、クリア(透明)系塗料を使って塗装することをおすすめします。

クリア塗料は、主にサイディング外壁に重宝される塗装方法で塗膜の経年劣化によるチョーキング(白亜化現象) が起きないなどのメリットもあります。

ただクリア塗料を使う場合には、新築から10年以内の建物であったり、外壁に著しい劣化がないなどの条件を満たしている必要があります。

クリア塗料で木材などの材質の質感を上手く表現する事ができれば、とてもおしゃれな仕上がり具合となります。

サイディングの模様を活かした塗装『ホワイト×グレー』
サイディング塗装『ベージュ×ホワイト』
サイディング塗装『レンガ調×ブラック』
サイディング塗装『ブラウン×ホワイト』
サイディング塗装『ブラウン×ホワイト』

おしゃれな屋根塗装例

屋根の色は外壁と並んで建物のイメージを決める大切な箇所になります。

注意したいのは外壁との兼ね合いだけで色を決めるのではなく、塗料による性質や屋根材も加味して決めるようにしましょう。

ちなみに屋根塗装と一緒に外壁塗装も行うと、足場代の節約になったり、工期の短縮になったりとメリットも大きくなりますので、一緒にメンテナンスすることをおすすめしています。

おしゃれな屋根塗装例【海老色】
屋根塗装【朱色】
屋根塗装【茶色】
屋根塗装【茶色(瓦)】
屋根塗装【エメラルドグリーン】
屋根塗装【茶色】

おしゃれな外壁塗装にするポイント

ポイント
  • ツートンカラーの場合は色相環を意識して配色する
  • その年の流行色を入れてみる
  • サイデイングであればクリア系塗料も検討してみる
  • 外壁と一緒に屋根の色も考える
  • 業者とイメージを共有する為に妥協しない


おしゃれの概念は人それぞれではありますが、一般受けするおしゃれはシンプルです。

シンプルを直訳すると『簡単な』『扱いやすい』『地味な』『つまらない』『卑しい』という意味ですが、外壁塗装で言うシンプルとは、建物全体がまとまっている様子と言ってよいでしょう。

建物のイメージを決めるのは外壁の色だけでなく屋根、ベランダなどの全ての色を組み合わせた建物全体のイメージになります

シンプルがおしゃれだからと言って、外壁も屋根もベランダも白にしてしまうのは考えただけでゾッとするのは想像に容易いでしょう。

ちなみに原色と言われる濃い赤、青、緑は最初インパクトはありますが数年で飽きが来ると言われています。

毎年外壁塗装でベージュ系やホワイト系、淡い色などの無難な色合いに落ち着くのは、そういった消費者の事情を考慮した上での業者からのアドバイスによる所も大きいです。

本当におしゃれな色は10年後も飽きないものですよね。

是非ともおしゃれにしたいからと言って他の建物と違う色という発想ではなく、街や近所のイメージなどを総合しておしゃれな外壁塗装を目指してほしいと思います。

デザイン性の高いグラナートSP塗料がおすすめ


グラナートSP色見本
おしゃれに外壁塗装を仕上げたい方にはアステックペイントが製造・販売している水性形一液外壁用多彩模様シリコン系上塗材『グラナートSP』がおすすめです。

グラナートSPは、チップを吹き付けて外壁にキラキラとした模様を施すことができます。

仕上がりにはかなり高級感がでますね。

また、見た目のデザイン性だけでなく塗膜の耐久性も15年以上で高耐久性の塗料です。

水性の塗料で塗装時の嫌な臭い(シンナー臭)がないのも人気の秘訣です。

業者と協力しておしゃれな外壁塗装を目指しましょう

外壁塗装の色決めでは色見本帳と言われる小さい色で判断することが多くなりますが、色の面積効果で言えば外壁に塗装すると薄く感じることになります。

おしゃれな外壁塗装にするためにも、色見本帳だけでなくカラーシミュレーションツールやA4判の板に塗装してもらって太陽の下で色を確認するなどしましょう。

なお、カラーシミュレーションツールも色々とありますので、当サイトでは無料で使えるカラーシミュレーションツールを6つ紹介しています。

⇒ 【外壁塗装】無料で使えるカラーシミュレーションサイト比較6選

色選びの参考にカラーシミュレーションツールも活用するようにしましょう。

業者の中にはスタッフにカラーコーディネーターが在籍しているところもありますのでプロのアドバイスも活用するようにしましょう。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ