外壁塗装を一面(側面)だけ考えている方への注意点

外壁塗装を一面(外壁の東西南北どちらかの側面)だけ行う事は可能です。

ただ、念頭に置いておかなければいけない注意点もあります。

また反対に、一面だけでも外壁塗装を行ったほうがいい建物もあります。

一面だけの外壁塗装の注意点と一面だけでも外壁塗装を行った方がいい建物をご紹介しますので、現在の建物の状況と照らし合わせてご検討ください。

▼とりあえずいくらか知りたい方はこちら!

【無料/45秒】メールで概算見積りする

https://www.nuri-kae.jp/

一面だけの外壁塗装はトータルコストで見ると割高になる

一面だけの外壁塗装の相場はだいたい30万円~40万円(塗装面積100㎡/シリコン塗料/足場代含む)になります。

40坪住宅の外壁塗装の相場が75万円程度になりますので、一面だけの外壁塗装は割高になっていますね。

割高になる主な要因は職人の足場代と人件費になります。

一面だけの外壁塗装では、塗装面とその周囲の面に足場が組立てられますが、全面での外壁塗装に比べて余分な足場の設置も出てくる為、余計に足場代がかかってきます。

具体的には、近隣への塗料飛散防止の為に塗装面に面した外壁への足場設置や飛散防止ネット設置があります。

また、職人の人件費は工期によって変わってきますが、一面だけの外壁塗装でも工期は通常の外壁塗装と比較してそれほど変わりません。

余分な足場代と職人への人件費で一面だけの外壁塗装は建物のトータルコスト(新築してから取り壊すまでにかかった費用)で見ると、割高になることは念頭に置いておきましょう。

新塗装面と旧塗装面で色味がくっきり変わる可能性がある

新塗装面と旧塗装面の比較画像
一面だけの外壁塗装では、新塗装面と旧塗装面で色味が変わることがあるので建物のイメージが不自然になってしまう可能性があります。

旧塗装面と同じ色を使ったとしても、新塗装面では艶の出方や風合い(塗膜のこすれた感じ)などを旧塗装面と同じにするのはほぼ不可能と言っていいでしょう。

出来るだけ自然な仕上がりにしたい人は、艶なし塗料を使うことをおすすめします。

また、反対に新塗装面を全く違う色にしてツートンカラーに仕上げてしまうのも手です。

建物の印象は変わりますが不自然な印象はぬぐえますし(一面だけピカピカしていると変ですよね)、色の組み合わせがよければおしゃれな建物へと生まれ変わります。

新塗装面の仕上がり具合はよく業者と相談するようにしましょう。

一面だけの外壁塗装でも工期は5日~7日かかる

一般的な外壁塗装の工期は10日~14日間になりますが、一面だけの外壁塗装ではだいたい5日~7日になります。

若干工期も短くなりますが、一面だけだから一般的な工期の4分の1の期間で行えるかと言うとそうはいきません。

これは外壁塗装ではどうしても『乾燥』の時間が必要になるためです。

乾燥には2種類あって、外壁の汚れを落とす高圧洗浄後の乾燥(1日程度)、塗膜の乾燥(塗料に変わりますが4時間~8時間)があります。

⇒ 外壁塗装の乾燥時間とは?塗料や季節、水性・油性でも時間は変わる

どちらも適切な乾燥時間を守らなければ、後々の塗膜トラブル(早期剥がれ、浮き、ひび割れなど)の可能性があります。

特に塗膜の乾燥では、塗り回数が多くなればその都度乾燥の時間が必要になってきます。

ただ、足場の設置・撤去は全面行うよりも早いです。

一面だけでも外壁塗装を行ったほうがいい住宅とは?

一面だけも外壁塗装を行ったほうがいい建物例
  • 著しい劣化症状が見られる
  • 長年、隙間なく建っていた隣家が取り壊されて一面だけリフォームが遅れている

外壁の一部分だけに著しい劣化症状(雨漏り、大きなひび割れなど)がある場合には、一面だけも外壁塗装をおすすめします。

特に雨漏りは放置していると基礎が腐って、後々塗装だけでは済まずに外壁面の張り替え作業などの大掛かりな工事へと発展してしまうリスクもあります。

⇒ 雨漏りが起きている建物に外壁塗装する時の注意点

大きなひび割れ(構造クラック)に関しては外壁塗装だけで修復不可能な場合もありますが、ダイヤモンドカッターとコーキングでの補修でリカバリーできる場合もあります。

クラックも放っておくと雨漏りの可能性が出てくるので、早期のリフォームがおすすめです。

また、長年隣の家があって外壁塗装出来なかった面があって、その隣の家が取り壊されたことを機に外壁塗装すると言った場合もあります。

この場合は、一面だけリフォームが進んでいない状況が考えられますので、リフォーム時期を揃える為にも早期の外壁塗装がおすすめです。

一面だけでも外壁塗装を行ったほうが良い建物をご紹介しましたが、反対に予算の都合だけであれば一面だけの外壁塗装は行わずに、予算に都合がついたら外壁塗装をすることをおすすめします。

出来れば全面での外壁塗装をおすすめします!

最終的な結論としては、外壁塗装は一面だけでも可能ですが、建物のトータルコスト的に見ると割高になりますし、仕上がり具合も不自然になりがちなので出来れば全面での外壁塗装をおすすめします。

また、何気に業者との打ち合わせ時間が増えることや、近隣宅への挨拶の階数が増えるなどの細かな手間も増えることも忘れてはいけません。

著しい劣化が見られないようだったら、時を待って全面での外壁塗装をおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ