外壁塗装で人気の色ランキング【2024年最新版】

今回行ったアンケートが全国賃貸住宅新聞(2020/3/2号)に掲載されました。

2020/3/2号全国賃貸住宅新聞
外壁塗装の人気色アンケート

外壁塗装の色選びは楽しい作業の反面、最も頭を悩ませることの一つだと思います。

そして、最もトラブルの起きやすいことの一つでもあります。

そこで、当サイトでは2019年に外壁塗装を行った方を対象としたアンケートを実施し、その方々が外壁塗装・屋根塗装に何色を選んだのか調査しました。

外壁塗装・屋根塗装の人気色の最新版ということで色選びの参考にしていただければと思います。

くわえて色選びの注意点や色選びで失敗しない為のポイントもまとめましたので、色選びの参考にしていただければと思います。

このページの監修者

COCOLOR(ココカラー)代表。潜在意識から見た目までスタイリングする色の専門家。業界26年、著書12冊、フジ&TBS&NHKなどメディア出演多数。大学経営学部、ビジネス系専門職大学で色彩学講師。パーソナルカラー&骨格&顔タイプなどさまざまな診断で迷う人の救世主。今さら聞けない!プロのカラーリストやイメージコンサルタントが学び直しにくるサロン運営。AI時代に通用!CoCoカラースタイリスト養成講座。

▼外壁塗装で助成金がもらえます!

助成金もわかる相場算定ツール

https://www.nuri-kae.jp/

※算定結果はすぐにメールで届きます。

外壁塗装の人気色集計結果

外壁塗装人気色アンケート円グラフ
外壁塗装人気色アンケート結果
調査対象2019年に外壁塗装を行った人
アンケート期間2020年02月10日 ~ 2020年02月13日
回答人数384人
アンケート方法webアンケート
アンケート調査概要

1位ベージュ(129人:33.59%)

モルタル外壁塗装【ベージュ】
ベージュ外壁塗装施工例

外壁塗装の人気色アンケート1位のベージュ(灰黄色)は毎年人気の色です。

ベージュは、自然界に馴染むナチュラルな色で近所の景観とも喧嘩しませんし、白に比べて汚れが目立ちずらいというのが人気の理由となっています。

ただし、一口にベージュと言っても、さまざまな種類があるので業者に発注する際は注意が必要です。

2018年にアステックペイントで出荷された塗料ランキングでもベージュに分類される『1位:ブロークンホワイト(色番号8091)』『6位:ミッドビスケット(色番号8095)』『7位:ホワイトリリィ(色番号9003)』『8位:ニュートラルホワイト(色番号8092)』『10位:ライトラテ(色番号8097)』がランクインしています。

発注時には色番号で発注することで失敗が少なくなります。

なお、ベージュの外壁塗装と相性の良い屋根色については別ページでまとめましたので、ベージュの外壁塗装を検討している方はそちらのページもご覧ください。

2位ホワイト(121人:31.51%)

ホワイト外壁塗装施工例
ホワイト外壁塗装施工例

ホワイト(白色)も毎年人気の外壁塗装の色で清潔で爽やかな仕上がりになる特徴があります。

しかし、ホワイトは汚れや劣化が目立ちやすいというデメリットもあります。

ベージュが人気なのも、本当であればホワイトにしたいけどホワイトのデメリットを加味してベージュに落ち着くという方が多いです。

外壁塗装にホワイトを選ぶ際は真白ではなく、少しグレーがかったオフホワイトをおすすめします。

3位グレー(106人:27.6%)

外壁塗装例【1色塗りグレー】
グレー外壁塗装施工例

毎年人気の色としてグレー(灰色)がありますが、グレーは比較的イメージ通りの仕上がりとなってくれるのでおすすめの色です。

外壁塗装でよくあるトラブルの一つに仕上がりイメージの不一致があります。

仕上がりイメージの不一致とは、業者に発注した色と実際に仕上がった色のイメージが違う事です。

外壁塗装の場合、一度仕上がってしまうと『もうちょっと薄くして』などと言った微調整はできません。

このような仕上がりイメージの不一致が一番少ない色がグレーです。

グレーにも他の色同様にいくつもの種類がありますが基本的には『濃いグレー』と『薄いグレー』になりますので、仕上がりイメージの不一致が少なく後悔の少ない色です。

その他、汚れが目立ちずらいなどのメリットもありグレーは毎年人気の色となっています。

4位ブラック(43人:11.2%)

ブラック外壁塗装施工例
ブラック外壁塗装施工例

最近はブラック(黒色)の外壁塗装も人気です。

ブラックの外壁塗装は重厚感や都会的な仕上がりを期待する方におすすめの色です。

ただし、ホワイト同様に汚れが目立つ色でもあります。

ブラックを選ぶ際は黄砂やカビなどの汚れが目立ってしまうことは念頭に置いてください。

5位ブラウン(38人:9.9%)

外壁塗装ブラウン施工例
ブラウン外壁塗装施工例

ブラウン(茶色)系の外壁塗装はいつの時代も人気な色です。

人気の理由は汚れ(砂埃や排気ガス)が目立ちにくいことと、ツートンで使っても比較的合わせやすいからです。

ブラウンはアースカラー(地球にある自然物をイメージしたカラー)なので周囲の建物の色とも同調してくれるメリットもあります。

ただし、明るい色と比較すると将来チョーキング現象が起きた際にそれが目立ちやすいというデメリットもあります。

ブラウンの外壁塗装に関しては専門家に監修していただいたページがあるので、詳しくはそちらのページをご覧ください。

6位イエロー(24人:6.25%)

イエロー外壁塗装施工例
イエロー外壁塗装施工例

イエロー(黄色)の外壁塗装は建物の印象が明るくなることや、建物のイメージチェンジとして人気の色です。

ただし原色に近い鮮やかなイエローを使う際は注意が必要です。

原色は近所との景観との差が強調されてしまい、浮いた建物となってしまう可能性があります。

目安は3軒両隣の建物の色になります。

自分で選んだ色が3軒隣を含んだ印象で馴染んでいるのであればOKです。

反対に自分の建物だけが極端に目立ってしまうようだと、塗装後にも悪評が立つことがあります。

また、鮮やかな色はどうしても色あせが目立つ色でもありますので、塗装後のメンテナンスはこまめに行う必要があります。

静かな住宅街ではグレー系、ベージュ系がおすすめですし、緑が多い地域では自然の緑と調和するようにナチュラルなアースカラー(土や石などの素材色)がおすすめです。

原色を検討されている方は、近隣とのかねあい、塗装後のメンテナンスも視野に入れて検討するようにしましょう。

7位グリーン、ブルー(23人:5.99%)

ワントーンでシンプルにおしゃれに仕上げた外壁塗装【エメラルドグリーン】
グリーン外壁塗装施工例
ブルー外壁塗装施工例
ブルー外壁塗装施工例

今回のアンケートではグリーン(緑色)とブルー(青色)を外壁塗装に使った方が23人で7位と同順位でした。

グリーンとブルーはどちらも鮮やかな色で人気があります。

ブルーの外壁塗装は、原色に近い色も人気がありますが、水色や濃い紺色も人気があります。

グリーンの外壁塗装は、洋風(ヨーロッパ)なおしゃれな仕上がりになるのが特徴です。

グリーンは、原色に近い色ではなく落ち着いたグリーングレー(灰みがかったグリーン)やオリーブグリーンが特に人気です。

ただしグリーンとブルーどちらも外壁塗装後の色落ちが懸念される色です。

グリーンやブルーを使う時は色落ちに強いラジカル塗料を選ぶなどして対応する事をおすすめします。

8位ピンク(15人:3.91%)

ピンクの外壁塗装の施工例
ピンク外壁塗装施工例

今回のアンケートではピンク(桃色)は8位となりましたが、薄いピンクは建物が優しいイメージになるのでおすすめの色です。

中でもフレッシュピンク(日塗工番号 07-80H)は薄いピンクの中でも人気のある色です。

2色塗りのツートンでも薄いピンクは人気ですが、組み合わせる色には注意が必要です。

黄色などを選んでしまうと目がチカチカする仕上がりとなってしまいますので、薄いピンクには薄いグリーン系、薄いブルー系、ホワイトや薄いグレー系などを選びましょう。

ベージュやグレーなどで他の建物と被るのが嫌という方は薄いピンクを検討されてはいかがでしょうか?

9位オレンジ、レッド(11人:2.86%)

オレンジの外壁塗装の施工例
オレンジ外壁塗装施工例
レッド外壁塗装施工例
レッド外壁塗装施工例

今回のアンケートではオレンジ(橙色)とレッド(赤色)を外壁塗装に使った方が11人で9位と同順位でした。

建物の印象を明るくしたいならオレンジの外壁塗装はおすすめです。

特におすすめのオレンジはアウェイクニングオレンジ(マンセル値:4.7YR6.8/11.4)です。

ストロングオレンジとも呼ばれていますが、オレンジを象徴するような鮮やかな色です。

レッドの外壁塗装は、高級感のある仕上がりになるのが特徴です。

おすすめのレッドはロイヤルレッドやヘリテージレッドです。

その他(6人:1.56%)

その他の色では、クリア(透明)、ダークブラウン、ダークパープル、アイボリー、オフホワイトの色を選ばれた方もいらっしゃいました。

今回はランクインしていませんが、外壁塗装のポイントにレンガ色を使うのも人気があります。

レンガ色はサイディングの目地を活用することでその風合いを出すことができます。(目地出し施工)

また費用はかかりますが、グレードの高いレンガ色を希望される方は多彩色仕上げでレンガ色にグラデーションをかける施工方法もあります。

レンガ色は、汚れが目立たない、高級感が演出できるなどの特徴がありますが、施工に手間がかかるので費用は一般的な外壁塗装と比較すると高くなります。

よりおしゃれで特徴的な建物に仕上げたい方にレンガ色は人気です。

屋根塗装の人気色集計結果

屋根塗装人気色アンケート円グラフ

屋根塗装人気色アンケート結果
人気屋根塗装色ランキング
  1. ブラック(75人:19.53%)
  2. グレー(63人:16.41%)
  3. ブラウン(43人:11.2%)
  4. グリーン(33人:8.59%)
  5. ホワイト(29人:7.55%)
  6. ベージュ(25人:6.51%)
  7. オレンジ(13人:3.39%)
  8. ブルー(12人:3.13%)
  9. イエロー(7人:1.82%)
  10. レッド(5人:1.3%)
  11. ピンク(3人:0.78%)
  12. その他(1人:0.26%)
  13. 屋根塗装は行わなかった(75人:19.53%)

屋根塗装の人気の色ではブラック、グレー、ブラウンが圧倒的な人気の色という結果になりました

外壁塗装にベージュを好む人が多いですが、ベージュ外壁にはブラック・グレー・ブラウンの屋根色はベージュ外壁と相性の良い色です。

屋根は外壁とは違い四六時中太陽光を浴び続けることになりますので、劣化も外壁よりも早い傾向にあります。

なのでピンク系やブルー系、イエロー系などの明るい色(明度の高い色)を当てると汚れが目立ったり、塗装のくすみが目立ってしまうことになります。

ブラック系は比較的、何色の外壁とも相性が良いので組み合わせに関しても問題ないのも人気の理由になります。

ブラック系以外を屋根に採用する際は、明度の低い色(黒に近い濃い色)をおすすめします。

その他の色では、シルバーを選ばれた方が1人いらっしゃいました。

外壁塗装の色選びのポイント

カラーシミュレーションを有効に使う

日本塗装工業会カラーシミュレーション
カラーシミュレーション
カラーシミュレーションを使う前の注意点
  • ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーを理解する
  • カラーシミュレーションでは100%正確に色は確認できない
  • 業者側からするとカラーシミュレーションはクレームの元?

少し前のカラーシミュレーションでは、建物をデジカメで撮影してパソコンで範囲を指定して色をシミュレーションしていくという方法が一般的でしたが、最近ではとても使い勝手が良くなりました。

ただし過度な期待は禁物で、カラーシミュレーションで希望の色の目星を付けたら必ず業者に大きめの板(最低でもA4サイズ以上がベスト)にその色を塗装してもらって、実際に太陽光の下で色を見るようにしてください。

カラーシミュレーションとは、現在お住いの建物に雰囲気に近い建物を選んで、パソコンやタブレットから好きな色の組み合わせを確認することができるアプリケーションソフトです。

昼間の太陽光は白っぽく、夕方の太陽光はオレンジっぽく見えます。

カラーシミュレーションは建物の種類や色を簡単に組み合わせることができますが、デバイスによって色の出方が変わることがあります。

また色の面積効果(面積の大きさによって色の見え方が変わること)の兼ね合いも考慮して色を決定するようにしましょう。

小さなサンプルで色を見ている時よりも、実際の大きさで色を見るのでは、同じ色でも『明るく』『鮮やかに』感じやすいので注意が必要です。

以上のことから、①カラーシミュレーションへの過度な期待を持ちすぎないこと、②希望の色は大きめのサンプルに実際に塗装してもらって実際の環境で確認すること、以上の2つが大切になってきます。

それを怠ると、外壁塗装の色選びで失敗する方が多いのが現状です。

色選びのよくある失敗例では、仕上がりがイメージと違う、奇抜すぎる色を選んでしまう、色の組み合わせを間違える、汚れが目立つ色を選んでしまう、色あせする色を選んでしまう、近隣や景観を気にせず外壁塗装してしまうなどがあります。

これらの失敗例を意識するだけでイメージ通りの色に仕上がる可能性が高くなります。

まずは、カラーシミュレーションをどんどん使ってめぼしい色を見つけましょう。

ビフォーアフター画像で完成イメージを固める

緑色外壁(ビフォー)から白灰色外壁(アフター)
緑色外壁(ビフォー)から白灰色外壁(アフター)

外壁塗装の色選びの失敗を避けるために、ビフォーアフターでは、外壁だけでなく屋根、軒天、ベランダ、コーキングなどもチェックする必要があります。

また色の組み合わせやツヤの出方なども事前に確認しておくと、イメージ通りに仕上がる可能性が高くなります。

外壁塗装で、どこまでメンテナンスするのか確認する意味でもビフォーアフター画像を見ておくことをおすすめします。

なお、詳しいビフォーアフター画像(外壁・外構・ベランダ・基礎)に関しては別ページでまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

外壁塗装に奇抜な色を使うのは控える

鮮やかな色味には注意が必要
鮮やかな色味には注意が必要

他の建物とは違う色にしようと外壁を高彩度の奇抜な色で塗装しようとする方がいますが、あまりおすすめはしません。

理由は、黄色や緑色、紫色、赤色などの原色は近所との景観との差が強調されてしまい、浮いた建物となってしまう可能性があるからです。

反対に、黄色や緑色、紫色、赤色でも低彩度の薄い色は近隣とも馴染みやすいのでおすすめの色です。

色の持つ心理的感覚を理解する

色の持つ感覚はあくまでも個人的な感覚なので、自分がどのように感じるかということが大切になってきます。

ただ、比較的沢山の人はある程度共通した感覚を持っていることも認識しておくと後々失敗したと感じることは少なくなります。

温度感暖かい:暖色系
涼しい:寒色系
重量感軽い:白っぽい色や透明感のある明るい色
重い:黒っぽい色のものやくすんだ暗い色
大小感大きい:明るく鮮やかな色は膨張して見える(暖色系はなおさら)
小さい:暗めで濁った色は縮小して見える(寒色系はなおさら)
質感軟らかい:明るく薄い色はソフトに感じる
硬い:暗く深い色はハードに感じる
距離感明るい色や暖色系は近く『進出色』
暗い色や寒色系は遠く『後退色』
クラシック重厚感/豪華な落ち着き/優雅な美しさ
ダークブラウン・オリーブ色・セピア色等
モダン現代的/機能的/シンプルさの中の個性
ダークグレー・ブラック・ブルー・ホワイト・レッド等
カジュアル軽快で寛げる雰囲気/遊び心
オレンジ・イエロー・グリーン等
和風日本の伝統的な基調色/自然素材色
モスグリーン・ベージュ・辛子色等

外壁塗装人気色まとめ

外壁塗装の人気の色は?
外壁塗装を行った方にアンケートした結果です。
  1. ベージュ(129人:33.59%)
  2. ホワイト(121人:31.51%)
  3. グレー(106人:27.6%)
  4. ブラック(43人:11.2%)
  5. ブラウン(38人:9.9%)
屋根塗装の人気の色は?
屋根塗装を行った方にアンケートした結果です。
  1. ブラック(75人:19.53%)
  2. グレー(63人:16.41%)
  3. ブラウン(43人:11.2%)
  4. グリーン(33人:8.59%)
  5. ホワイト(29人:7.55%)

外壁の色は一度塗装したら10年程度は付き合うことになりますので、今回紹介した外壁塗装・屋根塗装の人気の色を参考に選んでみることをおすすめします。

外壁の色だけでなく、屋根色、付帯部の色などトータルなイメージで色を選ぶようにしましょう。

ただ、外壁塗装の色によってイメージと違ったなどと失敗したと感じる方が多いのも事実です。

カラーシミュレーションツールを使ったり実際の建物の配色を参考にするなどして、楽しみながら色を選んでみてください。

おすすめ相場算定ツール

当サイトでは、外壁塗装の相場算定ツール『ヌリカエ』をおすすめしています。

ヌリカエは選択式の質問にタップしていくだけで、自宅相場を算定してくれる無料ツールです。

地域の助成金の予算確認・自宅に適した塗料・火災保険使用の有無も一発で算定してくれます。

算定結果はメールでもらえるので、気軽に使ってみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

色選びに参考になる別記事もご覧ください