外壁塗装ブラウン(茶色)のメリット・デメリット!おしゃれなブラウンはこれ

このページの執筆・監修者

株式会社マルミ美装工芸の代表、田里友貴です。

職人集団による経営に拘っている弊社の経験に基づき、外壁塗装をブラウン(茶色)系で仕上げる際のポイントや注意点などをご紹介します。

▼とりあえずいくらか知りたい方はこちら!

【月間200万人利用】無料で概算見積りする

https://www.nuri-kae.jp/

※メールで見積りがもらえます。

外壁塗装ブラウン(茶色)のメリット・デメリット

外壁の色でお悩みのお客様に私がいつも伝えることは、『明るい色と暗い色のメリット・デメリット』と『立地による選定』です。

『明るい色と暗い色のメリット・デメリット』ですが、外壁塗装を行なった10年後以降からいわゆるチョーキング現象というものが始まります。

チョーキング現象とは、塗料に含まれる顔料が表に出てきてしまうことを指しているのですが、どの色を選んでも基本的に白い粉のような状態で表に出てきます。

つまり明るい色の場合はこのチョーキングが目立ちにくく、暗い色だと目立ちやすい(劣化を感じやすい)ことになります。

反対に外部からの汚れの付着(砂埃や排気ガス)などは明るい色ほど目立ちやすく、暗い色では目立ちにくいといったこともあります。

『立地による選定』がここに関係してきますが、周りを畑に囲まれている場合や幹線道路沿いである場合はあまり明るすぎる色はお勧めしていません。

さて、外壁塗装ブラウン(茶色)のメリット・デメリットは前述したこととほとんど重複しますが、

メリット:外部からの汚れ(砂埃や排気ガス)が目立ちにくい

デメリット:明るい色と比較すると将来チョーキング現象が起きた際にそれが目立ちやすい

といったところでしょうか。

メーカー別ブラウン(茶色)系の種類

ブラウン(日本ペイント)
ブラウン(日本ペイント)

日本ペイントの標準色に含まれるブラウン(茶色)です。

日本ペイントだと、ND-343、ND-322、ND-376、ND-375、ND-342あたりがブラウンになります。

ブラウン(エスケープレミアムシリコン)
ブラウン(エスケー化研)

エスケープレミアムシリコンの標準色に含まれるブラウン(茶色)です。

エスケー化研だと、OSR-168、OSR-169、OSR-109、OSR-132、OSR-413、OSR-414ががブラウンになります。

エスケー化研はブラウンの種類も多いです。

ブラウン(スズカファイン)
ブラウン(スズカファイン)

ウォールバリア(スズカファイン)の標準色に含まれるブラウン(茶色)です。

スズカファインだと、A272、A273がブラウンになります。

ブラウンと一言にいっても様々な種類が存在します。

比較的落ち着いたブラウンの『モカブラウン』、濃いブラウンの『ダークブラウン』、ブラウンとベージュの中間色『モカベージュ』などがあります。

お客様の人気が高くブラウンのイメージに近いのは『モカブラウン』であることが多いです。

塗料やメーカーごとに同じブラウンでも名前が異なることがあります。

ブラウンの色選びに迷った際には各塗料メーカー共通の日本塗料工業会が出版している塗料用標準色(通称ニットコー)を参照して下さい。

ブラウン(茶色)と相性の良いツートンカラー

ブラウン×ベージュ
ブラウン×ベージュツートン

ブラウン(茶色)と相性が良く人気のツートンは白に近い色やクリーム系の明るい色です。

ブラウンの濃淡ツートン
ブラウンの濃淡ツートン

同系色のブラウン(茶色)系で濃淡をつけるパターンもシックな仕上がりで良いですね。

色分けを行う際にはその境界線をしっかり吟味し、必要があればカラーシミュレーションを依頼するとより鮮明にイメージが湧きますのでおすすめです。

個人的にブラウン(茶色)のツートンで相性が良いと思う色は白系からクリーム系の色ですね。

外壁塗装でブラウン(茶色)にして後悔したお客様のご紹介

ブラウン系外壁塗装の後悔で一番多いのは『イメージしていた色合いと違った』との感想を抱かれることです。

ただし、イメージ違いの後悔はブラウンに限った話ではなく他の色でもあることかと思われます。

カラーシミュレーションを利用し納得のいくまで色探しをすることをおすすめします。

外壁塗装ブラウン(茶色)施工例

外壁塗装ブラウン施工例
外壁塗装ブラウン施工例
外壁塗装ブラウン施工例

外壁塗装ブラウン(茶色)まとめ

ブラウンのメリット・デメリットは?
ブラウンのメリットは、汚れが目立ちにくいこと。
デメリットは、チョーキング現象が目立ちやすいことです。
ブラウンと相性の良い色は?
ブラウンと相性の良い色は、白に近い色やクリーム系の明るい色です。
濃淡をつけるパターンも相性が良いです。

ブラウン(茶色)系はいつの時代も人気な色ですね。

各塗料の基本色だけでなく、日本塗料工業会が出版している塗料用標準色(通称ニットコー)の中から選ぶとなるとブラウン系だけでも多くの選択肢がありなかなか決めきれないと思います。

是非何度もカラーシミュレーションを行なって、一番好きなブラウンをお選び下さい。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(全国対応、登録業者4,000社以上)をおすすめしています。

ヌリカエは選択式の質問に答えるだけで、自宅から近い実績のある業者を手軽にピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ