ドリームコートの口コミ・評判

ドリームコートの口コミ・評判

良い口コミ

  • 高性能でなおかつ価格は安い
  • 以前、外壁の内部結露で悩んでいたので業者に相談したらドリームコートをすすめてもらいました
  • 防水を重視するならドリームコートとアレスアクアシリコンACⅡですね(職人談)

悪い口コミ

  • 窯業系サイディングの家の外壁にドリームコートは不適格
  • 現在の断熱材が使われている一般住宅には必要のない塗料ですね(職人談)
 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別に全21種類をランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

ドリームコート価格相場

※3回塗りの合計単価になります。

1㎡あたり3,200円~4,300円(Si)

ちなみに40坪住宅の外壁にドリームコートを使った場合の相場は75万円程度になります

相場通りで外壁塗装が行えますし、耐久性にも優れているのが特徴です。

耐用年数は12年~15年

ドリームコートは特殊合成樹脂エマルション系塗料として、耐用年数は12年~15年とされています。

合成樹脂として使われているのはアクリル樹脂になりますが、エマルション塗料(油性と水性が混じり合った塗料)になりますので耐久性にも優れているのが特徴です。

また、ドリームコートは弾性塗料にもなりますのでクラック(ひび割れ)が起きやすいコンクリートやモルタルとも相性が良いですね。

職人側としても塗料が柔らかいので塗りやすく乾燥も早い(塗装間隔は4時間以上7日以内)という事で重宝されています。

ただ、旧塗膜の劣化が激しい場合には入念なケレン作業の後、高圧洗浄を行って1日乾燥後からの塗装になります。

ケレン作業とは
塗装する面に対して塗料の密着を良くするために行う作業全般を言います。
主に金属・木材・窯業(ようぎょう)系サイディングに施しますが、コンクリートやモルタルに施すケレン作業もあります。

⇒ ケレン作業の役割や注意点について詳しく見る

現在の高気密・高断熱住宅にはドリームコートがおすすめ

内断熱工法(RC造)や充填断熱工法(木造)の性能を補強するイメージ図
参照元:ドリームコート仕様書

現在の一般家屋の主流は高気密、高断熱の住宅になりますが、高気密、高断熱の建物ほど建物内の水蒸気が外に逃げられず外壁の内側に結露(内部結露)が発生する可能性が高くなります。

これは内側断熱の弱点でもありますが、このような建物に透湿性の高いドリームコートを使用することで効率的に水蒸気を逃がしてくれて、内部結露発生による基礎の腐食などを防いでくれます。

RCやコンクリートブロックなどのような建物にドリームコートを施工しても意味はないという声もありますが、これは単に断熱性の観点からの意見になり、ドリームコートは内断熱工法(RC造)や充填断熱工法(木造)の性能を補強する塗料になります。

また、RCやコンクリートブロックはサイディングなどに比べて重量が重いので、ドリームコートのような軽い塗料は建物の耐震性の観点からもおすすめです。

ちなみにドリームコートの適用下地は、コンクリート、モルタル、ALCになります。

ホルムアルデヒド等級F☆☆☆☆で身体に優しい

ドリームコートは、ホルムアルデヒド等級F☆☆☆☆(フォースター)塗料になります。

ホルムアルデヒド等級とは、住宅性能表示制度における建材のホルムアルデヒド発散量に関する表示になります。

最近では断熱・気密化住宅(閉鎖型住宅)が主流で隙間がない建物が多くなっている事もあって、換気不足によるシックハウス症候群を発症する人も増えていますが、ホルムアルデヒドもシックハウス症候群の原因になりうる揮発性有機化合物になります。

ドリームコートはそのホルムアルデヒドの放散量が一番少ないF☆☆☆☆塗料という事で、最近では身体のことを含めて選ぶ方もいらっしゃいます。

また、ドリームコートは水性断熱塗料になりますので塗装時にもシンナーの嫌な臭いが少ないので、塗装中のストレスも軽減されます。

窯業系サイディングにドリームコートは不向き

一般的に、ドリームコートは厚膜の材料になりますので目地シーリングが防水上、重要な役割を持っている窯業系サイディング外壁(主原料にセメント質減量を用いていた状に成形し、養生・硬化させたもの)には不向きになります。

これは、次回の外壁塗装の際に目地シーリングを打ち替えてから塗装することになりますが、塗り替え時に厚膜の塗材が上に乗っていると撤去が大変になり、最悪の場合シーリングの除去が行えなくなることも考えられます。

何十年も前の窯業系サイディングで断熱材が全く効いてないのなら別ですが、現在主流の高気密・高断熱住宅にドリームコートを使用するメリットはあまりありません。

ドリームコートは湿式外断熱躯体保護防水仕上げ材として、とても高性能な塗料ではありますが窯業系サイディングに使用する際には、次回のメンテナンスの事も踏まえて検討するようにしましょう。

ドリームコートは実績も多く信頼性の高い塗料

ドリームコートは日本の3大塗料メーカーでもある関西ペイントが製造販売している塗料になります。

関西ペイントは建築仕上塗材の国内シェアでNO.3のメーカーになります。(2017年度)

防水・透湿・断熱・防カビ・防藻性に優れている塗料として、実績も多く信頼性の高い塗料ですね。

ただし、メーカー保証はありません。

メーカー保証については『【メーカー保証】日本ペイント/関西ペイントエスケー化研まとめ』をご覧ください。

コストパフォーマンスにも優れていますし、高性能なのでコンクリート、モルタル、ALC外壁にはおすすめです。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

おすすめの記事