外壁塗装の水性塗料と油性塗料の違いと特徴

塗料の種類が多い理由

塗料の名前や種類はかなり多くあります。

それぞれの塗料は、特定の条件かで最高の特性を発揮するように特徴付けられているからです。

逆にそこそこの性能で、材料や塗り方も選ばずに自由に塗れる塗料もありますが、こちらはDIYなど塗装に慣れていない方向けの塗料となっています。

塗料の分類の仕方にはいくつかありますが、希釈する溶剤で分類すると水性塗料と油性塗料に分けられます。

水性塗料とは

水で薄めて使うタイプが水性塗料になります。

刷毛や道具の洗浄も水道水を使えますし、洗った水は下水に捨てられるので、後始末が簡単という特徴もあります。

溶剤臭も少なく、引火や中毒の心配はありません。

ローラーバケやコテバケとも相性がよく、広い面でも効率的に塗装が行えます。

主成分はアクリルエマルジョンになります。

アクリルエマルジョンとは、アクリル樹脂を水に乳化・分散させたもので合成樹脂の一種です。

硬化の方式は揮発融合になります。

蒸発して乾くだけでなく、濃厚化した塗料の中で、樹脂がぶつかり合って結合します。

そのため、硬化した塗膜は再び水に溶ける事はありません、

丈夫な塗膜ですが、油性塗料に比べればやや柔らかく、キズや摩耗への耐性はやや劣ります。

またペーパーでは研ぎにくいため、高級な平滑面を求める仕上げには不向きです。

油性塗料とは

溶剤で薄めるタイプが油性塗料になります。

さらに油性塗料は溶剤の種類によって

  • ラッカー系
  • ペイント系
  • 2液性

に分けられます。

ラッカー系

ラッカーは『ラッカーうすめ液』で希釈します。

道具の洗浄にもこれを使います。

ラッカー系は揮発が速く、また溶解力も強い事が特徴です。

溶剤の揮発のみで硬化します。
つまり硬化後も溶剤で溶けます。

硬質な塗膜とつやが好まれ、塗膜を研ぐ事ができるので、かなり高級な仕上がりが期待できます。

ただし、臭気は強く、中毒にならないように注意が必要です。

ペイント系

ペイント系は『ペイントうすめ液』で希釈します。

刷毛の伸びがよく、職人も塗りやすいのが特徴です。

硬化の仕組みは、まず溶剤の揮発によって指触硬化(生乾き)、次いで空中の酸素と反応することで固い塗膜になります。

紫外線にも強く、外壁塗装にも適している塗料です。

2液性

2液性は種類が少なく、よく使われるのは2液性ウレタンニスになります。

化学反応方式で硬化していきますので、その日に使う分だけ硬化剤と混ぜて塗ります。

固くて塗りにくい時は、専用のうすめ液で粘度調節します。

まぜた塗料は反応時間内に使い、道具の手入れも早めに済まします。

厚塗りしても確実に硬化するのが魅力で、つやがあって硬い耐摩耗性の塗膜が得られます。

どちらがおすすめ?

水性塗料、油性塗料それぞれの特徴を紹介しましたが、結局どちらが良いのかと言えば、性能的には大差はありません。

水性塗料は、なによりシンナー臭がないので小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えますし、近隣からも匂いに対するクレームはおきません。

環境や人体、周囲への影響を気にされる方には水性塗料をおすすめします。

油性塗料は、塗装時のシンナー臭はありますが(塗料が乾けば匂いは消えます)、耐光性に優れているので水性塗料と比較すると耐用年数が同じケースでも外壁に付着する汚れの度合いが変わります。

長く綺麗な外壁を望まれる方には油性塗料をおすすめします

最近は水性塗料が主流

最近の傾向だと、近隣や環境のことを考えて水性塗料を選択される方が多くなってきています。

水性塗料、油性塗料それぞれに特徴がありますので、現在の建物の状態や近隣との関係性から塗料を選ぶようにしましょう。

ちなみに私個人としては、塗装時の匂いのストレス軽減を重視して水性塗料をおすすめしています。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者3000社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

塗料選びの参考になる記事を表示しています!