サイディングとは、工場であらかじめ成型して作られた板(サイディングボード)で、外壁にその板を貼り付けて使います

サイディングの種類としては大きく窯業系と金属系に分類することができます。

サイディングはコンクリートやモルタルと比べると軽く建物に負担がかからず、なおかつ低コストで仕上げることができるので最近シェアが大きくなっている外壁材になります。

そんなサイディングに最適な塗料を一覧にてご紹介していきます。

また、サイディングには使用しないほうがいい種類の塗料もありますので、併せてご紹介していきます。

 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別に全24種類をランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

サイディングにおすすめな塗料一覧

塗料名を選択すると、詳しい特徴や使用者の口コミがご覧になれます。

塗料名 メーカー 価格(1㎡) 耐用年数
ガイナ 日進産業 5,000円~5,500円 15年~20年
セラMシリコン3 関西ペイント 2,300円~3,000円 11年~13年
パーフェクトトップ 日本ペイント 3,800円〜4,300円 10年~12年
ナノコンポジットW 水谷ペイント 3,000円~4,000円 10年~15年
スーパーSDクリヤーF-JY アステックペイント 4,000円~4,500円 18年程度
クリーンマイルドシリコン エスケー化研 2,500円~3,000円 12~15年

サイディングに弾性塗料はおすすめしない理由

サイディングには弾性塗料は使用しないことをおすすめしています。

弾性塗料とは、塗膜がゴムのように伸縮する性能がある塗料です。

サイディングの特徴として、『軽い』『低コスト』『種類・デザインが豊富』などのメリットがある反面、太陽によって外壁表面温度が上がりやすいことや吸水性が高いなどのデメリットもあります。

その為、サイディングに弾性塗料を使用すると、塗膜に膨れが出てしまったり、気泡やピンホール(気泡がつぶれた跡)の原因になります。

もちろん気泡の原因が弾性塗料によるものではなく、希釈剤の割合が適当でなかったり、塗装時の気候が適当でなかったりもあります。

ただ、塗装後のリスク回避の観点から、サイディングには弾性塗料は使用しないほうがベターでしょう。

クリヤー系(透明)塗料の使用は築10年未満が目安

クリヤー系(透明)塗料の使用は築10年未満が目安
先日家の外壁、サイディングにクリア塗装を塗ってもらったのですが塗った面全体で
気泡ができていました。

翌朝光が当たっている時に下から見上げると全面泡でブツブツになっており気持ち悪く感じる
程で業者へ連絡し確認してもらったところ工期が短かく乾ききる前に塗り重ねをした為下の
塗料が揮発して出来てしまった物とのことでした。
Yahoo!知恵袋

サイディングには意匠性の高い模様が多くある為、模様をそのまま表現するためクリヤー系(透明)塗料を検討している方も多くいらっしゃるかと思います。

ただ、クリヤー系の塗料は外壁の表情がそのまま出ることになりますので、あまりに劣化している外壁では使用することはおすすめしません。

クリヤー系の塗料を使用する目安としては新築から10年未満と言われています。

クラック(ひび割れ)が起きている、カビ・藻・コケがひどく発生している状態のサイディングにはクリヤー系の塗料は控えた方が無難です。

また、前回の塗装で前回の塗装で光触媒や無機・フッ素などの塗料を使っていてもクリヤー系の塗料はうまく密着してくれないなどの制限もあります。

サイディング外壁は定期的なメンテナンスが必要

サイディング外壁の注意点
  • 弾性塗料は使わない
  • クリア系塗料は10年未満の住宅が理想

サイディング外壁に塗装をする際のおすすめの塗料とおすすめしない塗料、それぞれをご紹介しました。

サイディングは現在の一般家屋の主流でもあるもの、メンテナンスに注意が必要な外壁材でもあります。

なお、詳しい外壁材の種類と特徴に関しては『外壁材の種類とおすすめの塗料』ページでまとめましたのでご覧ください。

悪質な業者や無知な業者では、そのサイディングの外壁塗装におけるリスクの説明なく単価の高い塗料をすすめてきたりもする為、トラブルの元となっています。

よく注意し、業者の選定、塗料の選定をするようにしましょう。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ