ラジカル制御型塗料とは?使用する上でのメリット・デメリット

近年、外壁塗装の塗料の中で人気がある塗料になるのがラジカル制御型塗料になります。

価格と耐久性に対するコストパフォーマンスに優れているのが人気の要因となっています。

ラジカル制御型塗料の特徴や使用する上でのメリット・デメリット、おすすめのラジカル制御型塗料をまとめましたので、塗料選びの参考にしていただければと思います。

ラジカル制御型塗料とは

ラジカル制御形塗料仕組みイメージイラスト
ラジカル制御型塗料とは、塗膜の劣化原因であるラジカルの発生を抑制する酸化チタンと光安定剤(HALS)が含まれている塗料のことを言います

ラジカルとは、塗料に含まれている顔料と紫外線が当たる事で発生するエネルギーのことで、塗料の分解を促進させて塗膜の劣化原因にもなってしまいます。

主な塗膜の劣化症状としては、チョーキング現象(壁を触ると白い粉が付く劣化症状)があります。

ラジカル制御型塗料では、ラジカルが発生した時に塗料から分解されないように、ラジカル制御酸化チタンと光安定剤が働きかけてくれます。

ちなみにラジカル制御型塗料は、ラジカル制御酸化チタンと光安定剤が含有されている塗料を指しますので、シリコン塗料、フッ素塗料などに含ませると、ラジカル制御型シリコン塗料、ラジカル制御型フッ素塗料になります。

ラジカル制御型塗料のメリット・デメリット

ラジカル制御型塗料は塗膜の耐候性を非常に強くしてくれるので、現在とても人気がある塗料になります。

改めてメリットとデメリットをまとめます。

メリット

  • 塗膜の耐候性が非常に強くなる
  • コストパフォーマンス(総合メリット)が良い
  • さまざまな下地と相性が良い
  • 汚れがつきにくい

ラジカル制御型塗料を使う一番のメリットはなんと言っても、塗膜の劣化を防いでくれる点にあります。

ラジカル制御型塗料が発売される以前は、塗料のグレード(アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素)によってほとんど耐用年数が決まっていました。

そして、その耐用年数に比例して価格も高い傾向にありました。

グレードを価格順に並べると下記のようになります。

※かっこの中は耐用年数です。

  1. フッ素(15~20年)
  2. シリコン(10~15年)
  3. ウレタン(8~10年)
  4. アクリル(5~7年)

しかし、現在発売されているラジカル制御型の耐用年数は12~15年とされていて、価格はシリコン塗料よりも少々高い程度です。

また、ラジカル制御型塗料は下地を選ばないのでサイディングや、モルタル・コンクリート、木部やアルミなど、建物のどの部分にも使う事ができます。

親水性も高いので汚れが付着しにくいといったメリットもあります。

ラジカル制御型塗料は、塗料性能が良くなって価格が落ち着いたコストパフォーマンスの良い塗料だと言えます

デメリット

  • 新しい塗料の為、実績が少ない
  • 製品数が少ない
  • 濃い色が使えない

日本の住宅用ではラジカル制御型は2012年に日本ペイントが製造・販売されたパーフェクトトップが一番実績がある塗料になります。

ラジカル制御型塗料の耐用年数が12~15年と言われてはいますが、実際の日本の環境下での塗装の劣化具合という実績が少ないのはデメリットでしょう。

日本とは言っても東北地方と九州地方では大きく気候が違うように、その風土の特徴もありますので、そういった気候にも順応できるのかも、今のところは不明な点ではあります。

一応、各メーカーから発表されている耐用年数は、人工的に太陽光・温度・湿度・降雨などを塗料に照射させた促進耐候性試験の結果から得られた結果になります。

製品自体の数も少ないです。

限られた塗料を比較するしかなく消費者側のニーズに合致しないことも出てきます。

塗料は建物に合ったものを選ぶのが基本になりますので、選ぶ数が少ないというのは、適した建物が制限されてしまうことを意味します。

またラジカル制御型塗料は高耐候酸化チタンが主成分で顔料は白色です。

その為、ブラックやネイビーなど濃い色にラジカル制御型塗料を塗装してしまうとラジカル抑制効果を発揮できないというデメリットがあります。

ラジカル制御型の単価は2,500円~3,200円

※3回塗りの合計

1㎡あたり2,500円~3,200円

外壁塗装の価格は、塗装面積×塗料単価+足場代+諸経費になります。

おすすめラジカル制御型塗料

塗料名を選択すると、その塗料の評判や詳しい特徴などがご覧になれます

塗料名耐用年数単価メーカー
おすすめ
パーフェクトトップ
10年~12年3,800円~4,300円日本ペイント
エスケープレミアムシリコン14年~16年2,200円~2,800円エスケー化研
アレスダイナミックトップ15年2,500円~3,000円関西ペイント

最近の主流はシリコン塗料からラジカル制御型

ラジカル制御型塗料とシリコン塗料の比較
ラジカル制御型塗料シリコン塗料
価格相場2,500円~3,200円2,300円~3,000円
耐用年数12年~15年10年~15年
製品数少ない多い
シェア4%37%

ラジカル制御型塗料が発売されるまでの塗料の主流は、シリコン塗料でした。

今でもシリコン塗料はコスト的にも安く、耐用年数も10年程度持つので人気の塗料ではありますが、近年ではラジカル制御型を選ぶご家庭が多い傾向にあります。

これは住宅用に関しては、コストパフォーマンスを重視する傾向が昔からある為で、シリコン塗料よりもコストパフォーマンスで優れているラジカル制御型がシリコン塗料と並んで人気です。

塗装業者も今後の主流はラジカル制御型にあるとの意見が多いです。

ラジカル制御型塗料はおすすめの塗料

メリット
  • 塗膜の耐候性が非常に強くなる
  • コストパフォーマンス(総合メリット)が良い
  • さまざまな下地と相性が良い
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 新しい塗料の為、実績が少ない
  • 製品数が少ない
  • 濃い色が使えない

ラジカル制御型塗料は、実績の少なさは懸念材料ではありますが、大手メーカーの公表している耐用年数から信頼性も高く、今後の塗料の主流になりそうです。

今後は大手メーカー以外でもラジカル制御型塗料が発売されてくるかと思いますが、デメリットである実績面を解消する為にもなるべく大手メーカーのラジカル制御型塗料を選ぶようにしましょう。

今後はさらに種類も増えることも予想されるので、業者にとってもさらに勧めやすくなりますね。

特にパーフェクトトップ、アレスダイナミックトップはコストパフォーマンスも良く信頼性も高いのでおすすめしています。

特にパーフェクトトップは日本ペイントからのメーカー保証(品質保証)が1年間付きますので、実績面を気にする方も安心してお使いになれると思います。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者2000社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

塗料選びの参考になる記事を表示しています!