エラストコート(高弾性塗料)の口コミ・評判

エラストコートの評判

良い

  • マットな仕上がりがとても気に入りました
  • 確かに以前の塗料よりも汚れが付きずらくなった
  • 希釈の必要がないので使いやすい(職人談)
  • 臭気が少なく外装だけでなく内装でも使えるので重宝してます
  • 弾性塗料を使うという事で、塗膜の膨れが気になっていましたが、そのリスクを回避してくれる塗料という事で選びました

悪い

  • 完全乾燥までの時間が長いので工期が伸びる可能性がある
  • 他の弾性塗料よりは汚れが付きにくいけど、それほど騒ぐ効果でもない
▼数百種類の塗料をジャンル別にまとめました!

エラストコートの価格相場

※3回塗りの合計単価
(下塗りにプライマーを使った場合)

3,500円~4,000円

40坪住宅の外壁(160㎡)にエラストコートを使った場合の相場は85万円~95万円程度になります。

価格は同グレードの外壁用塗料と比較すると若干高めに設定されていますが、これはエラスコートが100%アクリル系塗料になる為です。

耐用年数は15年程度

エラストコート耐用年数は15年~20年程度
参照元:エラストコート仕様書

エラストコートの耐用年数は、耐候試験によると2,000時間(200時間で1年計算となる為10年に換算)で塗膜に異常がないことが公表されていますが、実際のところは15年程度とされています。

樹脂グレードで分類するとアクリル系塗料になります。

一般的なアクリル塗料の耐用年数は5年~7年と短いですが、これは塗料内に不純物も含まれてしまっている為でしたが、エラスコートは100%アクリル系塗料となるので、高耐久な塗膜が期待できます。

このように100%アクリル系塗料のことをピュアアクリルとも呼びます。

また、防カビ効果に加えて、汚れにも強いので綺麗な外観を長く保つことも期待できます。

撥水効果が高い為、施工後に水洗いも出来ます。

伸縮率360%の高弾性塗料

伸縮率360%の高弾性塗料

エラストコートの一番の特徴は高弾性塗料としての伸縮率になります。

伸縮率は他弾性塗料と比較してもトップクラスの360%になります。

この伸縮率よって、地震時など時に発生するクラックにも追従することができ、被害を最小限に抑えることが期待できます。

また、現在軽微なクラックが生じている外壁であれば、そのクラックを埋めるなどの補修にも適しています。

ちなみに弾性塗料のデメリットでもあった塗膜内側からの膨れにも、エラスコートは対応しています。

塗料粒子が蒸気を通す仕組みとなっているので通気性が高く、塗膜の中に空気が溜まることで発生する塗膜膨れのリスクが少なくなっています。

一般的な弾性塗料をさらに進化させた塗料がエラストコートになります。

仕上がりはマットな風合いになる

エラストコートビフォーアフター

適応下地
  • コンクリート・ブロック
  • モルタル
  • スタッコ
  • サイディング
  • 拭付け
  • 石材
  • レンガ
  • 珪藻土(けいそうど)
  • タイル
  • 木材・金属

エラストコートは、モルタル系の材料のトップコートとして塗装仕上げ用に、あるいは塗り替え用に開発された商品ではありますが、様々な下地にも対応できます。

特にクラックリスクの高いモルタルやコンクリート・ブロックなどと相性が良いですね。

つや調整はできず、つやなしのみになりますが塗料には骨材(砂、砂利、砕石等)が使われていないので、下地の風合いがそのまま表れるマットな仕上がりとなります。

標準色は40色

エラストコート色見本帳
エラストコートの標準色(クラシックカラー)は40色になります。

他塗料と比較すると、標準で用意されている色は多めです。

ちなみに外壁塗装人気色アンケートによると、人気の色はベージュ・ホワイト・グレーがTOP3という結果になりました。

エラストコート基本情報

つや つや消し
希釈剤 無希釈(原液のままお使いください)
塗装方法 中毛ローラー
乾燥時間 24時間以上
適用下地 コンクリート/モルタル/左官仕上げ材(漆喰、珪藻土、アクリル系仕上げ材など)/吹付材(弾性リシンなどの吹付仕上げ材)
注意事項 既存の壁を洗浄して汚れを取り除いてください。特にシリコンやほこりなどの粉は剥離の原因になります。

クラックの補修や、コーキングなどの必要があるときは、先にメンテナンスを済ませてから十分に乾燥期間をとってください。

他弾性塗料との比較

塗料名 メーカー 溶剤 伸縮率(気温20度) 耐久性
EC-5000PCM(IR)
(ピュアアクリル)
アステックペイント 水性1液型 600% 15年~20年
DANシリコンセラ 日本ペイント 水性1液型 400% 6年~8年
シリコンテックス 関西ペイント 水性1液型 315% 10年~15年
セラミクリーン エスケー化研 水性1液型 338% 8年~10年

エラストコートは

エラストコートは米国ケリーモア・ペイント社製塗料で、日本ではブライトン株式会社が代理店となっています。

100%アクリル系弾性コーティング剤として2009年から日本での使用が開始された塗料になります。

使用者の評判からも仕上がりの風合いや、施工後の耐久性などの面で高評価が多かったです。

クラックが気になる方、外壁にモルタルやコンクリート・ブロックを使用している人はエラスコートでの外壁塗装も検討してみるとよいでしょう。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

塗料選びの参考になる記事を表示しています!