ノキフレッシュの単価は1,900円/m2!特徴・施工例まとめ

ノキフレッシュの単価は1,900円/m2

ノキフレッシュの単価は1㎡当たり1,900円になります

軒天で使う事を想定して開発されているので、嬉しい価格設定となっていますね。

ちなみに40坪住宅の外壁にシリコン塗料を使った場合の相場は75万円程度になります

軒天にノキフレッシュを使えば付帯部の塗装費が節約することができるので相場よりも安くなることが予想できます。

アクリル系塗料なので耐久性はそれほど高くない

ノキフレッシュは塗料グレードで分類するとアクリル系塗料になり、耐久性的にはそれほど高くありません

一般的なアクリル系塗料の耐用年数は5~7年になります。

ただ、ノキフレッシュは反応硬化形の樹脂を使用していたり、透湿性が高いなどの特徴があるので一般的なアクリル系塗料よりも耐久性は高いことが期待できます。

その他、軒天という湿気の多い環境で使う事を想定されていますので、防カビ・防藻性には優れています。

過度な耐久性は期待できませんが、それでも7年以上の耐用年数は期待してもよいでしょう。

軒天以外の使い道は基本的にNG!?

【用途】
戸建て住宅、マンションなどの軒天井、上げ裏、共通廊下の天井など
ノキフレッシュ仕様書

ノキフレッシュは基本的には軒天専用の塗料で、他の箇所への塗装はあまり推奨されていません。

しかし、実際には他の箇所への塗装でも使用されているのが現状です。

軒天以外の使用箇所では、基礎の部分があります。

基礎はひび割れリスクから塗装に関しては賛否ありますが、ノキフレッシュのように水性で透湿性に優れた塗料であれば塗装も可能です。

ただ下地が痛んでいるようであればシーラーの必要はあります。

また、床下に湿気が高い地域では、すぐに剥がれて塗料の無駄遣いになる可能性が高いので、基礎の塗装はおすすめしません。

施工例

ノキフレッシュ施工例
ノキフレッシュは、塗料の中に砂状の骨材が入っているのでざらざらした仕上がりになります。

艶の状況は艶消しのみになります。

ノキフレッシュは基本的には下塗りのいらない塗料ではありますが、軒天の素材が押出成形セメント板、GRC板、PC部材の場合はシーラー(エスケーハイブリッドシーラー・マイルドシーラー)の必要もあります。

色見本

ノキフレッシュ色見本
ノキフレッシュの標準色は53色になります。

軒天に使われる色として圧倒的に人気なのは白になりますが、その他黒や黄色なども人気です。

別ページでは、軒天に使うおすすめの色をご紹介していますので、参考にしてしていただければと思います。

ノキフレッシュ特徴まとめ

  • 下塗りがいらないので工期が短く済む
  • 耐久性はそこそこ
  • ざらざらした仕上がりになる(艶なし)
  • 水性塗料の為、臭いは少ない(ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆)

ノキフレッシュは、エスケー化研が製造・販売している水性反応硬化形軒天井専用仕上塗材です。

軒天の塗装を外壁塗装と一緒に行おうと検討する方が多いかと思いますが、外壁塗装で使う塗料と軒天で使う塗料で別々なモノを使うとどうしても割高になってしまうのがネックでした。

そんな中、ノキフレッシュのように割安で、しかも下塗りの必要のない塗料はとても重宝されています。

ただし、メーカー保証のサービスはありません。

メーカー保証については『【メーカー保証】日本ペイント/関西ペイントエスケー化研まとめ』をご覧ください。

耐久性的にはそこそこ(7年程度)なので、外壁塗装でシリコン系塗料との相性がよいです。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

おすすめの記事