クールタイトSi塗料の評判【エスケー化研】

クールタイトSi塗料の評判

良い評判

  • 2006年に利用して良かったので今回もクールタイトでお願いしました
  • 長年使われている塗料という事で安心できました
  • 遮熱効果よりも屋根が汚れにくくなった気はする
  • 高日射反射率塗料ということで助成金をもらえて塗装が行えた

悪い評判

  • 倉庫系の屋根にはいいけど、一般住宅にクールタイトを塗ってもあまり効果は感じられない(職人談)
  • 屋根にクールタイトSiは耐久性の観点からおすすめできない(個人的に外壁にシリコン系で屋根はフッ素系)
▼数百種類の塗料をジャンル別にまとめました!

クールタイトSi塗料の価格相場

2,400円~2,800円/m2

ちなみに40坪住宅の屋根にクールタイトSiを使った場合の相場は30万円程度になります。

相場よりも安く屋根塗装が行えるのが特徴です。

クールタイトSiの価格内訳を見る
内容金額
仮設足場154,000円
高圧洗浄7,500円
下塗り(マイルドシーラーEPO)45,000円
中塗り(クールタイトSi)40,000円
上塗り(クールタイトSi)40,000円
養生・諸経費30,000円
消費税31,650円
合計348,150円
クールタイトSi見積もり内訳
▼外壁塗装で助成金がもらえます!

助成金もわかる相場算定ツール

https://www.nuri-kae.jp/

※算定結果はすぐにメールで届きます。

耐用年数は5年~7年

クールタイトシリーズ耐用年数
クールタイト仕様書

クールタイトSiの耐用年数はキセノランプ法により5年~7年と発表されています。

キセノランプ法とは、キセノンアーク放射と言われる太陽光とよく似た光を一定時間照射した時の劣化具合を測る試験になります。

クールタイトSiはシリコン系の塗料ではありますが、他の塗料と比較すると耐久性の面で劣る印象です。

ただ屋根表面の遮熱性も期待できるので、ガルバリウム鋼板などの屋根では金属の膨張や収縮が抑えられるため、劣化防止の役目も期待できます。

また特殊変性エポキシ樹脂も配合されているので、サビによる腐食も抑制してくれます。

スレートやセメントなどの屋根材よりもガルバリウム鋼板やトタン屋根にメリットが大きい塗料になります。

クールタイトに過度な遮熱性は期待しないほうがいい?

クールタイトの遮熱性
クールタイトの遮熱性

クールタイトSiは高日射反射塗料ということで室内温度上昇を抑制する遮熱効果も期待できます。

ただ、遮熱に関しては過度な期待はしないほうが適切でしょう。

というのも、現在の住宅では外壁内部、屋根裏には断熱材がふんだんに使われていますので早々部屋の熱は逃げません。

クールタイトSiを製造販売するエスケー化研が行った実験によれば、屋根表面度が11.6°、内部温度は4.6°抑制できたとの発表もありますが、一般住宅ではなく折半屋根の工場屋根になります。

スレートやコロニアル材質の屋根でも遮熱効果はありますが、部屋内温度は1~2°抑制できる程度になるでしょう。

クールタイトSiを使ったからと言って夏場にエアコンを使わずに過ごせるほどの効果はありませんので、過度な期待は禁物です。

標準色は26色

クールタイトSi戸建て住宅向け標準色一覧
クールタイトSi戸建て住宅向け標準色一覧

クールタイトSiの標準色は26色になります。(工場・倉庫用も合わせると41色)

遮熱性を期待するのであれば日射反射率の高い『CLR-106』『CLR-170』などのグレー系、『CLR-124』『CLR-115』などの淡い色がおすすめです。

また、工場・倉庫向け標準色としてホワイト系もありますので住宅屋根に使用しても遮熱効果は高くなります。

クールタイトSi塗料基本情報

つやつや有り
3分つや有り
希釈剤塗料用シンナー
塗装方法吹付/ローラー/刷毛
乾燥時間工程内:6時間以上
適用下地薄型塗装瓦/トタン屋根/スレート屋根
注意事項塗膜表面の不純物除去が不十分な場合、光沢のある仕上がりが得られなかったり、経年後、塗膜の膨れ、剥がれなどの原因になることがあります。

また、金属露出部がある場合は発錆防止の水洗後の水分を直ちにふき取ってください。

寒冷地や冬季に施工する場合は、朝露や結露の発生に注意してください。

また、ケレン除去により下地が露出している場合は、さび止め塗料で補修塗りを行ってください。

クールタイトSiは価格的にも手ごろでおすすめの塗料

クールタイトSiはどんな塗料?
クールタイトSiは、エスケー化研株式会社が製造・販売している屋根用遮熱塗料になります。
40坪住宅の屋根にクールタイトSiを使った場合の相場は30万円程度になります。
クールタイトSiの耐用年数は?
クールタイトSiの耐用年数は5年~7年程度です。
他の塗料と比較すると耐久性の面で劣る印象です。

クールタイトSiは、評判を見ても、実績などの面を重視してクールタイトSiを使用される方が多く、次回の屋根塗装でもリピートで使われるなど長年人気の塗料になります。

アスファルトシングルなどの屋根材にもおすすめの塗料です。

また、高日射反射率塗料ということで自治体から助成金の支給が行われている所もあります。

⇒ 外壁塗装の助成金(補助金)都道府県別一覧

価格的にもお手頃で業者がすすめやすいというのもあるかもしれませんが、耐久性の面では他同グレードの塗料に劣ります。

屋根は外壁と比較すると日中紫外線を浴び続けている劣化具合が激しい箇所になります。

今は、外壁と屋根を一緒にメンテナンスされる方が多いので、外壁にシリコン系以上の塗料を使用することを検討している方には向かない塗料です。

反対に外壁にアクリル系やウレタン系などを使う、もしくは外壁とは別で緊急にメンテナンスしたいという方であればクールタイトSiはおすすめです。

ただし、メーカー保証はありません。

塗料の中では比較的長く愛用されている実績のある塗料になりますので、業者も安心しておすすめしてくれると思います。

おすすめ相場算定ツール

当サイトでは、外壁塗装の相場算定ツール『ヌリカエ』をおすすめしています。

ヌリカエは選択式の質問にタップしていくだけで、自宅相場を算定してくれる無料ツールです。

地域の助成金の予算確認・自宅に適した塗料・火災保険使用の有無も一発で算定してくれます。

算定結果はメールでもらえるので、気軽に使ってみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ