クールタイトSiの口コミ・評判

クールタイトSiの評判

良い評判

  • 2006年に利用して良かったので今回もクールタイトでお願いしました
  • 長年使われている塗料という事で安心できました
  • 遮熱効果よりも屋根が汚れにくくなった気はする
  • 高日射反射率塗料ということで助成金をもらえて塗装が行えた

悪い評判

  • 倉庫系の屋根にはいいけど、一般住宅にクールタイトを塗ってもあまり効果は感じられない(職人談)
  • 屋根にクールタイトSiは耐久性の観点からおすすめできない(個人的に外壁にシリコン系で屋根はフッ素系)
 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別におすすめ塗料としてランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

クールタイトSiの価格相場

2,400円~2,800円/m2

ちなみに40坪住宅の屋根にクールタイトSiを使った場合の相場は25万円程度になります。

相場よりも安く屋根塗装が行えるのが特徴です。

耐用年数は5年~7年

クールタイトシリーズ耐用年数
参照元:クールタイト仕様書

クールタイトSiの耐用年数はキセノランプ法により5年~7年と発表されています。

キセノランプ法とは、キセノンアーク放射と言われる太陽光とよく似た光を一定時間照射した時の劣化具合を測る試験になります。

クールタイトSiはシリコン系の塗料ではありますが、他の塗料と比較すると耐久性の面で劣る印象です。

ただ屋根表面の遮熱性も期待できるので、ガルバリウム鋼板などの屋根では金属の膨張や収縮が抑えられるため、劣化防止の役目も期待できます。

また特殊変性エポキシ樹脂も配合されているので、サビによる腐食も抑制してくれます。

スレートやセメントなどの屋根材よりもガルバリウム鋼板やトタン屋根にメリットが大きい塗料になります。

クールタイトに過度な遮熱性は期待しないほうがいい?

クールタイトの遮熱性
クールタイトSiは高日射反射塗料ということで室内温度上昇を抑制する遮熱効果も期待できます。

ただ、遮熱に関しては過度な期待はしないほうが適切でしょう。

というのも、現在の住宅では外壁内部、屋根裏には断熱材がふんだんに使われていますので早々部屋の熱は逃げません。

クールタイトSiを製造販売するエスケー化研が行った実験によれば、屋根表面度が11.6°、内部温度は4.6°抑制できたとの発表もありますが、一般住宅ではなく折半屋根の工場屋根になります。

スレートやコロニアル材質の屋根でも遮熱効果はありますが、部屋内温度は1~2°抑制できる程度になるでしょう。

クールタイトSiを使ったからと言って夏場にエアコンを使わずに過ごせるほどの効果はありませんので、過度な期待は禁物です。

標準色は26色

クールタイトSi戸建て住宅向け標準色一覧
クールタイトSiの標準色は26色になります。(工場・倉庫用も合わせると41色)

遮熱性を期待するのであれば日射反射率の高い『CLR-106』『CLR-170』などのグレー系、『CLR-124』『CLR-115』などの淡い色がおすすめです。

また、工場・倉庫向け標準色としてホワイト系もありますので住宅屋根に使用しても遮熱効果は高くなります。

外壁の色に関しては、頭を悩ませることだと思いますので、別ページの外壁塗装の人気色ランキングを参考にされることをおすすめします。

適用下地

  • 薄型塗装瓦
  • トタン屋根
  • スレート屋根

他の遮熱塗料との比較表

メーカー 日射反射率(白) 価格(1㎡) 耐用年数 適用素材
ミラクール ミラクール 90%以上 5,090円~7,220円 10年~15年
  • トタン・カラートタン
  • ガルバリウム鋼板
  • 各種スレート
  • コンクリート
アレスクールSi 関西ペイント 70% 3,600円~3,700円 12年
  • 波形スレート
  • トタン
  • 鋼板屋根
リファイン1000Si-IR アステックペイント 99% 2,000円~2,500円 15~18年
  • コンクリート
  • モルタル
  • ALC
  • 窯業系サイディング
  • 波形スレート
  • カラー鋼板
  • アルミニウム
  • ガルバリウム鋼版
  • ステンレス
サーモアイ4F 日本ペイント 91% 3,700円〜4,000円 12~15年
  • スレート
  • 金属屋根
  • トタン
  • 化粧スレート屋根
シャネツロック ロックペイント 50%以上 2,200円~2,500円 10年
  • カラーベスト
  • コロニアル
  • モニエル
  • セメント瓦
  • トタン屋根
サーモテクト オンテックス 3,100円 12年
  • スレート
  • トタン
  • 鋼板屋根
アドグリーンコート®GL 日本中央研究所 86.8% 3,500円~3,800円 8年~12年 下地材として専用プライマーを使えばほぼ全ての屋根材に適応可能
おすすめ
ガイナ
日進産業 90% 3,800円~4,200円 15年~20年
  • コンクリート
  • モルタル
  • 非鉄金属

クールタイトSiは価格的にも手ごろでおすすめの塗料

クールタイトSiは、エスケー化研株式会社が製造・販売している屋根用遮熱塗料になります。

エスケー化研は建築仕上塗材の国内シェアでNO.1のメーカーになります。(2017年度)

評判を見ても、実績などの面を重視してクールタイトSiを使用される方が多く、次回の屋根塗装でもリピートで使われるなど長年人気の塗料になります。

また、高日射反射率塗料ということで自治体から助成金の支給が行われている所もあります。

⇒ 外壁塗装で助成金(補助金)をもらう為の6つの条件

価格的にもお手頃で業者がすすめやすいというのもあるかもしれませんが、耐久性の面では他同グレードの塗料に劣ります。

屋根は外壁と比較すると日中紫外線を浴び続けている劣化具合が激しい箇所になります。

今は、外壁と屋根を一緒にメンテナンスされる方が多いので、外壁にシリコン系以上の塗料を使用することを検討している方には向かない塗料です。

反対に外壁にアクリル系やウレタン系などを使う、もしくは外壁とは別で緊急にメンテナンスしたいという方であればクールタイトSiはおすすめです。

ただし、メーカー保証はありません。

ちなみにクールタイトSiは、別ページでまとめました遮熱性重視の方におすすめの塗料ランキングでもご紹介しています。

塗料の中では比較的長く愛用されている実績のある塗料になりますので、業者も安心しておすすめしてくれると思います。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ