シャネツロックの口コミ・評判

良い口コミ

  • 屋根用だとウチで一番出ている塗料です(職人談)
  • 遮熱効果はあまり感じられないけど、以前使った塗料よりも耐久性は良いような気がする
  • 工場屋根に塗りましたが以前より涼しくなり、体感温度も下がっている様子です

悪い口コミ

  • 遮熱効果は確かに感じるが、それでもエアコンを使わないと夏場はキツイ
  • 業者とメーカーの誇大表示には注意!確かに良い塗料ではあるけど、、、(職人談)
  • 2液型のため、塗装時にはシンナー臭がします
 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別におすすめ塗料としてランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

シャネツロックの価格相場

1㎡あたり2,200円~2,500円(屋根用シャネツロックルーフSi)

1㎡あたり3,300円~3,700円(外壁用)
※3回塗りの合計単価になります

ちなみに40坪住宅の外壁にシャネツロックを使った場合の相場は75万円程度になります。

相場通りで外壁塗装が行えますし、耐久性にも優れているのが特徴です。

耐用年数は10年程度

シャネツロック耐用年数
参照元:シャネツロック仕様書

シャネツロックは、弱溶剤二液型シリコンウレタン樹脂塗料(樹脂グレードはシリコン系)で製造元であるロックペイントによるメタルハライド促進耐候性試験により耐用年数は10年程度とされています。

メタルハライド促進耐候性試験とは、光、熱、水などの屋外での劣化因子を人工的に再現し、短期間で製品の長期耐久性を評価する試験になります。

エマルション塗料の特徴でもありますが、塗膜が硬化する際に反応剤によって架橋反応が発生することで強固な塗膜を形成してくれるのが特徴です。

シャネツロック利用者からの口コミでも、2液型のシャネツロックの耐久性を推奨している声もありました。

また、ウレタン樹脂も配合されているので地震などの際の衝撃や、冬場の寒暖の差による塗膜の割れも起きにくくなっていることも耐久性が向上する要因となっています。

遮熱効果で約7°~19°屋根表面温度が低減


シャネツロックの一番の特徴は遮熱効果にあります。

シャネツロックと一般的な塗料では屋根表面温度に7°~19°の違いが出て、室内壁面の温度にも2°ほど低減されたとの実験結果がありました。

ただ、シャネツロックを勧めてくる業者の中にはシャネツロックの遮熱効果を誇大して『夏場快適に過ごせます』などと言ってくる所もありますが、そこまでの遮熱効果は正直ありません。

室内壁面温度が2°低減しても夏場の室内は快適ではありませんし、口コミもエアコンは必要だとありました。

シャネツロックに過度な期待は禁物です。

それでもエアコンの設定温度が22°から24°に変わるといった変化はのぞめます。

遮熱塗料は省エネリフォームとして助成金の対象となる

シャネツロックは東京都環境局が定めるクールルーフ推進事業対応商品
シャネツロックは東京都環境局が定めるクールルーフ推進事業対応商品になります。

クールルーフ推進事業とは、都心7区(代田区、中央区、港区、新宿区、台東区、品川区、目黒区)を対象とした環境省が2005年から屋上を緑化や、高反射率塗料で屋根を被覆したりすることで、屋根の表面温度を下げて空調負荷を軽減しCO2の発生やヒートアイランド現象を抑えることが目的で、それらに寄与した事業には助成金が支給されます。

ただ、助成金を受ける為には条件があり、それらを満たす必要があります。

また各自治体でもシャネツロックによる省エネリフォームが助成の対象となるところもあります。

各自治体で定める条件を満たすことで助成を受けることができますので、有効に使いましょう。

なお、外壁塗装における助成金に関しては以下ページで自治体の情報と一緒にまとめましたので、参考にしてください。

実績的には大手塗料に劣る?

遮熱塗料の分野では確固たるシェアを誇るシャネツロックですが、それでも大手塗料には実績面で劣ると言わざるを得ません。

中でも遮熱塗料では日本ペイントのサーモアイシリーズは日本の屋根環境を想定した造りになっていて、シリコン系のSiとフッ素系の4Fと建物の条件によって耐久性が選べるとして重宝されています。

業者側の意見でもサーモアイを推奨する声が多かったですね。

屋根は遮熱との事ですので、下塗りに遮熱機能を持たせたW遮熱効果のサーモアイシステムを。
下塗りサーモアイシーラー(1回)、上塗りにサーモアイSi(2回)。コロニアル(屋根)は紫外線での劣化が著しい為、下塗りに外壁同様エポキシ浸透タイプ(下塗りに遮熱機能+)上塗りは遮熱シリコン屋根用塗料を推奨の下塗り・上塗り遮熱のW遮熱システムになります。
外壁塗装の知恵ノート

シャネツロック、サーモアイどちらも遮熱効果が望める塗料になりますが、価格面で言えば若干シャネツロックのほうが安いです。

比較して検討するようにしてください。

他の遮熱塗料との比較表

メーカー 日射反射率(白) 価格(1㎡) 耐用年数 適用素材
アレスクールSi 関西ペイント 70% 3,600円~3,700円 12年
  • 波形スレート
  • トタン
  • 鋼板屋根
リファイン1000Si-IR アステックペイント 99% 2,000円~2,500円 15~18年
  • コンクリート
  • モルタル
  • ALC
  • 窯業系サイディング
  • 波形スレート
  • カラー鋼板
  • アルミニウム
  • ガルバリウム鋼版
  • ステンレス
サーモアイ4F 日本ペイント 91% 3,700円〜4,000円 12~15年
  • スレート
  • 金属屋根
  • トタン
  • 化粧スレート屋根
クールタイトSi エスケー化研 80%以上 2,400円~2,800円 6年~8年
  • 薄型塗装瓦
  • トタン屋根
  • スレート屋根
サーモテクト オンテックス 3,100円 12年
  • スレート
  • トタン
  • 鋼板屋根
アドグリーンコート®GL 日本中央研究所 86.8% 3,500円~3,800円 8年~12年 下地材として専用プライマーを使えばほぼ全ての屋根材に適応可能
おすすめ
ガイナ
日進産業 90% 3,800円~4,200円 15年~20年
  • コンクリート
  • モルタル
  • 非鉄金属

シャネツロックは価格重視の方におすすめの塗料

シャネツロックはロックペイントが製造販売する太陽光高反射率塗料になります。

扱っている業者も多く、価格も安価なので利用者も多い塗料になります。

口コミでは、遮熱効果を感じられたとの声もありましたが、その反面『期待したほどではなかった』との声もありました。

遮熱塗料は高反射率塗料でヒートアイランド現象の抑制も期待できる環境にも優しい塗料になりますし、助成の対象になる自治体もありますので使用の検討をおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます