外壁塗装の価格のうちおよそ10%~15%を占めているのが足場代になります。

そんな足場代がキャンペーンなどで無料となっているケースを時々目にしますが、足場代無料には業者側の意図もしっかりとあることをよく理解しておきましょう。

足場代無料が出来る業者のカラクリと無料にできる業者の仕組みをご紹介します。

  外壁塗装におけるよくあるトラブルを対策と共にまとめましたのでご覧ください。

⇒ 外壁塗装のよくあるトラブル事例集まとめ

足場代無料が出来る業者はそもそもの価格が高い


外壁塗装業者の中で足場代無料を掲げて集客を行っている所があります。

施主からしたらお得感がありますから心が揺らいでしまいますが、適正価格かどうかは冷静な判断が必要です。

一般的に外壁塗装の利益率は20%~50%の範囲に定められている所が多いです。

例えば、外壁塗装の費用が100万円だった場合、業者の利益は20万円~50万円ということですね。

足場代無料が単純に、この業者の利益の中から出ていくものであればかなり利益を圧迫するものだということが分かるかと思います。

利益率20%程度で外壁塗装を行っている業者であれば赤字になるかもしれません。

もうお分かりかと思いますが、足場代無料で見積りを提示できる業者はそもそもの利益率が高い、いわゆる相場よりも価格が高い業者である可能性が非常に高いということが言えるわけです。

外壁塗装の費用の内訳

品名 規格・寸法 数量 単価 金額
架設足場組払い 単管足場 190㎡ 800 152,000円
養生費 ロールマスカー・ブルーシート 130㎡ 300 39,000円
高圧洗浄代 ガソリン式 160㎡ 150 24,000円
下塗り1回 水性シーラー 130㎡ 400 52,000円
上塗り2回 水性シリコン 130㎡ 1,400 182,000円
諸経費 一般管理費 30,000円
479,000円
消費税(10%) 47,900
合計 526,900

上記の内訳を見てもらっても分かるかと思いますが、外壁塗装の費用でも足場代に占める割合が大きいのが分かります。

実際にはこの費用に加えて、付帯部(軒天・樋・破風板・ベランダなど)の塗装が加わることになるかと思いますが、それでも足場代が占める割合は全体価格の15%~20%になるでしょう。

業者利益の中から足場代を無料にすることがいかに大変かが分かりますね。

ちなみに足場代は、足場架面積×平米単価で求めることができます。

足場架面積とは、実際に足場をかける面積のことで建物の外周(プラス8m)×高さになります。

足場をかけずに塗装することは可能なのか?

では足場を組まずに外壁塗装を行ったら塗装費用を抑えることができるのでしょうか?

答えはイエスですが、現在の建物は2階建てが多いこともあってほぼ全てのケースで足場は組まれることになります。

これは人が手を伸ばしても届かない箇所の塗装には足場が必要になるという作業性向上の観点と、職人の足元の確保による安全性の確保によるものです。

急勾配(屋根傾斜6寸以上)屋根の塗装や足場が組めない狭いエリアでは、ロープアクセス工法と言われる屋上からロープを使って塗装する方法もありますが、作業性はかなり悪いです。

現状、外壁塗装では足場を組むかロープアクセス工法によって塗装するかの二択になりますが、ロープアクセス工法では作業性が悪く工期も長くなることから業者も扱っていない所がほとんどです。

ただ、平屋の場合では足場を組まずに脚立だけで塗装が行われることもあります。

2階建ての建物であれば足場は必ず必要になると言ってもよいでしょう。

足場代が他の工程に上乗せされている可能性がある

樹脂 相場単価(1㎡)
アクリル塗料 1,400~1,600円
ウレタン塗料 1,700~2,200円
シリコン塗料 2,300~3,000円
ラジカル制御形塗料 2,500~3,000円
フッ素塗料 3,800~4,800円
光触媒・無機系塗料 4,500~5,500円
高圧洗浄費 100円~300円
養生費 300~500円

足場代無料でよく見られるのが、足場代が他の工程に上乗せされているケースです。

一見すると足場代が無料なのでお得な印象ではありますが、その他の塗装代や高圧洗浄費、諸経費、養生費の価格が相場よりも高くなっていて全体の価格で見るとそう安くはなっていないことがあります。

足場代だけでなく全体の価格で判断することが大切になります。

上記の各工程における平均的な相場をよく確認しておくことをおすすめします。

足場を安くできる業者もある

足場代が外壁塗装業者にとって大切な利益となっていることがお分かりになっていただけたかと思いますが、それでも企業努力によって足場代を安く設定してくれるところもあります。

そもそも塗装業者は足場を以下の4つの方法によって用意しています。

  1. 業者自身が足場を持っていて、自社職人を使ってで組む
  2. 業者が足場屋から足場をリースして、自社職人を使って組む
  3. 業者が足場屋さんに頼んで組んでもらう
  4. 業者が足場屋さんに頼んで、足場屋さんがリースして組んでもらう

企業努力によって足場代を安くできるのは1の自社の足場を自社の職人を使って組むケースのみになります。

塗装業者にとって足場はなくてはならない設備ではありますが、自社で保有するとなると保管スペースが別途必要になります。

また、足場も自社で組むとなると、2階建ての建物の外壁塗装をする際には、足場の組立て等作業主任者の資格が必要になりますから(足場の組立て等作業主任者)、資格取得費や人員の確保も必要になるわけです。

このような理由から足場はリースして使う業者が多いです。

反対に足場を保有している業者はある程度の仕事量も確保できることの証明にもなります。

足場代無料は難しくても安く設定している所もありますから、自社で足場を保有している業者であれば足場代が安くなっている可能性があります。

足場代無料でもしっかりと価格の比較はしましょう

足場代無料や足場代キャンペーンなどと言った釣り文句は今ではかなり見られるようになりましたが、今回ご紹介したカラクリを理解してしっかりと業者の価格の見極めをするようにしましょう。

中には本当に地域の実績作りの為にキャンペーンを行っている所もありますから、安易に怪しいと判断せずに全体の価格から判断してください。

外壁塗装における業者の利益率は20%~50%です。

足場代無料の提案を受けたら、このあたりを確認するようにしましょう。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ