おすすめの色
  1. ベージュ
  2. ブラウン
  3. クリーム
  4. ホワイト
  5. グレー

外壁塗装で毎年人気の色はベージュやブラウンになります

ただ、その年の旬の色を使って塗装するのもおしゃれですね。

色選びは楽しい反面、とても頭を悩ませるタネで仕上がりの色がイメージと違うと言ったトラブルもよく発生しています。

色選びで失敗しない為に、ランキング形式で色を紹介したり、おしゃれな外壁塗装集のページを作りました。

その他、ベランダや軒天などの付帯箇所の色についてもおすすめの色をまとめました。

是非とも、色選びの参考にしていただければ幸いです。

▼とりあえずいくらか知りたい方はこちら!

【無料/45秒】メールで概算見積りする

https://www.nuri-kae.jp/

人気の色ランキングを参考にする

日本の3大塗料メーカーである株式会社アステックペイントジャパンが発表している出荷量データによるランキングになります。

順位 チップ 色番号 色名 イメージ
1位 外壁人気色ランキング1位『ブロークンホワイト』 8091 ブロークンホワイト ブロークンホワイト仕上がりイメージ
2位 外壁人気色ランキング2位『クールホワイト』 9010 クールホワイト クールホワイト仕上がりイメージ
3位 外壁人気色ランキング3位『カラーボンドベイジュ』 8083 カラーボンドベイジュ カラーボンドベイジュ仕上がりイメージ
4位 外壁人気色ランキング4位『チャコール』 8079 チャコール チャコール仕上がりイメージ
5位 外壁人気色ランキング5位『カラーボンドアイアンバーグ』 8074 カラーボンドアイアンバーグ カラーボンドアイアンバーグ仕上がりイメージ
▼384人にアンケートを行って人気の色をランキングしました!

ツートンカラーのおすすめ組み合わせ例

おすすめ組み合わせ例
  • ベージュ系×グレー系
  • イエロー系×ブラウン系
  • ホワイト系×ピンク系
  • ブルー系×ホワイト系
  • ピンク系×レッド系

ツートンカラーとは、外壁を2色で仕上げる塗装方法です。

ツートンカラーは昔から根強い人気があり、現在でも外壁塗装の定番の仕上げになります。

ただ、1色で仕上げるよりも、配色のバランスがあるので頭を悩ませることも多く、実際に配色で失敗したと感じる方もいらっしゃいます。

配色には、PCCS(Practical Color Co-ordinate System:日本色研配色体系)の色相環を使うなどして、色を組み合わせることをおすすめします。

屋根色はブラックがおすすめ

外壁塗装と一緒に屋根塗装も一緒に検討される方もいらっしゃるかと思いますが、屋根色はブラックが毎年人気の色となっています。

屋根は外壁とは違い日中太陽光を浴び続けることになりますので、劣化も外壁よりも早いです。

なのでピンク系やオレンジ系、イエロー系などの明るい色を当てると汚れが目立ったり、塗装のくすみが目立ってしまうことになります。

ブラックは比較的、何色の外壁とも相性が良いので組み合わせに関しても問題ないのも人気の理由になります。

軒天のおすすめはホワイト

軒天おすすめ色ランキング
  • ホワイト
  • クリア(透明色)
  • イエロー
  • ブラック
  • クリーム色

軒天(のきてん)とは、屋根の裏側の天井の事で外壁から外側に突き出して見える部分を言います。

あまり取りざたされることがない軒天の色ですが、実は建物を下から見た時にとても印象に残る箇所でもあります。

軒天の色のおすすめはホワイトになりますが、軒天の材質に木材調を使っているようであれば素材を活かしたクリア系もおしゃれですね。

またイエローなどを使ってアクセントを付けて外壁や屋根とは全く違う色を選択するのも建物のイメージアップに繋がります。

外壁や屋根だけでなく軒天もカラーシミュレーションして、建物全体のイメージで色を決めるようにしましょう。

ベランダの色のおすすめはホワイト

外壁に合うベランダの色例
  • 【外壁】ベージュ【ベランダ】ブラウン
  • 【外壁】ヤララブラウン【ベランダ】ホワイト
  • 【外壁】ピンク【ベランダ】ホワイト
  • 【外壁】グレー【ベランダ】ホワイト
  • 【外壁】ブルー【ベランダ】ブラウン
  • 【外壁】ホワイト【ベランダ】ベージュ
  • 【外壁】オレンジ【ベランダ】グリーン

外壁塗装を検討するとベランダの色に迷われる方もいらっしゃいます。

ワントーン(1色塗り)で外壁と同じ色でベランダの色を統一するのは無難ではありますが、建物にアクセントを入れたい方にとっては外壁の色とベランダの色の組み合わせはとても大切です。

おすすめはホワイト系ではありますが、ブルーなどを使ってアクセントとして使ってもおしゃれですね。

ベランダの塗装面積は結構広いので、建物の印象を決める大切な箇所になります。

外壁と違う色を選ぶ人は慎重に色を決めるようにしましょう。

カラーシミュレーションを有効に使う

カラーシミュレーションを使う前の注意点
  • ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーを理解する
  • カラーシミュレーションでは100%正確に色は確認できない
  • 業者側からするとカラーシミュレーションはクレームの元?

少し前のカラーシミュレーションでは、建物をデジカメで撮影してパソコンで範囲を指定して色をシミュレーションしていくという方法が一般的でしたが、最近ではとても使い勝手が良くなりました。

ただし過度な期待は禁物で、カラーシミュレーションで希望の色の目星を付けたら必ず業者に大きめの板にその色を塗装してもらって、実際に太陽光の下で色を見るようにしてください。

昼間の太陽光は白っぽく、夕方の太陽光はオレンジっぽく見えます。

また色の面積効果(面積の大きさによって色の見え方が変わること)の兼ね合いも考慮して色を決定するようにしましょう。

まずは、カラーシミュレーションをどんどん使ってめぼしい色を見つけましょう。

外壁塗装に奇抜な色を使うのは控える

鮮やかな色味には注意が必要
他の建物とは違う色にしようと外壁を奇抜な色で塗装しようとする方がいますが、あまりおすすめはしません。

理由は、黄色や緑色、紫色、赤色などの原色は近所との景観との差が強調されてしまい、浮いた建物となってしまう可能性があるからです。

反対に、黄色や緑色、紫色、赤色でも薄い色は近隣とも馴染みやすいのでおすすめの色です。

外壁の汚れが気になる方はグレー系がおすすめ

グレー系外壁塗装のメリット
  • 汚れが目立ちにくい
  • 近所の建物と色で喧嘩しない
  • 経年劣化に強い
  • シンプルモダンな仕上がりになる

外壁の汚れが気になる方にグレー系(ナチュラルグレー)の色をおすすめします。

グレー系は汚れが付着しても目立ちにくいですし、コーキングの補修などを施しても目立ちにくいというメリットがあります。

ただ、デメリットとしてツートンでホワイトと配色するとボケたイメージになることや、ダークグレーは色落ちが目立つちます。

どうしても外壁塗装というと、仕上がりの見栄えばかりに気が行きますが、施工後2~3年すると経年劣化として色落ちや汚れの付着なども出てきます。

なので安易にホワイトが爽やかだからいい!と言って決めると、年数とともに汚れが目立って逆に不衛生な印象な建物になることもあります。

外壁塗装後も建物のイメージが変わらない事を望む方にグレー系の外壁塗装をおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

外壁塗装おすすめ色の記事一覧