30年持つ塗料は存在する!?本当に30年外壁塗装しないとどうなる?

外壁塗装に使われる塗料の中で『30年持つ』とうたっている塗料がいくつか存在します。

ただ、簡単にその言葉を鵜呑みにしてはいけません!

最初に結論から言ってしまえば、必ず30年持つなんていう塗料は存在しません!

外壁塗装における耐久性の概念から30年持つと言われる塗料の劣化具合、もしも30年外壁塗装しないとどうなるか、耐久性重視の方が本当に選ぶべき塗料についてまとめましたので、参考にしていただければと思います。

外壁塗装における『持つ』の定義とは?

まず最初によく言われる『持つ』の定義から紹介します。

外壁塗装で使われる『持つ』とは、耐久性を意味し前回の塗装から次回の塗装まで外壁塗装せずに建物に不具合がでないことを意味しています。

ただ外壁塗装は安いサービスではありませんので、できれば強固な塗膜で長期間外壁を保護してくれる塗料が望ましいとされています。

ちなみに塗膜の主な劣化症状としては、チョーキング現象(白亜化現象)、ひび割れ、カビ・藻の付着などがあります。

長期間『持つ』塗料というのは、これらの主な症状が発生しない、または軽症な具合で済む塗料になります。

30年外壁塗装しないことで起こる建物への不具合

老朽化した建物
老朽化した建物
外壁塗装しないことで起こる不具合
  • 雨漏り
  • シロアリ
  • 建物が傾く
  • カビの繁殖による病気の感染

30年外壁塗装しないと建物にはさまざまな症状が発生してしまいます。

まず外壁塗装しないことで発生する可能性が一番高い不具合は雨漏りです。

雨漏りと聞くと屋根からをイメージする方も多いかと思いますが、実は屋根以外の外壁からも雨漏りします。

例えば、ひび割れた外壁の隙間から水が浸透して建物内部に雨漏りするケースがありますし目地部分に施してあるコーキング部分からも雨漏りは発生します。

ひび割れやコーキングの劣化は外壁塗装と一緒に修繕する箇所です。

雨漏りしている建物は室内に湿気がこもっている状態になるのでカビ菌が発生し病気の感染リスクも上昇してします。

また雨漏りが発生する事でシロアリが好む状態(床下の湿気、木材の腐食、日陰)を作ることになります。

シロアリが発生すれば建物の基礎木材を食べられしまうので、建物の傾きの原因にもなり最悪の場合倒壊の危険性もでてきます。

このように30年外壁塗装しないと建物自体がダメになってしまう可能性もあります。

▼外壁塗装で助成金がもらえます!

助成金もわかる相場算定ツール

https://www.nuri-kae.jp/

※算定結果はすぐにメールで届きます。

30年持つどころか15年も持たない?

30年持つ塗料の興味深い動画を紹介します。

上記動画は30年持つ塗料と勧められて外壁塗装しましたが、30年を待たずして次回の外壁塗装のタイミングを迎えてしまっています。

ちなみにチョーキング現象で、ボロボロと落ちているのが塗膜です。

塗膜が落ちれば下地(壁)に直に雨、風、紫外線などがあたることになり、ひび割れが起き雨漏りへと発展していきます。

30年持つと言われる塗料ですが、実際のところはよくて15年程度の耐久性だと言ってよいでしょう。

巷で『30年持つ』と言われている塗料の劣化が早い理由

巷で『30年持つ』と言われている塗料ですが、その多くはセラミック塗料になります。

セラミック塗料とは、通常の塗料に無機系の鉱物であるセラミックが配合された塗料のことを言います。

セラミック塗料自体は悪いものではなく、意匠性(いしょうせい)や透水性の機能性向上が見込める添加剤になります。

特徴として無機質な点がありますが、この点を強調して無機質な塗料だから劣化しづらいというセールストークを受けている方が多いのが実情です。

しかし、塗料の耐久性はあくまでも使用される樹脂によって決まり、セラミックが配合されていても塗膜の耐久性は向上しません。

そして、巷で出回っている30年持つ塗料ではシリコン樹脂がよく使われる傾向にあります。

シリコン塗料の耐久性は、10年~15年が相場になりますので、当たり前ですが30年待たずして塗膜の劣化が発生するというわけです。

『30年持ちます!』とセールストークを受けたら、配合されている樹脂を聞くようにしてください。

耐久性重視の方は『フッ素系』か『無機系』がおすすめ

もしも本当に外壁塗装に耐久性を重視するのであれば、フッ素系塗料か無機系塗料の塗料をおすすめします。

フッ素系塗料とは、顔料(定着剤、着色剤など)とフッ素樹脂が配合された塗料になります。

建物に使用される塗料としては最高級グレードになります。

無機塗料とは、一般的な塗料(顔料・樹脂・添加剤・溶剤or水)に無機物を配合させた塗料になります。

塗膜の劣化原因である炭素含有量が少ないので高耐久が期待できます。

どちらの塗料も外壁塗装で使用される塗料としては高価になりますが(フッ素系塗料3,800円~4,800円/㎡、無機系塗料4,500円~5,000円/㎡)、そのぶん耐久性が高く建物のトータルコストで見るとメリットの大きい塗料になります。

ただ、やはり残念ながらどちらの塗料も30年持つことはなく、耐用年数は15年~20年が相場となっています。

現時点では、外壁塗装で使われる塗料の中では最高級に耐久性の高い塗料になりますので、耐久性を重視される方はフッ素系塗料か無機系塗料をおすすめします。

30年持つ塗料は存在しない!

30年持つ塗料を勧められたら行う事
  • 配合されている樹脂を訪ねる
  • 30年持った日本での事例を聞く
  • 『フッ素系塗料』『無機系塗料』と比較する

巷で30年持つと言われる塗料について紹介しましたが、必ず30年持つ(30年間メンテナンス不要)塗料は存在しません

本当に30年外壁塗装しないと建物が劣化でダメになってしまいます。

日本では関西ペイント・日本ペイント・エスケー化研を筆頭に数多くの塗料メーカーが存在していますが、それら名だたるメーカーでは30年の耐久性をうたっている塗料はありません。

30年持つと言われる塗料を扱っている業者は、オリジナル塗料(大手塗料メーカー以外の塗料)の日本での実績の少ないものになります。

特に訪問販売業者が扱う塗料としても有名ですので、即決せずに必ず他塗料と比較するようにしてください。

現在、出回っている高耐久な塗料は『フッ素系塗料』『無機系塗料』で、耐用年数は20年程度なります。

外壁塗装に耐久性を求める方は、これらの日本での実績の多い塗料をおすすめします。

おすすめ相場算定ツール

当サイトでは、外壁塗装の相場算定ツール『ヌリカエ』をおすすめしています。

ヌリカエは選択式の質問にタップしていくだけで、自宅相場を算定してくれる無料ツールです。

地域の助成金の予算確認・自宅に適した塗料・火災保険使用の有無も一発で算定してくれます。

算定結果はメールでもらえるので、気軽に使ってみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ