30年持つと言われる塗料の真実

外壁塗装に使われる塗料の中で『30年持つ』とうたっている塗料がいくつか存在します。

ただ、簡単にその言葉を鵜呑みにしてはいけません!

最初に結論から言ってしまえば、必ず30年持つなんていう塗料は存在しません!

外壁塗装における耐久性の概念から30年持つと言われる塗料の劣化具合、耐久性重視の方が本当に選ぶべき塗料についてまとめましたので、参考にしていただければと思います。

▼とりあえずいくらか知りたい方はこちら!

【無料/45秒】メールで概算見積りする

https://www.nuri-kae.jp/blank

 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別におすすめ塗料としてランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

外壁塗装における『持つ』の定義とは?

まず最初によく言われる『持つ』の定義からご紹介します。

外壁塗装で使われる『持つ』とは、耐久性を意味し前回の塗装から次回の塗装まで外壁塗装せずに建物に不具合がでないことを意味しています。

外壁塗装は建物の性能維持において必須メンテナンスになりますが、怠るとひび割れが発生し、そこから雨漏りリスクが発生する可能性が上がってしまいます。

ただ外壁塗装は安いサービスではありませんので、できれば強固な塗膜で長期間外壁を保護してくれる塗料が望ましいとされています。

ちなみに塗膜の主な劣化症状としては、チョーキング現象(白亜化現象)、ひび割れ、カビ・藻の付着などがあります。

長期間『持つ』塗料というのは、これからの主な症状が発生しない、または軽症な具合で済む塗料になります。

30年持つどころか15年も持たない?


上記動画は、巷で30年持つと言われる塗料の塗装後13年経過した様子ですが、かなり劣化(チョーキング現象)が進んでいるのが分かります。

30年を待たずして次回の外壁塗装のタイミングを迎えてしまっています。

ちなみにチョーキング現象で、ボロボロと落ちているのが塗膜になります。

塗膜が落ちれば下地(壁)に直に雨、風、紫外線などがあたることになり、ひび割れが起き雨漏りへと発展していきます。

最悪の場合、壁の中に湿気がたまってしまって基礎が腐ってしまって、白アリによって建物がボロボロにされてしまうことも考えられるわけです。

30年持つと言われる塗料ですが、実際のところはよくて15年程度の耐久性だと言ってよいでしょう。

巷で『30年持つ』と言われている塗料の劣化が早い理由

巷で『30年持つ』と言われている塗料ですが、その多くはセラミック塗料になります。

セラミック塗料とは、通常の塗料に無機系の鉱物であるセラミックが配合された塗料のことを言います。

セラミック塗料自体は悪いものではなく、意匠性(いしょうせい)や透水性の機能性向上が見込める添加剤になります。

特徴として無機質な点がありますが、この点を強調して無機質な塗料だから劣化しずらいというセールストークを受けている方が多いのが実情です。

しかし、塗料の耐久性はあくまでも使用される樹脂によって決まり、セラミックが配合されていても塗膜の耐久性は向上しません。

そして、巷で出回っている30年持つ塗料ではシリコン樹脂がよく使われる傾向にあります。

シリコン塗料の耐久性は、10年~15年が相場になりますので、当たり前ですが30年待たずして塗膜の劣化が発生するというわけです。

『30年持ちます!』とセールストークを受けたら、配合されている樹脂を聞くようにしてください。

耐久性重視の方は『フッ素系』か『無機系』がおすすめ

もしも本当に外壁塗装に耐久性を重視するのであれば、フッ素系塗料か無機系塗料の塗料をおすすめします。

フッ素系塗料とは、顔料(定着剤、着色剤など)とフッ素樹脂が配合された塗料になります。

建物に使用される塗料としては最高級グレードになります。

無機塗料とは、一般的な塗料(顔料・樹脂・添加剤・溶剤or水)に無機物を配合させた塗料になります。

塗膜の劣化原因である炭素含有量が少ないので高耐久が期待できます。

どちらの塗料も外壁塗装で使用される塗料としては高価になりますが(フッ素系塗料3,800円~4,800円/㎡、無機系塗料4,500円~5,000円/㎡)、そのぶん耐久性が高く建物のトータルコストで見るとメリットの大きい塗料になります。

ただ、やはり残念ながらどちらの塗料も30年持つことはなく、耐用年数は15年~20年が相場となっています。

現時点では、外壁塗装で使われる塗料の中では最高級に耐久性の高い塗料になりますので、耐久性を重視される方はフッ素系塗料か無機系塗料をおすすめします。

30年持つ塗料は存在しない!

30年持つ塗料を勧められたら行う事
  • 配合されている樹脂を訪ねる
  • 30年持った日本での事例を聞く
  • 『フッ素系塗料』『無機系塗料』と比較する

巷で30年持つと言われる塗料についてご紹介しましたが、必ず30年持つ(30年間メンテナンス不要)塗料は存在しません

日本では関西ペイント・日本ペイント・エスケー化研を筆頭に数多くの塗料メーカーが存在していますが、それら名だたるメーカーでは30年の耐久性をうたっている塗料はありません。

30年持つと言われる塗料を扱っている業者は、オリジナル塗料(大手塗料メーカー以外の塗料)の日本での実績の少ないものになります。

特に訪問販売業者が扱う塗料としても有名ですので、即決せずに必ず他塗料と比較するようにしてください。

⇒ 外壁塗装の訪問販売による被害事例

現在、出回っている高耐久な塗料は『フッ素系塗料』『無機系塗料』で、耐用年数は20年程度なります。

外壁塗装に耐久性を求める方は、これらの日本での実績の多い塗料をおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページblank
ヌリカエblank