外壁塗装にアトモスを使った方の評判【アペティー】

アトモスの評判

良い評判

  • 日光があたるとキラキラしてかなり高級感を感じられる
  • 石目調に仕上げたい方にはおすすめです
  • 高いけど耐久性に優れているので選びました
  • 向かいの方が塗料の開発職の方で、その方がおすすめしてくれました

悪い評判

  • とにかく他の塗料と比較すると高かった
  • 訪問販売業者がよく使う塗料ですよね
  • 10年せずに手で触るとボロボロと砂のように取れた
  • カラーバリエーションが少なくて残念
  • 施工後2年でヒビが入りました
▼数百種類の塗料をジャンル別にまとめました!

耐用年数は15年~20年程度

高温で焼成した無機質骨材と高品質エマルションを主成分にしているため、長期間にわたり劣化による目立ったひび割れ(※1)や著しい変色(※2)が見られないなど、優れた耐久性・耐候性を実現し、建物を長きにわたって保護します。
アトモス製品情報|株式会社アペティー

アトモスを製造・開発している株式会社アペティーから、アトモスに関する正式な耐用年数の公表はありません。

アトモスは塗料にホタテの貝殻が配合されているセラミック塗料になりますが、セラミック塗料の特徴として耐用年数の長さがあります。

セラミック塗料とは、通常の塗料に無機系の鉱物であるセラミックが配合された塗料のことを言います

配合されているセラミックが塗膜劣化(色あせ、剥がれ、乾燥など)の原因である紫外線からガードしてくれる効果が期待できるのが特徴。

アペティーから正式な耐用年数の公表はありませんが、アトモスを扱う業者はだいたい20年程度の耐久性があると紹介しています。

一般的に15年~20年程度と考えて良さそうです。

塗料の耐久性では最高級だと言っていいかもしれません。

ただし過度な期待は禁物です。

業者の中にはアトモスが30年の耐久性があると紹介するところもあります。

確かに塗料に含有されているセラミックに関しては無機物なので30年劣化しないかもしれませんが、塗料の耐久性は含有されている樹脂によります。

セラミックが含有されているからと言って耐久性が上がるものではないことは肝に命じておきましょう。

ちなみにアトモスのセラミックは耐衝撃性に強いセラミック塗料になるので、ひび割れリスクに関しても改善されています。

アトモスの価格は10,000円~14,000円/1㎡

1㎡あたり10,000円~14,000円

アトモスの単価は1㎡あたり10,000円~14,000円と他の塗料の2~3倍の価格になります。

かなり高級な塗料と言ってよいでしょう。

これはアトモスが持つ耐久性や意匠性、断熱性などの性能が加味された価格になっています。

しかし、高いですね。

外壁塗装に費用対効果を求める方にはアトモスはおすすめしません。

反対に他の家とは違った仕上がりや高級感のある演出を好む方にはアトモスは満足度の高い塗料になるでしょう。

ちなみに40坪住宅の外壁にアトモスを使った場合の相場は150万~200万程度になります。

一般的な価格よりも高くはなりますが、その分耐久性に優れているのが特徴です。

アトモスによる施工例が少ない?

アトモス出荷実績グラフ
画像参照元:株式会社アペティー

インターネット上でアトモスの施工例を検索しても他の塗料と比較して少ないことに気が付くかと思います。

そもそも現在の塗料シェアは大手塗料メーカーである『日本ペイント』『エスケー化研』『関西ペイント』で市場の9割を占めていると言われています。

残りの1割をアペティーを含む他の塗料メーカーで争っているわけですから、他の塗料と比較するとアトモスの実績は少ないと言わざるを得ません。

ただ、アトモスの実績的には問題ないレベルになります。

出荷実績も年々増加していますし、2019年の実績で言えばアトモスで外壁を塗装した件数は6,500件以上(一棟あたり30缶計算)にもなります。

出回っている情報(SNS・ブログなど)が少ないから実績が少ないと思うのは早計です。

アトモスは訪問販売業者がよく使う塗料だから評判が悪い

アトモスの評判を調べていると、訪問販売業者がよくアトモスを使っているという事で、アトモスの評判も悪くなっている現状があります。

訪問販売業者はどうしても、人海戦術による営業でサービスに人件費を乗せて消費者に提供しなければ利益率が悪くなるため、相場よりも価格が高くなる傾向にあります。

また、アトモスを扱う業者の中には法外な価格で提供して、工事もずさんな業者も存在しています。

アトモスの耐久性の高さを逆手にとって、耐久性が高いから価格も高いと外壁塗装の売り込みを行うわけです。

このような業者(主に訪問販売業者)によって、アトモスの評判が悪くなっていますが、アトモスの品質は他塗料と比較しても高いです。

吹き付け工法は職人によるスキルが大切

吹き付け工法とは、ガンスプレーなどの吹付け機械を用いて、塗料を噴射させて仕上げる塗装方法です。

不慣れな職人が吹き付け工法を行うと、吹きムラや液ダレが発生し見栄えが悪くなります。

施工後にはひび割れの可能性もあります。

塗料を噴射させるので風の影響も加味して塗装を行う必要があり、経験不足な職人だと近隣に塗料をまき散らすことにも繋がります。

業者選定もさることながら、その業者にアトモスによる施工実績がどの程度あるのかなどの調査も大切になります。

施工では高級感を演出することができるが選べる色は少ない


アトモス施工例
アトモスは塗料の中に無機質骨材のホタテの貝殻が含まれていることから、施工面には黒いキラキラとした石が模様になる石材調塗料になります。

太陽に当たった時などにこのキラキラした感じが、絶妙に高級感を演出してくれます。

施工例を見ても色に深みがあって、とても綺麗です。

ただし標準色が20色と少ないのはアトモスを選ぶうえでのデメリットです。

人気の色としてはグレー系の『A-A704』『A-A603』『A-B602』になります。

ちなみに見た目だけでなく、無機質骨材は熱伝導率も低いので住宅のエネルギー効率向上により建物の断熱性を高めてくれるといった特徴もあります。

アトモス基本情報

希釈剤水道水
塗装方法吹付け
適用下地コンクリート/セメントモルタル/プレキャストコンクリート部材/ALCパネル/その他各種板・ボード類
適用箇所屋外・屋内壁面
施工不可部位天端(笠木、手すり、セットバックなど)/幅木/パラペット

結論:アトモスは良い塗料だが業者選定には気を付けろ

アトモスの評判をまとめると塗装後の満足度は極めて高いものが多くありましたが、反対に塗装後の仕上がりに不満を感じている方がいらっしゃいました。

満足度の要因はアトモスの仕上がりの高級感になります。

外壁の劣化に関しても5年間の保証が付与されます。

ただ訪問販売営業によって法外な価格を請求されるなどの被害の声もあったことを考えると、アトモスを扱う業者の選定にはかなり慎重に行う事をおすすめします。

よく同じくセラミック塗料であるラピスラグゼと比較されることが多い塗料ですね。

また、アトモスは素晴らしい塗料ではありますが、アトモスだけで検討するのではなく、アトモスと同程度の耐久性を持つ無機系の塗料で比較するなどして、数パターンの中から建物にとって最適な塗料を選ぶようにして下さい。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者3000社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

塗料選びの参考になる記事を表示しています!