リファイン1000Si-IRの口コミ・評判

良い口コミ

  • コストパフォーマンスの観点から言ったらNO.1の塗料だと思います
  • シリコン塗料の中では一番高性能で信頼性も高い
  • シリコン塗料でありながら無機成分配合なのでフッソ塗料にも耐久性の面では劣りません
  • 一度、塗装したら10年程度は綺麗なままの外壁でいられるので毎回リファインを使っています
  • 一度リファインを使って塗装をしたら、次の塗装まで特にメンテナンスも必要ないのがいい
  • 水性塗料なので嫌な臭いがないので近所にも迷惑をかけずに済みました

悪い口コミ

  • シリコン塗料であれば日本ペイントのファインシリコンフレッシュのほうが実績があります
  • 悪い塗料ではありませんが、耐久性以前の信用がない
  • リファインを扱うアステックペイント社の評判があまりよくないので使いません
     外壁塗装で使われる塗料をジャンル別に全24種類をランキング形式でまとめました。

    頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

    リファイン1000Si-IR最新価格相場

    1㎡あたり2,000~2,500円

    ちなみに40坪住宅の外壁にリファイン1000Si-IRを使った場合の相場は70万円程度になります。

    相場よりも安く外壁塗装が行えますし、耐久性にも優れているのが特徴です。

    耐用年数は15年~18年

    超低汚染リファイン1000Si-IR耐用年数
    画像参照元:超低汚染リファインシリーズ仕様書 | アステックペイントジャパン

    リファイン1000Si-IRの耐用年数は促進耐候性試験(キセノンランプ法)により15年~18年と公表されています

    低汚染塗料ということで親水性のが高い塗料でもあります。

    促進耐候性試験とは、人工的に太陽光・温度・湿度・降雨などの屋内外の条件を作り出して、劣化具合を図る試験になります。

    リファイン1000Si-IRは、シリコン系塗料の中では群を抜いて耐久性が高いです。

    これは塗料に配合された高耐候形白色顔料のおかげで、塗膜の劣化原因であるラジカルの発生を抑制しているためです。

    塗料に紫外線があたると塗料に含まれた顔料からラジカルが発生し周囲の樹脂を破壊・劣化させてしまいます。

    ラジカルの現象としてはチョーキング現象(白亜化)などがあります。

    またリファイン1000Si-IRの一つ一つの樹脂は二層(コア層とシェル層)構造になっていて、塗膜の強度が高いのも耐用年数が長い要因となっています。

    塗膜の強度が高いので地震などの揺れが発生してもひび割れしにくいというのも特徴です。

    実際に使用された方の口コミでも、リピートで使用される率が高いのはリファイン1000Si-IRの耐久性の高さに満足しているからでしょう。

    リファイン1000Si-IR特徴


    リファイン1000Si-IRの特徴は大きく以下の2点になります。

    シリコン系塗料とは思えないほどの高性能なのがリファイン1000Si-IRの特徴です。

    遮熱効果が期待できる

    リファイン1000Si-IR特徴『遮熱効果』
    リファイン1000Si-IRはホント費用対効果良すぎです。

    遮熱効果では、高い実験結果も出ていて、塗布したら17.5度も温度が下がったとの発表もありました。

    外壁塗装では美観や耐久性を重視される方が多い傾向にありますが、実は身体と外界との熱終始がバランスを保っている時に人は『快適』だと感じます。

    これを温熱的快適性と言います。

    リファイン1000Si-IRには温熱的快適性の向上効果もあるということですね。

    また、遮熱効果によって外の温度が室内に侵入しずらくなりますので、エアコンの稼働を抑えられるなどの副産物もあります。

    なお、リファインシリーズでは屋根用のリファイン500Si-IRもありますので、屋根の遮熱も可能です。

    遮熱塗料に関しては別ページで詳しくまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

    塗膜の機密性・親水性が高いので汚れが付きづらい

    リファイン1000Si-IR特徴『汚れが付きずらい』
    リファイン1000Si-IRには無機成分が配合されているので、シリコン樹脂とシロキサン結合によって塗膜の機密性・親水性が非常に高くなっています。

    それによって、汚れがつきずらく、汚れが付いてしまっても雨水で洗い流してくれるセルフクリーニングの効果も期待できます。

    このセルフクリーニング効果のある塗料を低汚染塗料と言ったりします。

    汚れが目立つ白系や薄い色の壁には綺麗な壁が長続きしてくれるので最適ですね。

    汚れのセルフクリーニング効果が期待できる塗料である光触媒系と単価の比較をすると、光触媒塗料の相場4,500~5,000円であるのに、対してリファイン1000Si-IRは2,000~2,500円と安価なのも嬉しいですね。(どちらも1㎡あたりの価格)

    施工例

    リファイン1000Si-IR施工例
    参照元:オリエンタルホームサービス

    リファイン1000Si-IRはつやなしがないので(つや有/3分つやのみ)塗装後にはつやの影響が出ます。

    ただ色は68色から選べますし、濃い色も選べます。(施工例はクレイトーン)

    現在の外壁の色からガラッと変えることも可能です。

    リファイン1000Si-IR施工例
    参照元:株式会社ヴァリアス

    薄い壁色にも安心して使えるのがリファイン1000Si-IRの良いところですね。

    こちらは3分つやで仕上げていますが、若干のつやは薄い壁色にとてもよく似合っています。

    他シリコン系塗料との比較

    塗料名を選択すると、その塗料の口コミや特徴がご覧になれます。

    塗料名 メーカー 耐用年数 単価(㎡)
    シリコンフレックス2 アステックペイント 12年~14年 2,500円~3,000円
    クリーンマイルドシリコン エスケー化研 12年~15年 2,500円~3,000円
    ファインシリコンフレッシュ 日本ペイント 10年~12年 2,600円~3,200円
    ハナコレクション 日本ペイント 7年~13年 2,000円~2,600円
    水性セラミシリコン エスケー化研 12年~15年 1,900円
    ナノコンポジットW 水谷ペイント 10年~15年 3,000円~4,000円
    セラMシリコン3 関西ペイント 11年~13年 2,300円~3,000円
    アートフレッシュ エスケー化研化研 10年~12年 2,500円
    グラナートSP アステックペイント 15年以上 4,800円~5,000円

    リファイン1000Si-IRは費用対効果重視の方におすすめの塗料

    リファイン1000Si-IRは、塗料大手メーカーであるアステックペイントジャパンが製造、販売している高性能で費用対効果が良い塗料になります。

    シリコン系では特におすすめの塗料です。

    口コミによる評判も極めて高かったです。

    迷ったらリファイン1000Si-IRで間違いないと言えるくらいの塗料ではありますが、つやは消せませんので塗装後にはリフォーム感は出てしまいます。

    外壁塗装に費用対効果を重視される方におすすめの塗料です。

    おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
    当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

    ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

    あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

    利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

    ⇒ ヌリカエ公式ホームページ
    ヌリカエ