アレスダイナミックルーフの口コミ・評判

アレスダイナミックルーフの評判

良い評判

  • コストパフォーマンスの観点からアレスダイナミックルーフを選びました
  • フッ素塗料にも劣らない耐久性がある(職人談)
  • 下塗りのバリエーションがあるので、一つの塗料で色々と塗分けができる
  • 最近主流のラジカル制御の屋根用ということで即決しました

悪い評判

  • 新しい塗料なので使うのが不安
  • 屋根にはラジカル制御形塗料よりも遮熱性塗料のほうがコストパフォーマンスがいい
 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別におすすめ塗料としてランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

アレスダイナミックルーフの価格相場

※3回塗りの合計単価

2,500円~2,700円

40坪住宅の屋根(85㎡~94㎡)にアレスダイナミックルーフを使った場合の相場は21万円~24万円程度になります。

価格は同グレードの屋根用塗料と比較するとかなり安い価格です。

耐用年数は13年~15年程度

アレスダイナミックルーフ促進耐候性試験結果
参照元:アレスダイナミックルーフ仕様書

アレスダイナミックルーフを製造販売する関西ペイントが行った促進耐候性試験(キセノランプ法)によると、アレスダイナミックルーフの耐用年数は13年~15年程度とされています。

屋根用ラジカル制御形塗料になります。

高耐久の理由は、強力なウレタン結合で塗膜が強化されているので、紫外線から塗膜を守ってくれます。

微量な紫外線が塗膜をすり抜けようとしてもHALSラジカルキャッチャーによって劣化分子を無害化してくれます。

また、親水性も高い塗料でもあるので、汚れが雨水で洗い流してくれるセルフクリーニングの効果も期待できます。

アレスダイナミックルーフは、塗膜が劣化しにくく、かつ汚れがつきにくい塗料になります。

仕上がりには綺麗なつやが出る

アレスダイナミックルーフビフォーアフター
アレスダイナミックルーフの特徴として、高性能シリコンレジンが配合されているので塗膜の光沢がとても綺麗に出る点があります。

また乾燥自体も早く(塗り重ね乾燥時間4時間)その日に2回塗りできるなど、作業性が良いのも職人の仕事に良い影響を与えています。

ただ、劣化の激しい下地の場合には下塗り剤(アレスダイナミックシーラー)を2度塗るなどして対応しないと、つやムラがでたり、早期剥がれの可能性が高くなります。

標準色は18色

アレスダイナミックルーフの標準色は18色
アレスダイナミックルーフの標準色は18色になります。

他屋根用塗料と比較すると少なめにはなります。

グリーンとブルーは他の色よりも材料費が高くなります。

ちなみに2019年に屋根塗装を行った318人へのアンケートによると、人気の色はブラック・グレー・ブラウンがTOP3という結果になりました。

アレスダイナミックルーフ基本情報

ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆
希釈剤 塗料用シンナー
塗装方法 ハケ/ローラー/エアレス
乾燥時間 4時間以上7日以内
適用下地 化粧スレート/波形スレート/金属屋根
注意事項 新生瓦など被塗面が雨・霧・霜などで塗れている時は十分に乾燥させてから塗装するようにしてください。

未乾燥で塗装するとふくれ、塗膜剥離、ワレなどの不具合が発生する可能性が高まります。

アレスダイナミックルーフはコストパフォーマンスに優れた塗料

アレスダイナミックルーフは、関西ペイントが製造・販売する弱溶剤形2液ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料です。

窯業系・金属系どちらの下地にも使用可能で仕上がりには重厚感のあるつやを演出する事ができるとして、徐々に人気になっています。

地域によってはアレスダイナミックルーフ(遮熱塗料)による外壁・屋根塗装で助成金が受けられる所もあります。

⇒ 外壁塗装で助成金(補助金)をもらう為の6つの条件

ただ、2019年に発売を開始された塗料ということで他の屋根用塗料と比較して実績は少ないです。

アレスダイナミックルーフは、関西ペイントらしい耐久性が高い割に価格は安いという、コストパフォーマンスに優れた塗料です。

別ページでは同じく関西ペイントのダイナミックシリーズ(外壁用)『アレスダイナミックトップ』も、ご紹介していますのでご覧ください。

まだまだ扱っている業者も多くないかと思いますが、もしも扱っている業者がいたら検討してみることをおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ