水性シリコンセラUVとパーフェクトトップはどちらが優れた塗料か比較してみた

日本ペイントを代表する塗料としてよく比較されるのが水性シリコンセラUVとパーフェクトトップです。

大前提としてどちらも実績の多い優れた塗料ではありますが、特徴は変わります。

それぞれの特徴を比較しつつ、最近の消費者の傾向をご紹介します。

 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別におすすめ塗料としてランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

まずはグレード(樹脂)が違う事を理解しましょう

塗料の主なグレード(耐用年数)
  • アクリル(5年~7年)
  • ウレタン(8年~10年)
  • シリコン(10年~15年)
  • ラジカル制御形(12年~15年)
  • 光触媒(15年~20年)
  • フッ素(15年~20年)
  • 無機(15年~20年)

まず初めに塗料を比較する際には、グレード(樹脂)の確認が必要です。

それぞれグレードによって塗膜の耐用年数は変わってきますが、水性シリコンセラUVは『シリコン塗料』、パーフェクトトップは『ラジカル制御形塗料』になります。

本来、ラジカル制御形塗料は樹脂にアクリルを使っているのでアクリル塗料になりますが、塗料に塗膜の劣化原因であるラジカルの発生を抑制する酸化チタンと光安定剤(HALS)が含まれているので、外壁塗装に使うと塗膜の耐久性が向上すると言われています。

このグレードの違いを踏まえつつ、それぞれの塗料を比較します。

耐久性ではパーフェクトトップ

水性シリコンセラUV 7年~8年
パーフェクトトップ 10年~12年

塗膜の耐用年数で比較すると、パーフェクトトップのほうが長持ちします。

パーフェクトトップには、酸化チタンと光安定剤(HALS)が含有されているラジカルの発生を抑制してくれますが、もしもラジカルが発生しても塗料の粒子に発生したラジカルを閉じ込めるラジカルバリヤーの効果のおかげで塗膜の劣化速度を緩やかにしてくれます。

水性シリコンセラUVの下塗りで使われる水性浸透シーラー・水性シリコンエポサーフはカチオン系の材料になるので、サイディング系かジョリパッドなどのセメント系仕上げの下地であれば、ある程度の密着性は担保できます。

カチオン系とは、+(プラス)電荷を持った陽イオンという意味で、セメント系仕上げの下地の-(マイナス)電荷を持った陰イオンと引き合う効果が期待できる下塗り塗料です。

ただ、純粋に塗膜の耐久性で比較するとパーフェクトトップに分があります。

価格では水性シリコンセラUV

※3回塗りの合計単価になります。

水性シリコンセラUV 2,580円~4,110円
パーフェクトトップ 3,800円〜4,300円

価格で比較すると、水性シリコンセラUVのほうが安い傾向にあります。

ちなみに、日本の一般的な40坪住宅(塗装面積160㎡)では、水性シリコンセラUVは70万円~80万円、パーフェクトトップは85万円程度になります。

つやの出方はほぼ同じ

水性シリコンセラUV塗膜
施工後のつやの出方は、水性シリコンセラUVとパーフェクトトップはそれほど大差ありません。

一応、水性シリコンセラUVはつや有り、3分、5分、7分つや有り、つや消しとありますが、パーフェクトトップはつや有り、5分つや有り、3分つや有り、つや消しになります。

よりピカピカとした仕上がりにしたいのであれば、水性シリコンセラUVの7分つやをおすすめします。

最近の主流はラジカル制御形塗料パーフェクトトップ(ラジカル制御形塗料)

最近の主流で言えば、水性シリコンセラUVよりもパーフェクトトップのほうが人気があります。

これは価格に対する耐久性の面から見たコストパーフォーマンスが消費者に評価されている為ですね。

確かに価格は水性シリコンセラUVのほうが安いですが、耐用年数との兼ね合い(次回の外壁塗装のタイミング)でみたらパーフェクトトップのほうがお得になります。

ちなみに、外壁塗装全体で見ても、ラジカル制御形塗料が人気があります。

なお、ラジカル制御形塗料に関しては、別ページで詳しくご紹介していますので、そちらのページを参考にしてください。

総合的にはパーフェクトトップがおすすめ

※塗料名を選択すると、その塗料の評判や詳しい特徴がご覧になれます。

メリット デメリット
水性シリコンセラUV 価格が安い
実績が豊富にある
耐久性はそれほど高くない
パーフェクトトップ コストパ―フォーマンスに優れている
最近人気がある
実績不足

水性シリコンセラUVとパーフェクトトップを総合的に比較すると、パーフェクトトップのほうが外壁塗装における下地保護の観点やコストパ―フォーマンスの観点から優れていると言ってよいでしょう。

ただ、塗料の実績(日本での施工件数)では水性シリコンセラUVのほうがあります。

どちらも日本ペイントの優れた塗料になりますので、それぞれのメリット・デメリットを考慮して選ぶようにしましょう。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ