UVプロテクトクリヤーの口コミ・評判

UVプロテクトクリヤーの口コミ・評判

良い口コミ

  • サイディングの模様が気に入っていたので、透明なUVプロテクトクリヤーを提案していただき艶の影響でかなりかっこよくなりました
  • 新築の頃の外観に戻って大満足です
  • 価格的にもお手頃で気に入っています

悪い口コミ

  • 塗装後、運悪く小雨が降ってしまい翌日に見たら白っぽくなってしまいました
 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別に全21種類をランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

UVプロテクトクリヤーの価格相場

※2回塗りの合計単価になります。

2,800円~3,200円/m2

ちなみに40坪住宅の外壁にUVプロテクトクリヤーを使った場合の相場は75万円程度になります

相場通りで外壁塗装が行えますし、耐久性にも優れているのが特徴です。

耐用年数は12年~15年

UVプロテクトクリヤーの耐用年数は12年~15年
参照元:UVプロテクトクリヤー仕様書

UVプロテクトクリヤーの耐用年数は、メタルハライドランプ式耐候性試験機(スーパーUV)試験によって12年~15年と報告されています。

樹脂グレードで分類するとセラミック系塗料にあたります。

外壁の劣化原因として一番大きな影響を及ぼすとされているのは太陽による紫外線になりますが、UVプロテクトクリヤーは、セラミック樹脂(硅素(Si)と酸素(O))が非常に細かく含有されているので、紫外線による色落ちや色あせを最小限に抑えてくれます。

他にも防カビ・防藻性や親水性も期待できるので外壁に汚れが付きずらいことも耐久性が高いことの理由になります。

UVプロテクトクリヤーが使えない条件

クリヤー(透明)系の塗料としては、非常に実績のあるUVプロテクトクリヤーですが、全ての外壁に使用できるというわけではありません。

UVプロテクトクリヤーが使用できない外壁や状態もあるので確認しておきましょう。

下地(外壁材)の劣化が激しい場合

クリヤー仕上げは下地の状態をそのまま表出してしまうため、下地の劣化が著しい場合はおすすめできません。

ヘヤクラックなどの発生がなく、かつ築後10年以内であることをいちおうの目安にしてください。
参照:UVプロテクトクリヤー仕様書

UVプロテクトクリヤーはクリヤな塗料になりますので、下地である外壁材の劣化が激しい場合には塗装することはできません。

これは塗料の性能というよりも見た目的な印象によるためです。

どうゆうことかというと、クラック(ひび割れ)など発生している場合にはシーリングによる手入れが施されますが、UVプロテクトクリヤーのような透明な塗料をその上から塗装してしまうと、塗膜の上から劣化している箇所が丸見えになってしまって非常に見栄えが悪くなります。

一般的に、UVプロテクトクリヤーの使用は新築から10年以内が推奨されています。

前回、光触媒や無機系の塗料で塗装している外壁材

光触媒が施されたサイディングボードには適用できません。
UVプロテクトクリヤー | 製品情報

UVプロテクトクリヤーは、前回の塗装で光触媒や無機系塗料で塗装している外壁材には塗装することはできません。

一般的に、外壁塗装では前回の塗膜が劣化してから行います。

これは、前回の塗料が残っている上から新たな塗料を塗装しても、旧塗膜の影響で早期の剥がれやチョーキング現象(白亜化)の原因が考えられるためです。

同じ理由で、光触媒や無機系塗料は塗膜の耐久性が高いので、UVプロテクトクリヤーが推奨されている10年以内では塗膜がまだまだ劣化していない状態になります。

従って、UVプロテクトクリヤーを塗装する際には、前回使用した塗料(UVプロテクトクリヤーの場合は新築時に使った塗料)がなんだったのかの確認をしてから、塗装のタイミングを決めるようにしましょう。

UVプロテクトクリヤーはサイディング以外の外壁で保証が付かない

メーカーへ問い合わせると、責任問題もあって
「吹き付け壁に使用した場合はどうなるか保証できない」
とのことであり

塗装屋さんには
「サイディングボードに塗れるのだから、経験からして大丈夫」
と言われました
Yahoo!知恵袋

UVプロテクトクリヤーの適用下地は『サイディング』に限定されていて、モルタルやコンクリートなどの外壁材では保証が適用されません。

業者側はそれでも経験則から勧めてくるかもしれませんが、塗膜性能の保証はできないことはキモに命じておきましょう。

私個人的には『おそらく大丈夫』だとは思いますが、このような形でホームページに記載することには、少々の抵抗がありあます。(苦笑)

UVプロテクトクリヤーをサイディング以外の外壁に塗装する際には、十分な検討をおすすめします。

2018年6月よりつや消しも発売開始

UVプロテクトクリヤーを製造・販売している日本ペイント株式会社は2018年6月20日より、それまで『つや有り』『3分つや有り』に加えて新たに『つや消し』の発売を開始しています。
(15gセットのみのラインナップとなります。)

これまでのUVプロテクトクリヤーでは、どうしても塗装後のピカピカしたリフォーム感が出てしまっていましたが、そのようなリフォーム感を嫌う方もいらっしゃいますので、そのような方にはつや消しの登場は嬉しいですね。

クリヤ系の塗料ではどうしても顔料の関係から、性能を落とさずにつやを消すことは難しい現状ではありましたが、日本ペイントでは建築以外の車の塗料の製造も行っているノウハウから今回のつや消しの発売ができたことが予想されます。

他クリヤ系塗料と比較すると、つや消しはかなりの差別化になっていますね。

他クリヤー系塗料との比較

塗料名を選択すると、その塗料の口コミや特徴がご覧になれます。

塗料名 メーカー 耐用年数 単価(㎡)
スーパーSDクリヤーF-JY アステックペイント 18年程度 4,000円~4,500円
クリーンSDトップ SK化研 12年~15年 2,100円

UVプロテクトクリヤーは利用者の評価が高い塗料

UVプロテクトクリヤーは、日本ペイントが製造・販売している高意匠サイディングボード用セラミック系外壁保護塗料になります。

日本ペイントは建築仕上塗材の国内シェアでNO.2のメーカーになります。(2017年度)

利用者からも業者側からも口コミ評価が高いものが多かったです。

また、UVプロテクトクリヤーはメーカー保証も受けられます。

メーカー保証については『【メーカー保証】日本ペイント/関西ペイントエスケー化研まとめ』をご覧ください。

価格に対する耐用年数も高いですし、現在新築から10年未満でサイデイング外壁の建物にはUVプロテクトクリヤーはおすすめです。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

おすすめの記事