ルミステージの口コミ・評判

良い口コミ

  • つやも消せる、クリヤー(透明)もあるというフッ素塗料という事で重宝しています
  • 本物志向の方はやはりルミステージがオススメです
  • 水性塗料の為、近隣へ匂いの心配をしなくていいので安心
  • 水に馴染みやすいから塗りやすい
  • 外壁の目地も綺麗に出るので、高級感がある雰囲気になります
  • 10年保証があるのでお客さんに勧めやすいです

悪い口コミ

  • 良い塗料(信頼性が高い)ではあるがコストパフォーマンスの観点からはあまりお客さんにはすすめません
  • 外壁の塗料としては高級品です
 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別に全24種類をランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

ルミステージ最新価格相場

※3回塗りの合計単価になります。

1㎡あたり4,200円~5,500円

ちなみに40坪住宅の外壁にルミステージを使った場合の相場は95万円程度になります。

一般的な価格よりも高くはなりますが、その分耐久性に優れているのが特徴です。

耐用年数は15年~20年

ルミステージ耐用年数
画像参照元:AGCコーテックホームページ

ルミステージの耐用年数は、過酸化水素キセノランプ式促進耐候性試験によって15年~20年と発表されています

低汚染塗料ということで親水性のが高い塗料でもあります。

過酸化水素キセノランプ式促進耐候性試験とは、過酸化水素水溶液をシャワー水として吹き付ける高速耐候性試験機です。

他の塗料に比べて極めて高い耐用年数がある塗料と言ってよいでしょう。

樹脂グレードで分類するとフッ素系塗料になります。

口コミにもありますが、まさに『本物志向』という言葉が似合う塗料です。

特徴

ルミステージの特徴は大きく以下の5点になります。

  1. AGCコーテック認定店しか扱えない
  2. 保証が手厚い
  3. 日本の有名な建造物に使用されているので信頼性が高い
  4. ホルムアルデヒド放射等級F☆☆☆☆(フォースター)
  5. バリエーションが豊富

他の塗料とは違う特徴がありますので、一つ一つご紹介します。

AGCコーテック認定店しか扱えない

ルミステージはどこの業者でも扱うことができるわけではなく、ルミステージを製造・販売しているAGCコーテックのグループ会社であるAGC旭硝子(現在はAGC株式会社)の認定施工店(メイクupショップ)にならない限り扱うことができません。

AGC旭硝子の認定施工店になる為には、厳しい認定制度である、ルミステージを生かすための専門技術(下処理から仕上げまで)をパーフェクトに身に付ける必要があります。

これは消費者からすると、信頼感と言う一つの安心材料になりますね。

保証が手厚い

ルミステージ10年保証
ルミステージを製造、販売しているのはAGCコーテック株式会社になりますが、ルミステージにはAGCコーテックからメーカー保証として10年間の施工保証が付与されています

ルミステージは塗料の中でも最高級のグレードであるフッ素の塗料で耐用年数も15~20年とされていますが、それでも他の塗料と一緒で人的なミスや環境によって早期の劣化の可能性もあります。

ルミステージの保証内容は以下になります。

第二条(保証内容)
フッソ樹脂塗料『ボンフロン/ルミステージ』塗膜の外観変化について次の項目を保証します。

(1)塗膜面を目視した時に剥離がないこと。
(2)塗膜面の変退色が目視において著しく目立たないこと。
※著しくとは、塗膜面が見苦しく社会通念上明らかな補修が必要となる場合を言います。
(3)(1)、(2)の判断はメイクupショップと製造メーカーが判断致します。

つまり10年以内に、塗膜の剥がれや変色があった場合、無償で塗装し直してくれるという事ですね。

もちろん、不具合がないことが一番ではありますが、万が一の時もこのような保証があるのはとてもありがたいことです。

日本の有名な建造物に使用されているので信頼性が高い

ルミステージの信頼性の高さを証明する実績としては日本の有名な建造物への塗料として使われていることが挙げられます。

ルミステージが使用された建造物の一部を紹介すると

  • 沖縄美ら海水族館
  • 大阪城
  • パシフィコ横浜
  • 新宿センタービル
  • スカイツリー

などがあります。

このような建物は頻繁に塗装を行うわけにもいかないので、なるべく耐候性に優れた塗料が用いられるわけです。

しかも、環境的にも大きな建物になるので雨風の影響を直接受ける過酷な環境になるので、そこでルミステージが不具合なく塗装されているのが一番の実績となっています。

ホルムアルデヒド放射等級F☆☆☆☆(フォースター)

ルミステージは外壁や屋根に使われる塗料になりますが、ホルムアルデヒド放射等級F☆☆☆☆(フォースター)と最高級に人や環境に優しい塗料となっています。

またトリエン等の揮発性を有する有機溶剤の発生も低減してくれるので、雨で塗料が流れても有害ガスが発生するリスクは極めて低いのが特徴です。

住宅には何十年と住むことになりますし、最近ではエコブームで世間の意識も高くなっています。

自信を持って外壁塗装に臨めるという観点でも、人と環境に優しい塗料を選ぶ価値はありますね。

バリエーションが豊富

仕上がりにバリエーションが豊富なのもルミステージの特徴になります。

  • エナメル仕様
  • クリヤー仕様
  • エナメル微弾性仕様
  • 完全つや消し仕様
  • パレ(セラミック)仕様
  • つち(塗り壁)仕様

ルミステージは、耐候性は変えずに外壁の仕上がり表情を変えられます。

ちなみにオール水性タイプなのでシンナー臭などの嫌な臭いも発生しません。

ルミステージはこんな人におすすめ

  • 実績重視で塗料を選びたい人
  • 少々高くても安心した業者でお願いしたい人
  • 最高級塗料で仕上げてもらいたい人

ルミステージは、性能、品質、ブランド製、全てにおいて他塗料とワンランク上の塗料になります

塗料のグレードの中でも最高級のフッ素になり、その中でも高価な部類に入ります。

確かに他の塗料と比較しても高い塗料ではありますが保証の手厚さや業者の実績なども加味された金額だと考えると納得できますね。

また耐用年数も長いので、外壁塗装のサイクルをできるだけ少なくしたいという方にもおすすめです。

施工例

ルミステージ施工例①
参照元:リフォーム工房みすず
⇒ リフォーム工房みすずの口コミはこちら

つや消し(マット)による仕上がりでグレー系からイエロー系(色番号:09-035)にリフォームされた施工例になります。

ALC外壁にマットな仕上がりがとてもカッコいいですね。

ルミステージ施工例②
参照元:さくらペイント

ワントンからツートンへのリフォームで、1階部分にルミステージのマイカーストーン、2階部分にルミステージのマット低汚染塗料を使って仕上げています。

ルミステージは、外壁に様々な表情を出すことが出来るのが特徴です。

他フッ素系塗料との比較

塗料名を選択すると、その塗料の口コミや特徴がご覧になれます。

塗料名 メーカー 耐用年数 単価(㎡)
ファイン4Fセラミック 日本ペイント 15年~20年 3,800円~4,300円
クリーンマイルドフッソ エスケー化研 15年~20年 4,200円~4,800円
スーパーSDクリヤーF-JY アステックペイント 18年程度 4,000円~4,500円
サンフロンUV ロックペイント 18年以上 2,900円
アレスアクアセラフッソ 関西ペイント 15年以上 4,300円

ルミステージは『間違いなく』施工してほしい方におすすめの塗料

ルミステージを使用した職人、施主ともにルミステージの口コミは良いものが多かったですね。

ルミステージを選ぶ一番の理由は、やっぱり『安心感』になります。

対応してくれるのがAGCの認定店業者というのも嬉しいですね。

ただ、価格は他塗料よりも高いので、まずは見積りをとって価格の確認することをおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ