ヤネフレッシュシリーズの口コミ・評判2019年最新版

ヤネフレッシュの口コミ・評判

良い口コミ

  • 嫌な臭いが少なく耐久性に富んだ塗料です
  • 価格重視の方におすすめしています
  • 屋根専用だけあって耐久性に優れています、10年は持つと思います

悪い口コミ

  • 価格は安いけど、それなりの塗料です
  • ヤネフレッシュをすすめてくる業者は価格で客を釣ろうとしているようにしか感じません
  • 悪くないけど、良くない塗料
 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別に全21種類をランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

ヤネフレッシュ最新価格相場

※3回塗りの合計単価になります。

1㎡あたり2,500円~3,000円(水性ヤネフレッシュシリコン)

1㎡あたり3,200円~3,800円(水性ヤネフレッシュフッソ)

ちなみに40坪住宅の屋根に水性ヤネフレッシュシリコンを使った場合の相場は25万円程度になります

相場通りで屋根塗装が行えますし、耐久性にも優れているのが特徴です。

ヤネフレッシュシリーズの種類

ヤネフレッシュシリーズ標準色
ヤネフレッシュシリーズの塗料はグレード別に5種類あり、カラー展開もバリエーションが豊富です。

『RC-140』は、ヤネフレッシュ、ヤネフレッシュSi、ヤネフレッシュFのみになります。

  • ヤネフレッシュ(ポリウレタン樹脂:弱溶剤)
  • ヤネフレッシュSi(アクリルシリコン樹脂:弱溶剤)
  • ヤネフレッシュF(フッ素樹脂:弱溶剤)
  • ヤネフレッシュシリコン(アクリルシリコン樹脂:水性)
  • ヤネフレッシュフッソ(フッ素樹脂:水性)

屋根という雨、風、紫外線が年中あたる過酷な環境であることを考えると、アクリルシリコン樹脂タイプフッ素樹脂タイプのものをおすすめします

また溶剤タイプのものと水性タイプがあるので、耐久性を追求される方には溶剤タイプ、近隣への臭いを配慮される方には水性タイプと選択肢があるのも嬉しい点です。

ツヤに関しては、ヤネフレッシュフッソ以外は全てツヤのあり、なしを選ぶことができます。

耐用年数

ヤネフレッシュ耐用年数
画像参照元:エスケー化研ホームページ

ヤネフレッシュの耐用年数はキセノランプ法により下記になります。

※キセノランプ法とは、キセノンアーク放射と言われる太陽光とよく似た光を一定時間照射した時の劣化具合を測る試験です。

塗料名 耐用年数
ヤネフレッシュ 5~7年
ヤネフレッシュSi 6~8年
ヤネフレッシュF 8~10年
ヤネフレッシュシリコン 6~8年
ヤネフレッシュフッソ 8~10年

ヤネフレッシュ(ポリウレタン樹脂)以外の塗料では高い耐用年数が期待できそうです。

外壁との兼ね合いも考えて屋根塗装を施そうとするのであればヤネフレッシュFかヤネフレッシュフッソが断然おすすめですね。

特徴

ヤネフレッシュシリーズの主な特徴は以下の2点です。

  1. 隠蔽性(いんぺいせい)が高い
  2. 様々な下地に適応(密着)できる

ヤネフレッシュは屋根塗装に関して大切な特徴を持っている塗料になります。

一つづつご紹介します。

隠蔽性が高い

隠蔽性とは、下地の色を隠す性能の高さのことを言い、色が透けは仕上がりにも大きく影響する為、隠蔽性の高い塗料は性能の高い塗料とも言われています。

ちなみに、業者によっては隠蔽性のことを『かぶり』と呼んだりもします。

ヤネフレッシュはこの隠蔽性が高く、仕上がりが美しくなる傾向があります。

また塗料に防かび・防藻性も備えているので、美しい屋根が長期間継続されるという特徴があります。

建物の印象は屋根の状態に大きく左右する為、隠蔽性が高く防かび・防藻性のあるヤネフレッシュは重宝されています。

様々な下地に適応(密着)できる

ヤネフレッシュは特にコロニアルやカラーベストなどの薄型塗装瓦や、トタン屋根で優れた効果を発揮してくれますが、適応下地が多いことも特徴の一つです。

具体的な適応下地は以下になります。

アルミ合金メッキ、ガルバニウム鋼板、化粧石綿スレート、カラーベスト、コロニアル化粧スレート、メッキ鋼板、波形スレート

施工に関しては特別特殊なことはありませんが、スレート系の屋根では縁切り(えんぎり)の作業が必要になります。

縁切りに関しては別ページで詳しくまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

ヤネフレッシュはこんな人におすすめ

  • 価格重視の人
  • 外壁のシリコン系塗料と一緒に塗装を検討している人

ヤネフレッシュは他の塗料と比較しても価格が安いので、予算が限られている人など価格重視の人にはおすすめします。

また、外壁と一緒に屋根塗装でヤネフレッシュを検討している人で、外壁にシリコン系塗料(耐用年数10~15年)を選択するのであれば次回のリフォーム時期が同じ時期になるのでおすすめです。

ただ、その際は耐用年数を合わせるようにフッ素系のヤネフレッシュFかヤネフレッシュフッソを使うようにしましょう。

施工例

ヤネフレッシュ施工例①
画像参照元:はなまるリフォーム株式会社

ヤネフレッシュらしく、ツヤありの華やかな色(CLR-144)での仕上がりとなっています。

元の屋根がかなり傷んでいても、ある程度の密着が確保できるのはヤネフレッシュを使うメリットの一つですね。

ヤネフレッシュ施工例②
画像参照元:有限会社シャイン

ヤネフレッシュSi(アクリルシリコン樹脂:弱溶剤)を使っての仕上がりです。

屋根材をローラーで板金部分を刷毛で塗装してあります。

画像では分かりずらいですが、タスペーサーによる縁切り作業もしっかりと行っています。

ヤネフレッシュはとりあえず屋根塗装したい人におすすめの塗料

ヤネフレッシュは、エスケー化研が製造販売している高耐久性屋根専用塗料になります。

エスケー化研は建築仕上塗材の国内シェアでNO.1のメーカーになります。(2017年度)

ヤネフレッシュの口コミでは『品質はそこそこだけど価格もそこそこ』という評価が多かったですね。

カラーバリエーションが多かったり、水性・油性が選べたりできるのは施主からしたらメリットになるでしょう。

ただし、メーカー保証のサービスはありません。

メーカー保証については『【メーカー保証】日本ペイント/関西ペイントエスケー化研まとめ』をご覧ください。

ちなみにヤネフレッシュSiは、別ページでまとめました最安値ランキングでもご紹介しています。

外壁に使用する塗料との兼ね合いも考えてヤネフレッシュを選択することをおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

おすすめの記事