ダイヤモンドコート塗装の口コミ・評判

良い口コミ

  • 新築の時よりピカピカで綺麗になって嬉しい
  • 新築して初めての外壁塗装だったので、建物の総合的なコストを考えて耐久性の高いダイヤモンドコート塗装を採用しました
  • 定期点検も受けられるから安心だった

悪い口コミ

  • 加盟店が少ないから不安
  • 良い塗料だとは思うけど、高すぎて割に合わない
 外壁塗装で使われる塗料をジャンル別に全24種類をランキング形式でまとめました。

頑張ってまとめましたので、よかったら一読ください。

ダイヤモンドコート塗装とは

ダイヤモンドコート塗装の4層構造のイメージ図
ダイヤモンドコート塗装とは、4回塗り(下塗り・中塗り・上塗り・UVカットクリヤーコーティング)を標準とした塗装方法で高耐久と優れた意匠性が期待できる塗装方法になります

ダイヤモンドコートではひび割れが起こりにくい専用の中塗り塗料(ダイヤモンドコートBS水性水性プレーン)と4回目の上塗りでクリヤー塗料(ダイヤモンドコートGL)を使う事で無機系塗料のデメリットを解消した塗料となっています。

無機塗料とは、一般的な塗料(顔料・樹脂・添加剤・溶剤or水)に無機物を配合させた塗料になります。

3回目の塗装時はダイヤモンドコートではなく、様々な樹脂グレードの塗料と組み合わせて使用できる点もメリットの一つになります。

下塗りにはダイヤモンドコート専用のパーフェクトサーフが使用されることが多いです。

価格相場は120万円~160万円

ダイヤモンドコート塗装は120万円~160万円が価格相場
ダイヤモンドコート塗装の価格相場は120万円~160万円になります。(足場代・養生代・洗浄代・塗装代(外壁・屋根・付帯部)含む価格)

一般的な外壁塗装と比較すると、かなり高額になります。

これは一般的な外壁塗装が3回塗りであることに対して、ダイヤモンドコート塗装は4回塗りになるので1回分の塗装費が上乗せされている点と、高性能塗料である無機系塗料を使用していることが要因になっています。

ただ、次回の塗り替え時はUVカットクリヤーコーティングのみの塗装が可能になるので(下塗り・中塗り・上塗りを削減)、トータルコストで言えばお得にもなります。

ちなみに無機系塗料の相場は1㎡4,500円~5,000円になります。

また、ダイヤモンドコート塗装では目地部分の色を変えるブリックシステムも選べますが、ブリックシステムでは手間が増えるのでその分価格も高くなる傾向にあります。

耐用年数は15年程度

ダイヤモンドコートの耐用年数は15年程度
参照元:外壁塗装ダイヤモンドコート・日本ペイント

ダイヤモンドコート塗装の耐用年数は15年程度と公表されています。(環境によって上下します)

他の塗料と比較してもダイヤモンドコート塗装の耐久性はトップクラスと言っていいわけですが、、これは4回目の上塗りで使用されるダイヤモンドコートGLのUVカットコーティングによる恩恵になります。

塗膜劣化の主な原因として紫外線がありますが、ダイヤモンドコート塗装を施すことによって紫外線から塗膜を保護してくれます。

これによって塗膜劣化現象であるチョーキング(白亜化)や変色・褪色が防止され、見た目も綺麗な外壁が長続きしてくれるというメリットがあります。

ブリックシステムで目地色が選べる


ダイヤモンドコート色見本
ダイヤモンドコート塗装では、仕上げの方法としてブリックシステムが選べます。

ブリックシステムとは、『目地色用』『トップ色用』の2種類の塗料を使いわけて2トーンで仕上げていく塗装方法になります。

サイディング外壁などで現在の目地や模様が気に入っている方に重宝される塗装方法になります。

カラーバリエーションは12種類になります。

ただ、リシン壁、吹付けタイル壁、スタッコ壁、樹脂系サイディングに関してはブリックシステムによる仕上げが行えないので、目地を塗りつぶすプレーンシステムが採用されることになります。

UVカット塗料は、フッ素塗料と併用はできない

ダイヤモンドコート塗装で使用されるUVカット塗料は3回目の上塗り塗料を選んで塗装していきますが、その際フッ素塗料と併用することはできません。

フッ素塗料の上からUVカット塗料を塗装してしまうと、早期の剥がれ、色あせなどの不具合の原因となります。

ただ、フッ素塗料を使うまでもなくダイヤモンドコート塗装をすることによって上塗りの塗料は保護されるのでシリコン塗料以下の塗料を使ってもダイヤモンドコート塗装の耐用年数である15年程度の耐久性は期待できます。

わざわざ価格の高いフッ素塗料を使うまでもありませんので、シリコン塗料やウレタン塗料を使う事をおすすめします。

ちなみにフッ素塗料を使ったダイヤモンドコート塗装は保証対象外となります。

施工認定店は全国に14店しかない

ダイヤモンドコート塗装施工可能エリア
東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・群馬県・栃木県の全域・茨城県南部・愛媛県中予地区

ダイヤモンドコート塗装のデメリットとして施工認定店が少ないことがあります。

ダイヤモンドコートの施工認定店は14店舗になります。

また施工認定店の募集も行われていません。

その為、限られた地域の建物が限定の塗装方法になります。

⇒ ダイヤモンド施工加盟店一覧

施工例

ダイヤモンドコート塗装施工例【ホワイト×ブラウン】

ダイヤモンドコート塗装施工例【ベージュ】

ダイヤモンドコート塗装施工例【ホワイト×ブラウン】

ダイヤモンドコート塗装施工例【ホワイト×ブラウン】

ダイヤモンドコート塗装は築年数の浅い建物におすすめ

ダイヤモンドコート塗装の特徴
  • 外壁の美しさを格段に長持ちさせる
  • 超親水性で、雨水が汚れを落とす
  • 藻やカビの発生を抑制する

ダイヤモンドコート塗装は、日本ペイント株式会社が製造販売している無機系になります。

日本ペイントは建築仕上塗材の国内シェアでNO.2のメーカーになります。(2017年度)

最初の塗り替え時は一般的な外壁塗装よりも高く価格となりますが、次回(2回目)の塗り替え時はUVカットコーテイングのみの塗装代で済みます。

その為、次回を視野に入れられる比較的築年数の浅い建物におすすめの塗装になります。

また、施工認定店からの塗装1年目・3年目に無料点検が受けられることや、塗膜保証が最大7年付与されるなどの安心材料となっています。

口コミ評価も、仕上がりのピカピカした感じ(つや)や定期点検に満足を覚えている方の声がありました。

ダイヤモンドコート塗装の対象エリアにある建物は是非とも検討してみてください。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ