外壁塗装中の臭い

外壁塗装期間中は窓や換気扇は、マスキングシートで養生(ようじょう)されるため、部屋の中が密室状態となります。

そのため、塗料の臭いなどが建物内に充満し、人によっては苦痛に感じる方もいます。


外壁塗装期間中は基本的に窓が養生されっぱなしで塗装工程が全て終わるまで換気することができません

また、臭いに関しては近隣とのトラブルへと発展するケースもある非常にデリケートな問題です。

外壁塗装が始まって臭いによるストレスを軽減する為に、今回ご紹介する換気対策を行ってみてください。

  これから情報収集される方の為に、別ページで外壁塗装の基礎知識をまとめましたのでご覧ください。

⇒ 外壁塗装の基礎知識まとめ

換気方法

基本的に外壁塗装期間中は養生によって密閉されてしまうので、換気ができない状況となりますが、条件や工期のスケジュールなどを見て換気することも可能になります

外壁塗装期間中に換気をする方法を3つご紹介します。

換気扇による換気

ウェザーカバー付き換気扇
換気扇も養生で塞がれてしまいますが、ウェザーカバーが付いている換気扇であれば排気口をふさがずに塗装することも可能なので、使用することが可能です。

ウェザーカバーとは、風雨の侵入を防止する屋外に取り付けられているカバーです。

ただし、ウェザーカバー自体も塗装をする場合には換気扇は使えなくなります。

開けたい窓を指定しておく

施工開始前に開けておきたい窓を指定しておくことで、その箇所を特殊な養生で対処してくれることがあります。

換気用に窓の下側だけは養生せずに対処してくれたりしてくれるところもあります。

全ての業者で養生による換気の対応をしてくれるわけではありませんが、相談してみるとよいでしょう。

なお、窓が開けられれば換気扇との併用でより室内の換気が進みます。

換気扇は中の空気を外に出す効果がありますが、塗装面と反対側の窓を開けられれば綺麗な空気が中に入ってくるので換気の効果はさらに向上します

養生を傘にする

養生を傘にする
画像参照元:株式会社塗装職人

腕の良い業者であれば、養生を傘にして窓への養生を最小限にして開閉が可能な状態にしてくれます。

養生を傘にするとは、足場を使った塗料飛散防止の方法で開閉したい窓上部の足場にマスキングテープを設置して、間接的に窓を養生していく方法です。

ただ、直接的な養生に比べると窓に塗料が飛散する可能性は高くなります。

また、養生を傘にしてもその下の床などには養生を施します。

あくまでも窓の換気対策としての方法で養生費用削減の効果はありません。

窓が開けられない期間

外壁塗装では、足場の組み立てと共に付帯部の養生も行われることになり、その際に窓も養生によって閉ざされてしまいます。

ちなみに外壁塗装の流れは以下になります。

  1. 足場・飛散防止ネットの設置
  2. サッシ、エアコンの室外機、設備等の養生
  3. 外壁の高圧洗浄
  4. 素地調整
  5. 下塗り・中塗り・上塗り
  6. 確認・検品
  7. 足場解体・清掃

ただ、厳密にいうと窓を締める(養生する)必要があるのは、『③高圧洗浄』の時と『⑤下塗り・中塗り・上塗り』の時になります

高圧洗浄は一日かけてカビや藻をしっかり洗浄させ、24時間ほど乾燥させます。

下塗り・中塗り・上塗りは一般的には、塗装後にはしっかり乾燥させる必要があるので最短でも3日かかります。

なので、それ以外の工程の際には窓の養生は必要はありませんので換気できる可能性があります

もちろん、全ての業者でこのようなこまめな対応してくれるわけではありまんせんので、工期を見て窓を開けることが可能かどうか確認しておくとよいでしょう。

臭い対策

換気対策と同時に臭いに対しても対策をしておくと安心です。

外壁塗装で臭いが発生するのは塗料が固まる乾燥時になります。

臭いが発生する期間を把握して、臭い対策を施すことをおすすめします。

水性塗料を選ぶ

そもそも外壁塗装で臭いに関するトラブルは希釈剤にシンナーを使う油性塗料によるものが大半です

希釈剤に水を使う水性塗料でも臭いはありますが、人が嫌に感じる臭いではなく酢酸のような臭いが若干発生する程度です。

油性塗料に比べて身体への害も少ないことや近隣への配慮から最近では水性塗料を選択する人が増えてきました。

思い切って外出する

塗装する期間は限られていますので、その際は思い切って外出してしまうのも一つの手です。

塗膜の乾燥具合にもよりますが、一番臭いが発生する昼間の時間帯に比べて、夜間では臭いもだいぶ落ち着いています。

なお、外出時には建物のカギを全て閉めてきちんと防犯対策は行いましょう。

香り付きの塗料を選ぶ

臭いが気になるのであれば良い香りがする塗料を選ぶという選択もあります。

日本ペイントが製造・販売している『ハナコレクション100』はバラの香りがするので、臭い業者や施主からも評判がよくロングセラーの塗料として人気があります

グレードもシリコン、フッ素とありますしカラーバリエーションも豊富にあるのでおすすめの塗料です。

換気の方法は契約前に確認しましょう

外壁塗装中の換気方法
  • 換気扇による換気
  • 開けたい窓を指定しておく
  • 養生を傘にする

外壁塗装では最近になって臭いに関して敏感になってきている風潮があります。

特に、妊娠中の方や小さいお子さんがいるお宅、ペットなどへの影響も懸念材料となっている為です。

ちなみに現在一般的に市販されている塗料は油性であろうと水性であろうとそれほど身体への影響度は低いものが採用されています。

⇒ 外壁塗装の臭いがもたらす身体への影響度と対策

ただ、使用する塗料によっては臭いがキツイものや身体に影響があるものもあります。

契約前にしっかりと確認し、換気対策、臭い対策も行っておきましょう。

また、業者によっても対応してくれる範囲が変わってきますので、業者の比較も必ず行うようにしましょう。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ