3階建ての外壁塗装の価格事例を塗料別に集めてみました

地価の高い都心部で人気の3階建て住宅ですが、維持費である外壁塗装において2建て住宅とは変わってくる点もあります。

業者を読んでから『えっ、そんなの聞いてないよ』とならないように、3階建て住宅を外壁塗装する時のよくある疑問6つをご紹介します。

3階建てを外壁塗装する時の価格って2階建てより高いの?

3階建て住宅は必ずしも2階建て住宅よりも高くなることはありません。

これは外壁塗装の価格の決まり方が、塗装面積(㎡)で決まる為です。

3階建て住宅は2階建て住宅よりも建坪が狭いことが多く、塗装面積で見ると30坪の3階建て住宅と40坪の2階建て住宅の塗装面積がほぼ同じくらいになります。

※家の外周×高さ=外壁全体の塗装面積
3階建て(30坪):22m(1辺5.5m)×9m(高さ)=198㎡
2階建て(40坪):32m(1辺8m)×6m(高さ)=192㎡

同じく足場の価格も塗装面積によって決められるので、単純に3階建て住宅だから価格が高くなるということはありません。

ただ、3階建て住宅は業者によっては足場の単価が200円ほど上がる事もあります。

お隣との距離が近くて足場が組めなそうだけど外壁塗装できる?

お隣の建物が近い場合の足場の対処としては以下の3つの方法をとることになるので、外壁塗装を行う事はできます。

  • 単管足場を使う
  • 隣のお宅の敷地を借りる
  • ロープアクセス工法を使う

お隣との距離が50cmほどあれば単管足場(、鉄パイプと金具をかみ合わせ、ボルトを締めて接合する足場)を使う事ができます。

ちなみに、単管足場の価格は足場の中では一番安いです。(1㎡あたり700~1,000円)

50cmなければお隣の敷地をお借りするか、屋上からロープを吊るすロープアクセス工法が使われることになります。

3階建て住宅のニーズの高い地価の高い地域では、敷地いっぱいに建物が建っていることも多く、お隣の建物との距離が近く足場が組めるかという疑問も多くありますが、上記のいずれかの方法を使えば外壁塗装することができます。

なお、敷地が狭い場合の対処の仕方は別ページで詳しくまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

ルーフバルコニー(屋上)の補修の仕方を教えて

3階建て住宅は敷地いっぱいに建物が建っていることが多く庭がとれないということで、屋上にルーフバルコニーを設置しているお宅が多くあります。

一般的な2階建て住宅であれば屋根塗装によるリフォームになりますが、ルーフバルコニーの補修は防水塗料が使用されることになります。

防水塗料とは、雨水の侵入を防ぐことを目的とした塗料になります。

一般的なFRP防水の補修工事6~20万円程度になります。

ただ、ひび割れや雨漏りを起こしている場合には、新たなにクラックの補修や漏水補修で20~60万円の追加費用がかかってきます。

3階建て住宅のリフォーム費用が高くなる原因はルーフバルコニーの補修費用がかかるかどうかによると言っても過言ではないでしょう。

ルーフバルコニーがある住宅は大規模な修繕の前にメンテナンスすることをおすすめします。

3階建ては点検や見積もりにも余分にお金が取られそう

3階建て住宅も2階建て住宅と変わらず、点検や見積りで余分にお金を取られることはありません。

点検に関しては有料を取っている業者もありますが、これは2階だから3階だからという理由ではなく、点検項目そのものに費用が発生します。

見積り書の作成に関しては、塗装面積の算出や屋根に登っての実寸がありますが、3階建て住宅でも無料で行ってくれます。

点検、見積り書作成は2階建て同様に3階建ても扱ってくれます。

一部なアコギな業者は、『こちらは3階建てですので(~うんたらかんたら)』と言って、余分な請求をしてくる可能性もありますが、そのような業者とは付き合わないことが賢明です。

3階建ての外壁塗装の相場はいくらくらい?

3階建て(塗装面積150~200㎡)の外壁塗装の相場は、70万円~140万円程度になります。

もちろん、塗料の種類によっても価格は変わってきますし、付帯部と言われるベランダ、雨樋・破風・雨戸などの塗装も加われば価格は高くなります。

⇒ 外壁リフォームの際の付帯工事の箇所と注意点

3階建て住宅は2階建て住宅よりも高く建っていますので地震などの影響も受けやすく、ひび割れの箇所も多くなっている可能性があります。

また、ALC外壁の場合にはシールの打ちかえ工事があるとさらに金額は加算されます。

ちなみに外壁塗装の相場は地域によっても変わってきます。

なるべく安く外壁塗装の費用を抑えたい方は、インターネットを使った一括見積りサービスなどを使うと自動的に業者が価格を競ってくれるのでおすすめです。

3階建て住宅の外壁塗装でおすすめの塗料を教えて

3階建て住宅におすすめな塗料はフッ素系塗料になります。

3階建て住宅は、2階建てと比較して足場代が高くなる業者があるので、足場代節約の為にもリフォーム回数を少なくすることがポイントです。

フッ素塗料は他の塗料と比較すると少々価格は高くなりますが、その分一度塗装したら15年~20年の耐用年数があります。

3階立て住宅は足場代だけでも20万円程度かかってきますので、建物のトータルコストを考えるとこまめに外壁塗装するのはおすすめしません。

3階建て住宅もほぼ2階建てと変わらず外壁塗装できる

3階建て住宅を外壁塗装する時によくある疑問を6つご紹介しましたが、2階建て住宅との違いは『ルーフバルコニーの有無』『お隣との距離』くらいでしょう。

ルーフバルコニーに雨漏りなどの問題がなければ、2階建て住宅とほぼ変わらずに外壁塗装ができます。

3階建て住宅も点検・見積り作成は無料なので、まずは現在の建物の正確な補修箇所と価格の確認を行うことをおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

おすすめの記事