建物における基礎とは

基礎とは、建物と地面を繋ぐ役割を担っている箇所になります。

材質はコンクリートです。

基礎があるおかげで、少々の地震や台風、地面からの湿気から建物を守ってくれています。

特に日本の風土では、湿気が多いので基礎の構造で逃がすような工夫がされています。

現在日本の住宅で主流なのは、独立基礎と言われるもので建物を支えている柱の下にのみあるタイプになります。

基礎部分は、特に湿気や雨の影響を受けている箇所で外壁と比較すると劣化の進行は早い傾向にあります。

  これから情報収集される方の為に、別ページで外壁塗装の基礎知識をまとめましたのでご覧ください。

⇒ 外壁塗装の基礎知識まとめ

基礎を塗装する際の注意点

外壁塗装をお願いしたらまれに基礎の塗装はどうするかと聞かれることがあります。

その際、基礎を塗装する上で注意しておくべき点が3点ありますので確認しておきましょう。

油性塗料というよりも水性塗料を選ぶ

基礎はコンクリートの上から化粧モルタルを塗布しているケースが多いので、塗料は固い油性塗料よりも水性塗料を選ぶとよいでしょう。

その際は、弱溶剤系つや消し塗料か水性基礎専用塗料などがおすすめです。

ただ、基礎専用塗料では外壁用塗料と違って、色のバリエーションは少なめです。

《代表的な基礎専用塗料》

  • ベースプロテクト(エスケー化研)
  • ベースガード(アステックペイント)
  • キソハバキコート(関西ペイント)

なお、水性塗料と油性塗料の違いや特徴に関しては別ページで詳しくまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

クラックがある場合にはしっかりと補修する

基礎はコンクリートでできていますし、地震や強風の影響も受けている箇所になるので、経年劣化として少々のクラック(ひび割れ)が入っていることもあります。

その際には、外壁同様にクラックをパテで補修してから塗装しないと、雨や結露が浸入し塗膜の早期剥がれに繋がってしまいます。

ただ、地震など影響で化粧モルタルの剥離を起こしていることがあれば、別途修繕費(㎡当たり8,000円~10,000円程度)がかかってきます。

手で叩いてみて内部が空洞の様な音がしたら化粧モルタルの剥離の可能性があるので、構造上の観点からもハウスメーカーへ連絡して対応してもらってから基礎の塗装になります。

ちなみに少々のクラックであれば構造的な問題はありません。

床下に湿気が高い地域では基礎の塗装はしない

敷地が周りの土地に比べて低かったり、水田や湿地を造成した土地だったりする場合、建物の床下は湿気が高い状態であることが多いです。

このような建物の基礎では特に湿気を受けているわけですので、塗装によって外部からの雨、風、紫外線などの要因には対応できますが、内部からの湿気の影響で塗膜の早期剥がれには対応できずに、早期に剥がれてきてしまいます。

基礎専用塗料でも、このように湿気の多い地域での塗装に関しては塗装しないで下さいとの記載もあります。

絶えず結露するなど、湿潤環境にある基礎部分には塗装しないでください。
ベースプロテクト詳細ページ | エスケー化研

外壁と同じ塗料ではあまり意味がない?

業者の中にはサービスで基礎の塗装をしてくれるところもあります。

この場合、大抵は外壁と同じ塗料での塗装になります。

また、下塗りなども行わないことも多いです。

このような塗装では、早々に塗膜が剥がれることになるので特に手をかけないほうがよいでしょう。

ただ、一時は綺麗な状態になりますので、塗膜が剥がれてきたらタワシなどで洗えば綺麗に保てます。

基礎に使う塗料は出来れば専用のものを使いましょう

基礎への塗装は、その地域の環境と専用塗料であるかというのがキモになります。

業者も地域の特性などが分からずに薦めてくるケースもありますので注意が必要です。

基礎の塗装は保護の観点よりも見栄えの部分が大きい箇所になりますので、見栄えを気にする方は専用塗料での塗装をおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ