外壁塗装で騒音が想定される3つの工程

外壁塗装では一般的な建物のリフォーム(外壁の張り替え・増築・屋根防水工事など)とまではいきませんが、騒音に繋がる工程もあります。

騒音対策というものはありませんが、それでも近隣とのトラブルを回避する為に行っておいたほうがいい点があります。

誤解のないように申し上げると、外壁塗装にとって最小限の騒音は避けられません。

外壁塗装の騒音がどの程度のものなのか、騒音に対する近隣からの反応、騒音でのトラブル回避の為に行うべきことをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

騒音が懸念される工程

外壁塗装の流れイメージ図
外壁塗装で騒音が懸念される工程は3つになります。

それぞれ騒音レベルと一緒にご説明します。

騒音レベルとは、音の大小などを騒音計で計測した値になります。

今回の騒音レベルは日本騒音調査の騒音レベル表を参考にしています。

目安①(うるささ) 目安②(身体/生活への影響) 騒音値(db) 騒音発生源と距離(大きさの目安)
きわめてうるさい 聴覚機能に異常をきたす 120db ・ジェット(飛行機)エンジンの近く
110db ・自動車のクラクション(2m)
100db ・電車が通るときのガード下
・液圧プレス(1m)
うるさくて我慢できない 90db ・犬の鳴き声(5m)
・騒々しい工場の中
・カラオケ(店内中央)
・ブルドーザー(5m)
80db ・地下鉄の車内
・電車の車内・ピアノ(1m)
・布団たたき(1.5m)
・麻雀牌をかき混ぜる音(1m)
うるさい かなりうるさい、かなり大きな声を出さないと会話ができない 70db ・騒々しい事務所の中
・騒々しい街頭・セミの鳴き声(2m)
・やかんの沸騰音(1m)
非常に大きく聞こえうるさい、声を大きくすれば会話ができる 60db ・静かな乗用車
・普通の会話  ・洗濯機(1m)
・掃除機(1m) ・テレビ(1m)
・トイレ(洗浄音) ・アイドリング(2m)
普通 大きく聞こえる、通常の会話は可能 50db ・静かな事務所
・家庭用クーラー(室外機)
・換気扇(1m)
聞こえる会話には支障なし 40db ・市内の深夜
・図書館
・静かな住宅地の昼
静か 非常に小さく聞こえる 30db ・郊外の深夜
・ささやき声
ほとんど聞こえない 20db ・ささやき
・木の葉のふれあう音

高圧洗浄


外壁塗装では、塗装前に長年外壁にこびりついた汚れ(カビ・藻・排気ガス)を高圧洗浄機によって洗浄します。

この時に使用される高圧洗浄機はホームセンターなどで売られている電気式のもの(最大噴射は7~9L/min)ではなく、より圧力の強いエンジン式(最大噴射は13L/min以上)のものになり、車がアイドリングしているような騒音が発生します。

騒音レベルとしては65~70デシベル程度になります。

高圧洗浄の工程は1日間かけて丁寧に行われます。

高圧洗浄の工程で十分に汚れが除去できなければ、その後の塗料が外壁材と上手く密着してくれず早期の剥がれや浮き、気泡の原因となってしまうことから、外壁塗装の仕上がりを左右するとても大切な工程になります。

なお、高圧洗浄の工程に関しては別ページで詳しくまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

足場組み・撤去


外壁塗装では、職人の安全性の確保、作業性向上の観点から足場を組んで作業が行われます。
(足場が組めない狭い場所ではロープアクセス工法が用いられることもあります)

現在の足場の主流はくさび緊結式足場(通称ビケ足場)になりますが、ハンマーで叩いて各足場を繋いでいくためカンカンと言った騒音(衝撃音)が発生します。

足場組みの際の衝撃音は一時的ではありますが60デシベル程度の騒音となります。

足場組みの作業は3~4人態勢でだいたい4~5時間程度必要になります。

また職人同士が声を掛け合って足場を組んでいくので、『えいっ』や『はいよっ』と言った比較的大きな声が朝から聞こえるようになります。

職人達の話し声

外壁塗装の作業は朝の9時前から始まる所が多いこともあり、職人たちの話し声も騒音として見なされてしまうこともあります。

話し声ですので騒音レベルとしてはそれほど大きくありませんが、、日曜日も作業をするような業者もいますので、目立ちます。

ただ、若い職人が多いような業者だと職人のマナーも悪いことが多く、塗装中にも話しながら行っていることもあります。

都心部では建物と建物の感覚が狭いので外壁を塗装しながら話していても、話し声が聞こえてきます。

そもそも騒音とは、『耳にうるさく感ずる音』を総合した音になりますので、音の大小は問題ではありません。

職人の無駄な話し声に関しては、極力控えてもらうように作業前の打ち合わせで担当者に相談しておくとよいでしょう。

外壁塗装がうるさいとの近隣からの声

近隣からのクレームを回避する為に挨拶回りを徹底する

近隣への挨拶は8軒イメージ図
外壁塗装では騒音による近隣からのクレームは塗料の臭いと共に毎年トップに上がる項目になります。

また、営業車の停車や見慣れない人たちが近所をうろつくことになるので、近隣宅に不安な思いをさせることにも繋がります。

そのような事を踏まえて、外壁塗装前には近隣への挨拶回りが欠かせません。

外壁塗装の近隣クレームは、ほぼ挨拶回りを怠ったために発生したと言ってもいいくらいです。

挨拶回りでは、自宅を中心に周囲のお宅に徹底して行うようにしましょう。

丁寧に挨拶回りを行うのであれば、騒音が予想される『高圧洗浄』と『足場組み』の工期を近隣に知らせてあげると、近隣も心構えができますし、対策を講じることもできます。

挨拶周りでは、周囲のお宅全てに行うのがポイントで、もちろん不在の時もありますから外壁塗装の約1週間前あたりから挨拶回りを始めるとよいですね。

一回行って不在だからと言って、その後挨拶に行かなければ挨拶に行っていないのと同じで、最悪の場合『私の家にだけ来なかった』などと批判の対象にもなりかねませんので注意が必要です。

挨拶回りに関しては別ページで、例文などと一緒に別ページに掲載していますので、そちらのページをご覧ください。

騒音による近隣からのクレームは回避することはできる

騒音が懸念される工程
  • 高圧洗浄
  • 足場組み・撤去
  • 職人達の話し声

外壁塗装では『高圧洗浄』『足場組み』『職人の話し声』が騒音に値するとご紹介しました。

外壁塗装にとって騒音は回避することはできませんが、騒音による近隣からのクレームは回避することができます。

手間はかかりますが、その後の住民との関係のことを考えて丁寧に挨拶回りをすることをおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

おすすめの記事