外壁塗装を行う面積(平米数)の算出の仕方【価格例あり】

外壁塗装を行う際に、必ず話題になるのが外壁の平米数になります。

平米数(㎡)とは、公正取引協議会で決められている物件の面積表記になります。

ちなみに1平米は0.3坪(0.6畳)です。

平米数の算出方法は、物件の『縦×横』と非常にシンプルです。

ただ外壁を塗装する箇所の平米数の求め方はもう少し複雑になります。

外壁の平米数の算出方法を価格例と共にご紹介します。

平米数の算出方法

外壁塗装の平米数の算出方法は主に以下の2種類が採用されています。

  • 延べ床面積からの算出
  • 図面からの算出

それぞれに特徴がありますので、それぞれの平米数の計算例をご紹介します。

延べ床面積からの算出

延べ床面積の求め方
簡易的に外壁の平米数を求めるときには、延べ床面積から算出することができます。

延べ床面積とは、各階ごとの床面積の合計になります。

例えば、1階が50㎡、2階が40㎡だとすれば延べ床面積は90㎡となります。

この延べ床面積に係数(けいすう)をかけると概算の外壁の平米数が求められます。

外壁塗装で使われる係数は1.2~1.7の範囲になります。

なので延べ床面積から外壁の平米数を算出する計算式は

外壁の平米数=延べ床面積×1.2

で求めることができます。

ここから窓や玄関、各設備などの塗装しない部分の面積を引いた値が外壁塗装に使われる平米数になります。

しかし、延べ床面積から外壁の平米数を算出する方法は正確ではありません。

なぜなら、必ずしも床の面積(形)に沿って外壁は作られていないからです。

例えば、1階部分から2階が吹き抜けで作られている建物などが分かりやすいですね。

なので延べ床面積からの外壁平米数はあくまでも目安にしてください。

図面からの算出

立面図からの外壁の平米数を算出
外壁の平米数を正確に割り出す方法としては、住宅の面図を使用します。

使用する図面は以下の4点です。

  • 家の平面図
  • 立面図
  • 矩計図(かなばかりず)
  • 屋根伏図

※立面図とは、建物の寸歩を東西南北から見た設計図で一般的には建物の100分の1サイズで作られています。

※矩計図とは、建物を切断して基礎から軒先までの納まりや寸法等を細かく記入した断面図。

上記4つの図面をパソコンにインストールした設計支援ツールCAD(キャドと読みます)を使って外壁面積を正確に実測して割り出します。

最初は概算で延べ床面積によって塗装面積を割り出してもらってざっくりした見積もりを提示してもらって、その後、図面を持ち帰ってもらって正確な見積書の提案と言う流れになります。

平米数別の外壁塗装の価格例

外壁塗装の価格の決まり方は塗装代だけではありません。

大きく分類すると以下の5つによって価格が決まります。

  • 塗装代
  • 足場代
  • 洗浄代
  • 養生代
  • 諸経費

⇒ 塗料別の見積り例はこちら

このうち、塗装代、足場代、洗浄代、養生代が平米数によって決まります。

実際に平米数の違う建物に塗装すると仮定して価格例をご紹介します。

なお、塗料は現在最も一般的に使用されているシリコンの価格相場(2,300~3,000円)で算出します。

ちなみに、外壁塗装の価格は塗装面積によりますので3階建て住宅でも同様の計算となります。

足場代や諸経費などは業者によって変わってきますので、あくまでも目安としてお使いください。

99㎡(30坪)のケース

下塗り代:800円×99㎡=79,200
中塗り・上塗り代:2,300円×99㎡=227,700
足場代:1,200円×99㎡=118,800
洗浄代:300円×99㎡=29,700
養生代:300円×99㎡=29,700
付帯部分の塗装:100,000
諸経費:50,000

99㎡の外壁を持つ建物の塗装代金は、635,100円となりました

132㎡(40坪)のケース

下塗り代:800円×132㎡=105,600
中塗り・上塗り代:2,300円×132㎡=303,600
足場代:1,200円×132㎡=158,400
洗浄代:300円×132㎡=39,600
養生代:300円×132㎡=39,600
付帯部分の塗装:100,000
諸経費:50,000

132㎡の外壁を持つ建物の塗装代金は、796,800円となりました

なお、40坪の家は日本に多いということもありますので、40坪の家の外壁塗装費用の相場に関しては塗料別に別ページで詳しくまとめました。

165㎡(50坪)のケース

下塗り代:800円×165㎡=132,000
中塗り・上塗り代:2,300円×165㎡=379,500
足場代:1,200円×165㎡=198,000
洗浄代:300円×165㎡=49,500
養生代:300円×165㎡=49,500
付帯部分の塗装:100,000円
諸経費:50,000円

132㎡の外壁を持つ建物の塗装代金は、958,500円となりました

業者ごとに違う平米数で見積もりを提案されたら

外壁塗装では平米数が価格決定においてとても重要だという説明を致しましたが、業者ごとに違った平米数で見積もりが提案されたとしたらどうするべきでしょうか。

外壁塗装では、価格やサービスの比較の為に数社の業者から見積もり書を取り寄せることは必須ですが、提案された見積り書の外壁平米数が違うという事もよく起きます。

これは窓の面積がいびつだったり(正方形でない窓)、小数点以下の取り扱い方だったり、或いは業者の作為であったり、怠惰であったりと色々な理由があるわけです。

その際に大切になるのは、自分の図面を見て大体の平米数を掴んでおけば提案された見積書が適正なものか判断することです

正確でなくても平米数は『縦×横』算出できますので、だいたいの平米数を頭に入れておきましょう。

または、業者に外壁の平米数算出方法を聞いても良いかと思います。

そのようなところで誠実な業者か不誠実な業者か判断することもできますね。

平米数は見積りが適正なものかを測る大切な指標

外壁の平米数の代表的な算出方法は以下の2つでした。

  • 延べ床面積からの算出
  • 図面からの算出

図面からの平米数の算出は自分では中々難しいかと思いますので、延べ床面積からのだいたいの算出方法(延べ床面積×係数)を頭に入れておくとよいでしょう

外壁塗装では、見積金額には目が行きますが、それを算出した計算にまでは目がいきづらいものです。

トラブルが多い業界だからこそ、業者の比較、その業者の見積もり書の正確な見方が必要になりますので、ご自宅の平米数の算出方法も頭に入れておくことをおすすめします。

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ

おすすめの記事