助成を受け付けていない自治体もありますが、建物の状態によっては火災保険を使ってお得に外壁塗装できる場合があります。(最大半額のケースあり)

詳しくは下記ページをご覧ください。

京都府内を対象とする助成金

市区町村の頭文字を選択すると、該当箇所へ移動します。
 |  |  |  |  |  |  | 

市区町村 申請期間 助成金
綾部市 未定
宇治市 未定
乙訓郡大山崎町 未定

市区町村 申請期間 助成金
亀岡市 未定
木津川市 未定
京田辺市 未定
京丹後市 未定
京都市 平成31年4月8日~令和2年3月27日

【屋根面の遮熱工事(遮熱塗装等,遮熱鋼板)】
施工面積50㎡以上:30,000円/式
施工面積25㎡以上50㎡未満:15,000円/式

【外壁面の遮熱工事(遮熱塗装)】
施工面積50㎡以上:30,000円 /式
施工面積25㎡以上50㎡未満:15,000円/式

【庇の設置】
8,000円/箇所

【窓の遮熱フィルムの施工又は窓の遮熱塗装】
大(1.4㎡以上):2,000円/枚
中(0.8㎡以上1.4㎡未満):1,000円/枚
小(0.1㎡以上0.8㎡未満):500円/枚
助成金の条件を見る

久世郡久御山町 未定

市区町村 申請期間 助成金
城陽市 未定
相楽郡笠置町 未定
相楽郡精華町 未定
相楽郡南山城村 平成31年4月1日~令和2年3月16日

補助対象工事費に2分の1(限度額100万円)

  • 子どもの属する多子世帯(3人以上の子どもが属する世帯)若しくは三世代同居又は三世代近居の世帯の構成員であって、村内に建築された住宅の所有者又はこれに準ずる者
  • 村税等の滞納のない世帯に属している者。ただし、三世代同居又は三世代近居の場合は、当該三世代に係る世帯に村税等の滞納がないこと
  • 住宅リフォーム工事の契約をした世帯に係る子どもの親権者の年収(税金や社会保険料を含めた1年間の収入の総額)の合算額が750万円未満の者
  • 子どもの属する多子世帯若しくは三世代同居又は三世代近居の世帯全員が、同一の住宅について、この要綱に基づく
  • 補助金の申請を行っていないこと
  • 親及び子世帯全員が、暴力団等に該当しないこと

助成金の条件を見る

相楽郡和束町 未定

市区町村 申請期間 助成金
綴喜郡井手町 未定
綴喜郡宇治田原町 未定

市区町村 申請期間 助成金
長岡京市 未定
南丹市 未定

市区町村 申請期間 助成金
福知山市 未定
船井郡京丹波町 成29年4月~令和2年3月まで

助成対象工事費の10%(限度額10万円)

  • 町内に建築された住居の所有者またはこれに準ずる方
  • 京丹波町に本社または本店を有する事業者で、下記の補助制度対象工事を正業としている事業者に工事を依頼する方
  • 町税等の滞納のない世帯に属している方
  • 工事着工以前に補助金の交付決定通知を受けている方

助成金の条件を見る

市区町村 申請期間 助成金
舞鶴市 未定
宮津市 未定
向日市 未定

市区町村 申請期間 助成金
八幡市 未定
与謝郡伊根町 未定
与謝郡与謝野町 未定

外壁塗装で助成金をもらう為の注意点

外壁塗装でも助成金はもらえますが、注意点がいくつかあります。

  1. 受付期間内で、かつ工事着工前の申請をすること
  2. 遮熱・断熱塗装であること
  3. 税金を滞納なくきちんと支払っていること
  4. 必要書類を揃えること
  5. 自治体で定められた業者で行うこと
  6. 助成を受ける回数が制限内であること

上記6点に注意しつつ、助成金の申請をするようにしましょう。

なお、助成金をもらう為の条件に関しては別ページでまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

⇒ 外壁塗装で助成金(補助金)をもらう為の6つの条件

おすすめ外壁塗装一括紹介サービス
当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。

ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

⇒ ヌリカエ公式ホームページ
ヌリカエ